形成外科  36(10)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial / 西條正城 / p1075~1075
  • 特集 形成外科におけるQOL / / p1077~1085,1087~1093,1095~1103,1105~1112,1113~1118,1119~1124,1125~1134,1135~1143,1145~1149,1151~1159,1161~1165
  • 頭頚部領域におけるQOLを考慮した再建法の検討--とくに中咽頭および下顎について / 中塚//貴志 / p1077~1085<3856949>
  • 頭頚部再建後のQOLの向上を目指して / 田原//真也 / p1087~1093<3856950>
  • 軟口蓋・中咽頭の機能的再建とQOL / 吉田//豊一 / p1095~1103<3856951>
  • 高齢者再建におけるQOL--摂食機能再建の見地から / 井砂//司 / p1105~1112<3856952>
  • 高齢者再建における手術適応 / 大塚//寿 / p1113~1118<3856953>
  • 乳癌切除後再建とQOL--アンケ-ト調査による患者の意見の検討 / 坂東//正士
  • 大堀//重法 / p1119~1124<3856954>
  • 乳癌切除後再建とQOL / 酒井//成身 / p1125~1134<3856955>
  • 四肢の温存と切断の適応について / 関口//順輔
  • 山田//朗
  • 野村//智史 / p1135~1143<3856956>
  • 美容外科とQOL / 山本//有平
  • 新富//芳尚
  • 野平//久仁彦 / p1145~1149<3856957>
  • 手術環境のQOL--外来手術患者に対する音楽療法 / 西条//正城 / p1151~1159<3856958>
  • 手術環境におけるQOLの問題点--等価騒音レベルでの評価 / 内沼//栄樹 / p1161~1165<3856959>
  • 経験 頭蓋顔面外科の再手術における問題点 / 秋月種高 ほか / p1167~1173
  • 経験 Angular branchを温存した分割肩甲骨皮弁による上顎再建 / 西川邦男 ほか / p1175~1186
  • 外国文献抄訳 / / p1187~1192

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery
巻冊次 36(10)
出版元 克誠堂
刊行年月 1993-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想