形成外科  22(4)(107)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 唇・顎・口蓋裂に由来する"dish face"deformityの特徴とその再建術 / 難波//雄哉 / p289~299<2090951>
  • 上眼瞼の瘢痕化と二重瞼の位置 / 橘//左和子
  • 富士森//良輔 / p300~304<2090948>
  • 抗生物質の皮膚への移行についての研究 / 吉田//哲憲 / p305~313<2090967>
  • 片側唇裂一次修正後の外鼻変形におけるCT像所見について / 一色//信彦
  • 沢田//正樹 / p314~322<2090966>
  • 遊離移植皮膚の成長--12年間の経過観察より / 礒//良輔 / p323~334<2090949>
  • 口唇裂・口蓋裂修復術の麻酔--ハロセンとエピネフリン誘発不整脈 / 新宮//興
  • 大島//英治 / p335~340<2090950>
  • 抄録 第9回日本形成外科学会北陸地方会 / / p341~344
  • 抄録 日本形成外科学会東京地方会第75回例会 / / p345~350
  • 抄録 日本形成外科学会東京地方会第76回例会 / / p351~357
  • 唇裂2次修正(片側性) / 鬼塚//卓弥 / p361~363<2090953>
  • 両側唇裂の二次修正手術 / 大浦//武彦 / p364~373<2090954>
  • 唇裂鼻2次修正手術 / 一色//信彦 / p374~376<2090955>
  • 唇裂外鼻2次修正術の実際 / 富士森//良輔 / p377~383<2090956>
  • 唇裂鼻に対する鼻の枠組みよりのアプロ-チ / 平本//道昭 / p384~389<2090957>
  • 唇裂外鼻変形2次修正の実際 / 田嶋//定夫 / p390~<2090958>
  • 唇裂手術のヴァリエ-ション--各術式の特徴 / 大原//義雄 / p391~397<2090959>
  • 唇裂手術の披裂形態と手術手技 / 前田//華郎 / p398~402<2090960>
  • Maxillary cleft(上顎裂)に対するperiosteoplasty(骨膜形成術)について / 秦//維郎 / p403~406<2090961>
  • 両側唇裂の治療 / 奈良//卓 / p407~410<2090962>
  • 口唇裂の基本手術 / 丹下//一郎 / p411~416<2090963>
  • 唇裂外鼻手術のヴァリエ-ション--2次修正 / 西村//善彦 / p417~421<2090964>
  • 顎裂あるいは口蓋裂を伴う口唇裂の初回手術後における口唇および鼻(外鼻および鼻腔)の変形に対する修復再建手術 / 荻野//洋一 / p422~433<2090965>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery

Keisei geka
巻冊次 22(4)(107)
出版元 克誠堂
刊行年月 1979-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想