The Japanese journal of antibiotics  21(1)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Cephalosporin C製剤の基礎的臨床的検討-3-とくにCephalothinのDisc法による感受性測定ならびに静注療法について / 金沢//裕 / 1~9<8098984>
  • 細菌溶解酵素Lysozymeの抗生作用に関する基礎的研究-2-アミノベンジルペニシリンとの併用効果 / 中沢//昭三 / 10~14<8098985>
  • Staphylomycinに関する細菌学的研究 / 中沢//昭三 / 15~18<8098986>
  • 大腸菌の耐性分布とNalidixic acidの臨床意義 / 青河//寛次 / 19~24<8098987>
  • 1965年以降の病巣由来グラム陰性桿菌の抗生物質感受性 / 本山//三生 / 25~33<8098988>
  • 抗生物質文献 抗生物質に関する国内文献 LXXXXIII / / p34~41
  • 抗生物質文献 外国抗生物質文献 LXVIII / / p42~48
  • 雑録 フランスのテトラサイクリン製剤(En Bref 99:13,1967) / / p33~33
  • 抄録 CephalothinおよびPenicillin感受性によるAerobacterとKlebsiellaの鑑別(LERNER & WEINSTEIN,Am.J.Med.Sci.254(1):63,1967) / / p9~9
  • 抄録 肺炎球菌性肺炎に対するCephaloridineとPenicillin Gの効果比較(TEMPEST & AUSTRIAN,Ann.Int.Med.66(6):109,1967) / / p9~9
  • 抄録 Ampicillinの母体血,臍帯血,羊水中濃度(STILL & ADAMSON,J.Obstet.Gynecol.Brit.Commonwealth 74(3):412,1967) / / p14~14

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 21(1)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1968-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想