形成外科  33(3)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial / 平山峻 / p207~207
  • 形成外科の雑誌におけるキ-ワ-ド / 山野辺//裕二
  • 難波//雄哉 / p209~214<3658964>
  • 軟骨移植におけるフィブリン接着剤の応用--基礎的ならびに臨床的研究 / 石田知良 / p215~230
  • 静脈皮弁の実験的研究--術後早期循環動態の生体顕微鏡的観察(第1報) / 稲田有史 ほか / p231~237
  • 症例 上顎前方移動術後に反復して大量鼻出血を繰り返した症例について / 難波雄哉 ほか / p239~245
  • 症例 先天性臍病変の3例--臍ポリープ1例,尿膜管臍瘻2例 / 新城憲 ほか / p247~252
  • 症例 血管柄付腓骨移植による下顎骨再建の2例 / 渡辺博義 ほか / p253~258
  • 症例 広範な脳静脈還流異常を呈した完全型Sturge-Weber症候群の1例 / 三浦隆男 ほか / p259~266
  • 統計 血管腫の統計的観察--三大血管腫を中心として / 渡部隆博 ほか / p267~272
  • 経験 筋皮弁による放射線潰瘍再建の術後成績と問題点 / 高橋博之 ほか / p273~278
  • 経験 Embolizationを用いたcirsoid angiomaの治療経験 / 伊藤芳憲 ほか / p279~286
  • 手技 多発性対称性脂肪腫症の1例--切除法と吸引法の比較 / 田中一郎 ほか / p287~292
  • 手技 耳介軟骨を用いた口蓋裂術後瘻孔閉鎖術 / 伊藤芳憲 ほか / p293~298
  • 外国文献抄訳 / / p299~304

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery

Keisei geka
巻冊次 33(3)
出版元 克誠堂
刊行年月 1990-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想