慶應医学  23(5/6)

雑誌記事索引採録あり(大学紀要);国立国会図書館雑誌記事索引 31 (4) 1954.04~60 (6) 1983.11 ; 81 (4) 2004.12~85 (2) 2009.04;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft, Organ of the Keio Medical Society, Organ de la Societe medicale de Keio (13巻1号-23巻4号) → Journal of the Keio Medical Society (26巻12号-85巻2号);出版者変遷: 慶應醫學社 (1巻1号-8巻4号);刊行頻度, 大きさの変更あり;1巻1号-85巻2号 (平成21年4月);以後休刊;85巻の総目次: 85巻2号

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 高溫及ビ欝熱環境ニ於ケル鑛質代謝ニ關スル實驗的硏究 其一 高溫及ビ欝熱環境ニ於ケル鑛質平衡ニ就テ / 堀內一彌 / p461~483
  • 溫血動物ノ脊髓反射ニ關與スル求心性神經纎維ノ硏究 第一報 筋ニ發足スル求心性纎維ノ分離剔出 / 網藏平三郞 / p485~488
  • 「ペプトン・ショック」時ニ於ケル赤血球沈降速度トV.Cニ就テ / 佐藤喜一 / p489~499
  • 「ズルフォンアミド」化合物ノ肝臓透過性ニ及ボス影響 / 佐藤喜一 / p501~517
  • 死後經過時間ト數種臓器ニ於ケルNa,K,Ca及ビCl含有量ノ消長ニ就テ / 齋藤實 / p519~525
  • 低壓ノ生體ニ及ボス影響ノ實驗的硏究 第一編 血液像特ニ赤血球直徑ニ及ボス影響ニ就テ / 內野一男 / p527~541
  • 血球數計算ニ就テ / 武藤藤太郞 / p543~585
  • 脳出血素質ノ遺傳問題(第二報) / 宮村芳之 / p587~595
  • Nippostrongylus Murisニ於ケル後感染抵抗性試驗 / 松森正義 / p597~622
  • 豚蛔蟲々體物質ノ白鼠豚蛔蟲感染ニ及ボス影響 / 石氏三郞 / p623~632

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 慶應医学
著作者等 慶応医学会
慶應医学会
慶應醫學社
書名ヨミ ケイオウ イガク
書名別名 Organ de la Societe medicale de Keio

Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft

Organ of the Keio Medical Society

Journal of the Keio Medical Society

Keio igaku
巻冊次 23(5/6)
出版元 慶応医学会
刊行年月 1943-06
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 03685179
NCID AN00069296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想