看護学雑誌  61(2)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 7 (1) 1950.01~12 (7) 1952.12 ; 49 (1) 1985.01~74 (12) 2010.12;本タイトル等は最新号による;大きさの変更あり;[ ]-74巻12号 (2010年12月);以後休刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 褥創は予防し,治すことができる--ブレ-デンスケ-ルによる科学的アプロ-チ / 真田//弘美 / 113~140<4120237>
  • 第1章 褥創発生の予測とケア方法の大要 / 真田弘美 / p115~120
  • 第2章 圧迫除去・減少のための体位変換と体圧分散寝具 / / p120~130
  • 第3章 栄養の整えとスキンケア-新しい食品・用具の利用 / / p130~136
  • 第4章 褥創ケア基準の作成と評価 / / p137~140
  • なぜ「抑制」をするのか 問われる看護者の原点 / 田中とも江 / p141~148
  • 患児にとって日常生活を妨げない持続点滴固定法の検討--シ-ネを用いないBWG固定法 / 宮田//邦香
  • 山幡//みさ
  • 西野//美保 / 184~186<4120240>
  • カラーグラフ 切手のなかの看護婦たち 14 診療介助をする看護婦(1) / 松本邦宏 / p97~97
  • カラーグラフ なるほど人体 Human Body World 14 男と女はなぜ違うか / 坂井建雄 / p98~101
  • このひと'97 アーポン・ティスヤーコーンさん HIV感染者増加を防ぐには,お互いの協力が必要です. / アーポン・ティスヤーコーン / p105~105
  • グラフ 作る,売る 藍染なら世界に発表できる 福祉作業所「藍工房」の活動 / / p106~
  • ケアって何だろう・2 ケアする動物としての人間 / 広井//良典 / 150~154<4120238>
  • 道拓かれて--戦後看護史にみる人・技術・制度・2 戦後看護改革の原動力 / 川島//みどり / 156~159<4120239>
  • 臨床で研究に親しむ 2 研究の題材と方向づけについて / 金井Pak雅子 / p160~163
  • わかる! 使える! Bed Side Medicine 8 薬物血中濃度モニタリングについて / 内山敦子
  • 青木利枝
  • 平賀邦子 / p164~166
  • Current Nursing ピックアップ 35 Shulerのナースプラクティショナー実践モデル / 笹鹿美帆子 / p168~171
  • Bonjour! パリの看護婦さん 2 人工透析看護婦のフランソワーズ・ロングラードさん / 奥田七峰子 / p172~175
  • 買いたい新書 『医療・看護の変革とインフォームド・コンセント』 患者の目から見たインフォームド・コンセントとは!? / 佐伯みか / p176~177
  • 病棟の遊びをデザインする 6 子どもたちの遊びを支える看護学校の実習生 / 多田千尋
  • 高齢者,障害者の遊びデザイン研究部会 / p178~179
  • 私がデイケアに魅かれる理由 2 『老人XファイルII』究極の晩年を迎えるために私たちができること / 三枝倫子 / p180~183
  • プッツン看護婦物語 78 ひえ~,そこまでするぅ~の第78話 / / p190~191
  • BOOK REVIEW 「アダム看護論」Evelyn Adam著/阿保順子訳 / 鈴木正子 / p149~149
  • 「患者になってみえる看護 難病が教えてくれたこと」長濱晴子著 / 稲田美和 / p187~187
  • 言いたいフォーラム / 佐藤忍 / p188~189
  • INFORMATION / / p167~167
  • 次号予告・投稿規定・編集後記 / 川中 / p192~192

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 看護学雑誌
著作者等 医学書院
日本醫學雜誌株式會社
書名ヨミ カンゴガク ザッシ
書名別名 JJN

Japanese journal of nursing
巻冊次 61(2)
出版元 医学書院
刊行年月 1997-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869830
NCID AN00046472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想