形成外科  40(11)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial / 丸山優 / p1063~1063
  • 経験 外傷性眼瞼眼窩気腫7症例の検討 / 河村進 ほか / p1065~1069
  • 手技 外側鼻枝系皮弁による外鼻側壁の修復 / 岡田恵美 ほか / p1071~1076
  • 手技 "タップ"を用いた頬骨骨折に対する簡易整復法 / 清水調 ほか / p1077~1083
  • 手技 フィブリン糊(Tisseel R)とソフラチュールRを用いた尿道下裂術後の創部固定法 / 大隅昇 ほか / p1085~1091
  • 症例 壊疽性膿皮症の2例--第2報 糖尿病を伴った場合の治療について / 岡村俊哉 ほか / p1093~1099
  • 症例 脂肪腫症が原因と思われた脳回転状皮膚の1例 / 三浦隆男 ほか / p1101~1105
  • 症例 V型切痕を加えたLeClerc変法による習慣性顎関節脱臼の治療例 / 秋岡二郎 ほか / p1107~1112
  • 症例 先天性上口唇正中瘻孔の1例 / 田崎公 ほか / p1113~1118
  • 症例 結節性硬化症の1例--顔面血管線維腫の治療経験 / 藤盛成裕 ほか / p1119~1125
  • 症例 手指骨骨髄炎に対する閉鎖性持続洗浄療法の1例 / 藤原雅雄 ほか / p1127~1131
  • 下顎前突症とハプスブルグ顎(1) / 難波//雄哉 / 1133~1140<4335914>
  • 外国文献抄訳 / / p1141~1152
  • 次号予定目次 / / p1125~1125
  • バックナンバー / / p1154~
  • 投稿規定 / / p1158~1158

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery

Keisei geka
巻冊次 40(11)
出版元 克誠堂
刊行年月 1997-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想