The Japanese journal of antibiotics  26(3)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Studies on chemotherapy during the perinatal period.With special reference to such derivatives of cephalosporin C as cefazolin,cephaloridine and cephalothin. / FUKADA,MORIYOSHI / p197~214
  • 溶血連鎖球菌の群別,型別と化学療法剤感受性 / 小栗//豊子 / 215~220<7494553>
  • 3',4'-Dideoxykanamycin Bの毒性に関する研究-1~3- / 小枝//武美 / 221~261<7494548>
  • 3',4'-dideoxykanamycin Bの吸収,排泄,分布および代謝-3-成人における薬動力学的検討 / 市川//篤二 / 262~266<7494554>
  • 小児急性細菌性上気道感染症に対するJosamycin propionateの使用経験 / 小林//裕 / 267~276<7494555>
  • スエヒロタケ多糖Schizophyllanの実験的細菌感染症に対する感染防御効果 / 小松//信彦 / 277~283<7494556>
  • Aminobenzyl Penicillinに関するその後の研究 / 青河//寛次 / 284~289<7494557>
  • 筋注用懸濁Ampicillin(HI-63)の尿路感染症に対する使用経験 / 熊沢//浄一 / 290~293<7494558>
  • 懸濁Ampicillin(HI-631)の基礎的実験的研究 / 右馬//文彦 / 294~296<7494559>
  • 泌尿器科領域における懸濁Ampicillin(HI-63)の臨床成績 / 石神//襄次 / 297~300<7494560>
  • Tetracyclineの微生物学的定量法に関する知見補遺 / 大塚//正道 / 301~306<7494561>
  • 3',4'-Dideoxykanamycin Bの作用機作 / 梅沢//浜夫 / 306~310<7494562>
  • 抗生物質文献 抗生物質に関する国内文献 CXXIII / / p220~220,246~246,261~261,283~283,293~293,300~300,310~312
  • 抗生物質文献 外国抗生物質文献 LXXXXVII / / p313~320

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 26(3)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1973-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想