The Japanese journal of antibiotics  51増刊号

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 炎症免疫担当細胞1 ロキシスロマイシンの好中球遊走能および貪食能に及ぼす影響 / 赤松浩彦 / p5~8
  • 炎症免疫担当細胞1 マクロライドによる好中球機能抑制作用および好中球による血管内皮細胞障害抑制作用の検討 / 光山孝志 / p9~11
  • 炎症免疫担当細胞1 肺胞マクロファージにおけるiNOS遺伝子の発現とNO産生に対するマクロライドの効果 / 玉置淳 / p12~14
  • 炎症免疫担当細胞1 広域抗生物質の骨吸収抑制作用 / 武田宏幸 / p15~18
  • 炎症免疫担当細胞1 討議総括 / 菅守隆
  • 門田淳一 / p19~19
  • 炎症免疫担当細胞2 ダニ抗原で誘導されるIL-4,IL-5,IFN-γ産生系に与えるRoxithromycinの処理効果 / 青木国輝 / p20~24
  • 炎症免疫担当細胞2 マクロライド療法施行症例の副鼻腔粘膜における免疫組織学的検討--抗原呈示細胞のcostimulatorの発現におよぼす影響 / 飯野ゆき子 / p25~26
  • 炎症免疫担当細胞2 表皮ランゲルハンス細胞のB7-1,B7-2,CD40発現に及ぼすマクロライド系抗生物質の検討 / Claudio Guedes Salgado / p27~28
  • 炎症免疫担当細胞2 討議総括 / 慶長直人
  • 飯野ゆき子 / p29~29
  • 特別講演 チトクロームP450によるマクロライドの代謝 14員環と16員環の違い / 鎌滝哲也 / p30~33
  • 接着分子 気道粘膜への好中球浸潤ならびにICAM-1発現に対するマクロライドの影響 / 磯野一雄 / p34~37
  • 接着分子 DPBにおけるマクロライド治療前後のBALF中可溶性CD44の検討 / 加藤茂樹 / p38~40
  • 接着分子 ニューマクロライド投与における好中球接着分子発現の変化 / 榎本冬樹 / p41~42
  • 接着分子 好中球の気道上皮細胞への接着に対するステロイドおよびマクロライド抗生物質の影響 / 河崎伸 / p43~45
  • 接着分子 討議総括 / 榎本冬樹
  • 吾妻安良太 / p46~46
  • 癌一般演題 非小細胞肺癌に対するクラリスロマイシンの延命効果について--第2報 / 家城隆次 / p47~49
  • 癌一般演題 切除不能非小細胞肺癌患者に対するclarithromycin(CAM)の有用性に関する検討 / 坂本正洋 / p50~52
  • 癌一般演題 非小細胞肺癌に対するclarithromycin投与が腫瘍組織interferon-γ,interleukin 12 mRNA発現に及ぼす影響 / 寺本正治 / p53~55
  • 癌一般演題 討議総括 / 渋谷昌彦
  • 喜多英二 / p56~56
  • シンポジウム「癌とマクロライドの基礎」 Clarithromycin (CAM)のBRM(Biological Response Modifier)作用の検討--マウス肺癌モデルでのサイトカイン発現に及ぼす効果 / 植田勝廣 / p57~60
  • シンポジウム「癌とマクロライドの基礎」 クラリスロマイシンの実験的肺転移に及ぼす影響 / 小久保豊 / p61~64
  • シンポジウム「癌とマクロライドの基礎」 14,15,16員環マクロライド類の腫瘍血管新生阻害,腫瘍増殖・転移抑制作用 / 八並淳 / p65~67
  • シンポジウム「癌とマクロライドの基礎」 細胞接着阻害剤macrosphelideの作用について / 林正彦 / p68~71
  • シンポジウム「癌とマクロライドの基礎」 ヒト肺癌転移モデルおよびマウス腫瘍系におけるクラリスロマイシンの治療効果は有意か? / 矢野聖二 / p72~74
  • シンポジウム「癌とマクロライドの基礎」 ラットにおけるクラリスロマイシンの抗腫瘍治療効果 / 佐々和彦 / p75~78
  • シンポジウム「癌とマクロライドの基礎」 肺癌細胞株A-549,SBC-3の浸潤と増殖に対するマクロライド系抗生物質の抑制効果 / 井上憲一 / p79~80
  • シンポジウム「癌とマクロライドの基礎」 討議総括 / 鶴尾隆
  • 曽根三郎 / p81~81
  • 特別報告DPBの治療指針 びまん性汎細気管支炎の治療指針(試案) / 中田紘一郎 / p82~85
