看護学雑誌  64(4)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 7 (1) 1950.01~12 (7) 1952.12 ; 49 (1) 1985.01~74 (12) 2010.12;本タイトル等は最新号による;大きさの変更あり;[ ]-74巻12号 (2010年12月);以後休刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 病・障害と生きる患者からのメッセージ / / p293~333<5313103>
  • 生きている証しを求めて / 杉本 孝子 / 294~298<5313108>
  • 「人」未満の「生」,「人」としての「死」 / 三上 泰 / 299~301<5313111>
  • 出会い,支えられ,第三の人生を生きる / 高阪 久子 / 302~306<5313117>
  • 私と多発性硬化症 / 中田 郷子 / 307~310<5313121>
  • 障害者として生きる(第二の声で) / 勝俣 直躬 / 311~314<5313124>
  • スタート地点に立って / 福元 篤子 / 315~319<5313139>
  • 私を好きになるまで / 増山 ゆかり / 320~323<5313145>
  • 看護婦さんへの注文と期待 / 古跡 博美 / 324~327<5313149>
  • 看護職として重度身体障害者を支援し続けることの意味--頸髄損傷者とその家族,および他の支援者とのかかわりを振り返る / 森田 愛子 / 328~333<5313160>
  • フロントライン2000 移植看護 臓器提供と日本人の死生観 / 梅本 充子 / 336~341<5313175>
  • 巻頭グラフ 私は、ナース 行ってきます! / 工藤真紀子 / p285~285
  • 巻頭グラフ この時この一葉 「赤ん坊大会」を支えた助産婦たち / 山根信子 / p286~
  • 巻頭グラフ かお 藤井あけみさん遊びを通じて病気の子どもの発達と癒しを助ける / 藤井あけみ / p288~288
  • 巻頭グラフ こんにちは患者会です 熱傷フェニックスの会熱傷患者に語らいの場を提供する / 手島 / p289~289
  • 集中連載 セラピューティック・タッチ実践ガイド(1)連載にあたって/はじめに/第1章:セラピューティック・タッチとは/第2章:指導原理 / Janet Macrae
  • 黒木 亜子 / 342~353<5313216>
  • 図解知っておきたい病態生理(4)B型肝炎とウイルスマーカー / 西崎 統 / 354~360<5313234>
  • ゼロからはじめる看護研究(4)日本語の勉強も大切です / ナーシング リサーチ ネットワーク / 380~384<5313253>
  • 日常看護のブラッシュアップ 患者中心の看護をめざして(1)検査の前って食事をしちゃいけないの? / 根本 せつ子
  • 佐藤 真理子
  • 石井 美代子 / 362~367<5313276>
  • 続・家族の肖像(4)父と息子 / 柳原 清子 / 368~373<5313292>
  • ターミナルケアからの歩み 一看護婦の「物語」(4)キュブラー・ロスのワークショップにて / 竹内 輝江 / 374~379<5313312>
  • 全身がん患者・丸刈り~たの病棟生活 (13) 私の担当〇〇さん / / p361~361
  • ミドルナースの大学院生活ウォッチング 入学式 / 迫田綾子 / p385~385
  • 言いたいフォーラム / / p386~387
  • はみ出し言いたいフォーラムへの反響 / / p334~335
  • INFORMATION / / p292~292,306~306,314~314,384~384
  • 次号予告・投稿のご案内・編集後記 / / p388~388

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 看護学雑誌
著作者等 医学書院
日本醫學雜誌株式會社
書名ヨミ カンゴガク ザッシ
書名別名 JJN

Japanese journal of nursing

Kangogaku zasshi
巻冊次 64(4)
出版元 医学書院
刊行年月 2000-04
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869830
NCID AN00046472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想