看護学雑誌  27(5)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 7 (1) 1950.01~12 (7) 1952.12 ; 49 (1) 1985.01~74 (12) 2010.12;本タイトル等は最新号による;大きさの変更あり;[ ]-74巻12号 (2010年12月);以後休刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集・成人病看護 / / p14~33
  • 成人病(循環器系)についての考え方 / 日野原重明 / p14~16
  • 成人病における看護婦の役割 / 高橋シュン / p17~21
  • 人間ドックの運営 / 鈴木トク / p22~33
  • 看護における社会的観点 / 大谷藤郎 / p46~49
  • 職場の人間関係とその処理法 / 横山定雄 / p50~53
  • 内科における各種臨床検査と看護 / 三上知子(他) / p42~45
  • 医学講座 滅菌と消毒のはなし / 藤田五郎 / p77~81
  • NURSING STUDY 心因性飢餓の看護経験 / 石井毅(他) / p91~94
  • 統計 死亡率 / 西真楠 / p1~1
  • あたらしい薬 8 / 保刈成男 / p4~4
  • ニューアイディア 氷枕使用時のふとんの湿潤防止 / 高村米子 / p93~93
  • 質疑応答 / 渡辺良孝 / p81~81
  • メディカル・トピックス / Z / p82~83
  • 看護手順 26 / / p105~
  • グラビヤ 施設紹介 神奈川県立身体障害者更生指導所 / 岩脇邦夫(他) / p5~
  • みんなで考えよう 看護婦と"患者からのお礼" / Y看護婦 / p54~56
  • 座談会 現代看護学生気質 / 宮川カツ子
  • 蓑谷淑子
  • 山本フサ子
  • 荻原起代子
  • 伊藤朝子 / p34~40
  • 海外の看護 イスタンブール(トルコ)を訪ねて / 塚本蝶子 / p85~89
  • FOR STUDENTS 看護婦物語をめぐって / 厚生年金病院大阪高等看護学院1年生一同 / p64~66
  • インタビュー 湯浅知子さん / 編集部 / p62~62
  • 看護英語あ・ら・かると 1 HOSPITAL DEIT AND SERIOUS CASE REPORT / 赤松隆 / p58~60
  • 新潟頌 / 長谷川泉 / p67~67
  • 看護婦の人間関係をめぐって / 編集部 / p68~69
  • とびら / 金子光 / p13~13
  • 編集者から読者へ / 所沢綾子 / p61~61
  • 生活と意見 看護制度についての一考察 / 岡田花子 / p70~71
  • 生活と意見 不足しがちなことば / 中崎康子 / p71~71
  • 読者文芸 俳句 / 吉川春藻
  • 塚越きち子
  • 石山節子
  • 国分洋子
  • 曾我淑子
  • 山本不二子
  • 春名歌子
  • 内田弘子
  • 川上裕子 / p72~72
  • 読者文芸 短歌 / 山上三千生
  • 深江恵子
  • 野村多子
  • 江口美樹
  • 鈴木与志
  • 政美智江
  • 西沢辰子
  • 虎口紘子
  • 田中明美
  • 柿木ノリ子
  • 田中佐代子
  • 吉永定美 / p72~72
  • 読者文芸 詩 / 長谷川泉
  • 吉田博子
  • 関マサエ
  • 高橋美枝子
  • 栗田幸江
  • 森安和子
  • 天辰ナツ子 / p72~73
  • ほんだな / / p74~75
  • 新映画 「わんぱく戦争」 / 夏人 / p69~69
  • 時の動き / 奥山益朗 / p76~76
  • 看護サロン / 花田ミキ / p95~95
  • 編集長ノート 24 / 長谷川泉 / p74~74
  • 編集室 / 上 / p95~95

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 看護学雑誌
著作者等 医学書院
日本醫學雜誌株式會社
書名ヨミ カンゴガク ザッシ
書名別名 JJN

Japanese journal of nursing
巻冊次 27(5)
出版元 医学書院
刊行年月 1963-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869830
NCID AN00046472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想