  • 特別企画副鼻腔炎の治療ガイドラインについて 慢性副鼻腔炎に対するマクロライド療法のガイドライン(試案) / 羽柴基之 / p86~89
  • 臨床成績 びまん性汎細気管支炎に対するエリスロマイシンの投与期間の検討--投与中止例と投与継続例の比較 / 白井亮 / p90~93
  • 臨床成績 カルタゲナー症候群に対するマクロライド療法の有用性に関する検討 / 岸一馬 / p94~95
  • 臨床成績 慢性副鼻腔炎に対するクラリスロマイシン長期投与療法の用量設定試験 / 宮本直哉 / p96~99
  • 臨床成績 小児副鼻腔炎の粘膜病理とマクロライド療法 / 宮澤哲夫 / p100~102
  • 臨床成績 未熟児慢性肺障害に対するErythromycin少量投与の臨床効果に関する多施設共同研究--Single blind投与・非投与比較試験 / 大倉完悦 / p103~106
  • 臨床成績 ロキシスロマイシンによる痤瘡治療とその奏効機序の検討 / 赤松浩彦 / p107~110
  • 臨床成績 討議総括 / 坂倉康夫
  • 杉山幸比古 / p111~111
  • IL-8 マクロライド抗生物質の線維芽細胞に対する影響について(第2報) / 野中学 / p112~115
  • IL-8 緑膿菌ピオシアニンによるIL-8産生誘導とその生物活性に対するエリスロマイシンの効果(第2報) / 西村純子 / p116~119
  • IL-8 培養気道上皮細胞のIL-8遺伝子発現に及ぼすマクロライドの影響 / 阿部修一 / p120~122
  • IL-8 慢性副鼻腔炎の鼻汁中浸出細胞のIL-8産生とマクロライドの影響 / 浅田行紀 / p123~123
  • IL-8 慢性副鼻腔炎の鼻汁中の好中球数およびIL-8値とマクロライド系抗生物質の効果 / 藤田健一郎 / p124~127
  • IL-8 エリスロマイシン長期投与ラット肺胞マクロファージからのサイトカイン産生の変化 / 杉山幸比古 / p128~130
  • IL-8 アレルギー性炎症におけるヒト好酸球のIL-8産生,制御に関する各種薬剤の影響 / 幸山正 / p131~133
  • IL-8 EM(エリスロマイシン)201誘導体による好中球由来のIL-8産生抑制効果
  • 5位desosamine側鎖による活性の修飾 / 吉嶺裕之 / p134~136
  • IL-8 討議総括 / 松島綱治
  • 赤川清子 / p137~138
  • 細菌 Macro及びMicroautoradiographyによるAzithromycinの感染組織への移行 / 中山一誠 / p139~141
  • 細菌 各種抗菌剤のBacterial biofilm破壊作用の検討 / 小関晶嗣 / p142~145
  • 細菌 病原性大腸菌Ō157のVero毒素産生に対する低濃度マクロライド抗生剤の抑制効果 / 中田光 / p146~150
  • 細菌 討議総括 / 後藤元
  • 武田博明 / p151~151
  • 気道上皮 気道繊毛上皮細胞の電解質分泌に対するマクロライドの効果 / 平野光芳 / p152~154
  • 気道上皮 気道上皮における細胞内Ca²⁺応答に対するマクロライドの効果 / 叶宗一郎 / p155~157
  • 気道上皮 気道上皮細胞の遺伝子発現に対するエリスロマイシンの作用機序 / 田辺修 / p158~160
  • 気道上皮 高速ビデオカメラによる副鼻腔粘膜線毛細胞の解析 / 下村明 / p161~161
  • 気道上皮 討議総括 / 玉置淳
  • 滝沢始 / p162~162
  • 構造活性相関 マクロライド薬の内因性グルココルチコイドに及ぼす影響--構造活性相関と他系薬との比較検討 / 堀誠治 / p163~165
  • 構造活性相関 エリスロマイシン-鉄錯体によるsuperoxide radical消去活性(第2報) / 村中裕之 / p166~169
  • 構造活性相関 討議総括 / 砂塚敏明 / p170~170

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics

The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 51増刊号
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1998-01
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想