解剖学雑誌 = Acta anatomica Nipponica  23(4)

日本解剖學會 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 24 (4) 1949.12~58 (5) 1983.10 ; 79 (4) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Japanische zeitschrift für anatomie (8巻1号-19巻6号)→ Acta anatomica Nipponica (25巻1号-);1巻1号-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 總腸骨動脈缺損の1例 / 森田信 / p1~1
  • 所謂下大靜脈重複の2例 / 森田信 / p1~3
  • 內生殖器上皮及び胎膜と胎盤の諸細胞の構密度 / 山下悟 / p3~6
  • 諸種動物の口腔上皮の構造と等電點 / 木下定之 / p6~8
  • 再生しつつある二十日鼠の舌上皮細胞の等電點と構密度 / 木下定之 / p8~10
  • 二十日鼠胎の口腔上皮と齒牙原基の構造緻密度 / 木下定之 / p10~11
  • 動脈壁の等電點と構密度の年齡的變化 / 田村章 / p12~13
  • 人の肋間筋の組織學的硏究 / 半田稔 / p14~16
  • 人の鼻粘膜上皮と基底膜の厚さの部位的差異に就て / 長沼孝之助 / p17~19
  • 鳩胎線組系の發生 / 山下悟 / p19~22
  • 超短波の線組系への作用 / 熊野武雄 / p22~23
  • 齒根膜の比較組織學 / 木下定之 / p24~26
  • 變性舌下神經細胞の構密度の變化 / 井原正美 / p26~29
  • 天竺鼠の腟垢の上皮細胞の等電點と構密度 / 日野眞申 / p29~31
  • 鳩と二十日鼠の胎生細胞の構密度に就て / 日野眞申 / p32~34
  • ウニ胚の發生に伴ふ構密度の變化 / 井原正美 / p34~35
  • 鳩の消化管上皮の構密度 / 井原正美 / p35~38
  • 坐骨神經切斷後の腓腸筋線維の等電點,構密度,太さの變化 / 井原正美 / p38~41
  • 人の頸筋の線維の太さ / 半田稔 / p42~44
  • 二十日鼠卵管の顫毛運動 / 井原正美 / p44~46,46~48
  • 人四肢皮膚エツクリン汗腺の細胞學的硏究 / 伊東俊夫 / p48~51
  • 結核罹患天竺鼠の線組系 / 稻田萬作 / p52~55
  • マウスの皮下結合組織細胞のプラストゾーメンとGolgi裝置 / 山下悟 / p55~58
  • カナリアの胚腺の性的分化と生殖細胞の大きさに關する硏究 / 內田玄碵 / p59~62
  • 雜報 / / p62~66

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 解剖学雑誌 = Acta anatomica Nipponica
著作者等 日本解剖学会
書名ヨミ カイボウガク ザッシ = Acta anatomica Nipponica
書名別名 Japanische zeitschrift für anatomie

Acta anatomica Nipponica

Kaibogaku zasshi
巻冊次 23(4)
出版元 日本解剖学会
刊行年月 1948-05
ページ数
大きさ 26-29cm
ISSN 00227722
NCID AN00036526
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00003358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
ドイツ語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想