看護学雑誌  59(9)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 7 (1) 1950.01~12 (7) 1952.12 ; 49 (1) 1985.01~74 (12) 2010.12;本タイトル等は最新号による;大きさの変更あり;[ ]-74巻12号 (2010年12月);以後休刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 いま,癒し手としての看護について / / ~849
  • いま,なぜ"癒し"なのか / 上野//圭一 / p826~829<3633154>
  • 癒し手(ヒ-ラ-)としての看護職 / 平北//雪子 / p830~833<3633155>
  • 看護における"癒し"の技術--アメリカの実践 / 俣野//とわ子 / p834~837<3633156>
  • ロジャ-ス理論にみる,癒しのプロセスとしての看護 / 坂口//千鶴 / p838~841<3633157>
  • 患者の目でみた医療と癒しの関係 / 松木//玲子 / p842~847<3633158>
  • 文献紹介 「治癒」の背後にあるものを求めて / 杉山克己 / p848~849
  • 看護業務実態調査報告 / 日本医療労働組合連合会 / p865~872
  • カラーグラフ このひと'95 松本憙貢美さん ケア・ホテルの開設が夢-1343坪の土地取得までこぎつけました / 松本憙貢美 / p857~857
  • これだけは知っておきたい最新医療機器-6-パルスオキシメ-タ--光で読み取るすぐれ者 / 渡辺//敏 / p858~860<3632214>
  • グラフ 痴呆老人ケアに新天地開く 函館あいの里の理念と実践 / 木村松夫 / p817~
  • 当世フェミニン事情~ゆれる女性たち 1 (新連載)やり手デザイナー社長の挫折 / 高畠克子 / p850~853
  • 援助場面からまなぶ家族看護学 3 家族のきずなを深める援助 / 渡辺裕子
  • 鈴木和子 / p874~877
  • 法の目でみるあなたの職場 3 医療行為と医療従事者の責任(その2) 医療事故と民事責任 / 加藤健次 / p878~882
  • Current Nursing ピックアップ 18 看護ケアの経済評価 入院患者の看護料金 / 金井PAK雅子 / p884~887
  • あるべき自己を求めて 看護は自己創造の道 9 この職業を通じての新たな自己発見 / 柳田正臣 / p888~891
  • ヒトゴトならぬバイオの世界 9 どんどん進む遺伝子診断の技術 / 岩川眞由美 / p892~895
  • 買いたい新書 老いを支える福祉公社協力員と保健婦の記録『けやき通りの四季』 / 滝上宗次郎 / p896~897
  • 探訪・Women's Movement 12 (最終回)等身大の新世代Movement / 式田秀子 / p898~901
  • 老人看護展望 欧米研修より 9 老人看護における看護婦の役割 / 阿部俊子 / p902~905
  • 私がターミナルケアに魅かれる理由 2 真のターミナルケアを求めて / 黒田裕子 / p906~909
  • プッツン看護婦物語 61 ひとごとだからだいじょぶだあ~の第61話 / / p910~911
  • BOOK REVIEW 「看護教員としてともに歩む日々」 土屋八千代著 / 岡部恵子 / p854~854
  • BOOK REVIEW 「看護場面の再構成」 宮本真巳著 / 鈴木正子 / p855~855
  • BOOK REVIEW 「芸術と科学の出合い 音楽運動療法の理論と実践」 野田燎著 / 板東浩 / p856~856
  • 言いたいフォーラム / 前田美奈子 / p861~863
  • INFORMATION / / p873~873
  • 次号予告・投稿規定・編集後記 / / p912~912

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 看護学雑誌
著作者等 医学書院
日本醫學雜誌株式會社
書名ヨミ カンゴガク ザッシ
書名別名 JJN

Japanese journal of nursing
巻冊次 59(9)
出版元 医学書院
刊行年月 1995-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869830
NCID AN00046472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想