The Japanese journal of antibiotics  50増刊号

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特別報告 マクロライド長期投与療法の慢性副鼻腔炎に対する臨床効果 過去の報告から / 羽柴基之 / p5~7
  • 特別報告 アンケート調査からみたマクロライド少量長期投与の実体 / 竹内直信 / p8~10
  • 特別報告 討議総括 / 大山勝 / p11~11
  • 副鼻腔炎 慢性副鼻腔炎におけるマクロライド系抗生物質の有効例について / 吉田和秀 / p12~14
  • 副鼻腔炎 慢性副鼻腔炎に対するクラリスロマイシンの効果--小児例と成人病の比較成績 / 杉原純次 / p15~16
  • 副鼻腔炎 マクロライド療法施行症例の副鼻腔粘膜のMHC-IIの発現 / 飯野ゆき子 / p17~18
  • 副鼻腔炎 討議総括 / 洲崎春海 / p19~19
  • 教育講演 マクロライドの構造と作用 / 砂塚敏明 / p20~27
  • 癌とBRM マウス肺癌細胞接種モデルにおけるCAM(clarithromycin)の抗腫瘍効果に対する検討 / 濱田薫 / p28~31
  • 癌とBRM マクロライド系抗生物質の悪性腫瘍細胞浸潤・増殖抑制効果--in vitroにおける検討 / 坂田憲史 / p32~34
  • 癌とBRM クラリスロマイシンの実験的肺転移に及ぼす影響 / 小久保豊 / p35~37
  • 癌とBRM 原発性非小細胞肺癌患者の癌悪液質に対するclarithromycinの有用性に関する検討 / 坂本正洋 / p38~41
  • 癌とBRM 原発性非小細胞肺癌におけるclarithromycin(CAM)投与によるサイトカインm-RNAの変動 / 寺本正治 / p42~44
  • 癌とBRM 原発性肺癌患者に対するClarithromycinの延命効果 / 三笠桂一 / p45~48
  • 癌とBRM 非小細胞肺癌に対するクラリスロマイシンの延命効果について / 家城隆次 / p49~52
  • 癌とBRM コメント / 仁井谷久暢 / p53~53
  • 癌とBRM コメント 癌とBRM-マクロライドについて / 塚越一茂 / p54~54
  • 癌とBRM 討議総括 / 長尾啓一
  • 小倉剛 / p55~55
  • 気道上皮 ラット実験中耳炎におけるマクロライド投与法の検討 / 榎本冬樹 / p56~57
  • 気道上皮 気道上皮における電解質輸送に対するマクロライド剤の抑制機序 / 三輪正人 / p58~59
  • 気道上皮 マクロライド抗生剤の鼻粘膜上皮のイオン輸送への影響 / 池田勝久 / p60~61
  • 気道上皮 気道杯細胞分泌に対するエリスロマイシン及びロキシスロマイシンの効果 / 中田潤子 / p62~64
  • 気道上皮 エンドトキシン点鼻で亢進するラット鼻粘膜細胞DNA合成のクラリスロマイシンによる抑制 / 東内朗 / p65~67
  • 気道上皮 培養ヒト鼻粘膜上皮細胞のIL-8分泌とマクロライドによる抑制効果 / 鈴木秀明 / p68~70
  • 気道上皮 討議総括 / 玉置淳
  • 髙坂知節 / p71~71
  • 好中球 慢性副鼻腔炎患者鼻汁による好中球遊走作用について / 下村明 / p72~74
  • 好中球 フローサイトメトリーを用いたマクロライド無効DPB患者の未梢好中球機能の検討 / 青島正大 / p75~77
  • 好中球 ロキシスロマイシンの好中球機能に対する影響 短期投与の検討 / 間宮紳一郎 / p78~79
  • 好中球 好中球からのIL-8産生に対するステロイドおよびマクロライド抗生物質の影響 / 河崎伸 / p80~82
  • 好中球 好中球actin重合反応に対するマクロライド系抗生物質の影響について / 峯下昌道 / p83~84
  • 好中球 討議総括 / 松島綱治
  • 金ヶ﨑史朗 / p85~85
  • シンポジウム「細菌とマクロライド」 マクロライドの菌および培養気道細胞に対する作用 / 武田博明 / p86~88
  • シンポジウム「細菌とマクロライド」 慢性気道感染症における緑膿菌のピオシアニン生成とその生物活性に対するエリスロマイシンの効果 / 佐藤圭創 / p89~91
  • シンポジウム「細菌とマクロライド」 エリスロマイシンとロキタイマイシン前処理による緑膿菌のアミノグリコシド不活化酵素への影響 / 小原康治 / p92~94
  • シンポジウム「細菌とマクロライド」 緑膿菌alginate産生に対するマクロライド作用 / 小林治 / p95~101
  • シンポジウム「細菌とマクロライド」 マクロライドによる緑膿菌バイオフィルム形成抑制作用の定量的検討 / 近藤清隆 / p102~105
  • シンポジウム「細菌とマクロライド」 討議総括 / 小林宏行
  • 後藤元 / p106~106
  • 特別報告2 わが国のDPBに関する予後調査と中国におけるDPB実体調査 / 工藤翔二 / p107~109
  • リンパ球,単球1 単核球からのIL-4,IL-5産生に対するEM,CAM及びJMの影響作用 / 程昭 / p110~112
  • リンパ球,単球1 気管支喘息患者末梢血単核球からのサイトカイン産生に対するロキシスロマイシンの影響 / 仲原弘 / p113~115
  • リンパ球,単球1 びまん性汎細気管支炎のBALF中リンパ球サブセットおよびβ-Family Chemokineのマクロライド治療前後における検討 / 飯田桂子 / p116~119
  • リンパ球,単球1 気管内留置モデルを用いた慢性気道感染症の解析--サイトカインの推移からみた検討 / 柳原克紀 / p120~121
  • リンパ球,単球1 討議総括 / 滝沢始
  • 門田淳一 / p122~122
  • リンパ球,単球2 ロキシスロマイシン少量長期投与のマウス単核細胞に対する作用--in vivoにおける実験的検討 / 洲崎春海 / p123~124
  • リンパ球,単球2 Vitamine D₃によるHL-60細胞株の単球様細胞への分化誘導と凝集についての検討--動的培養法とクラリスロマイシン / 三田佳伯 / p125~126
  • リンパ球,単球2 ロキシスロマイシンによるCキナーゼ活性化とHL-60前骨髄芽球性白血病細胞の分化誘導 / 保科定頼 / p127~129
  • リンパ球,単球2 cDNA representational difference analysis(RDA)法を用いた,びまん性汎細気管支炎患者未梢血単核球中の特異的mRNA発現の解析 / 高田俊範 / p130~132
  • リンパ球,単球2 討議総括 / 慶長直人
  • 赤川清子 / p133~133
  • 新作用 抗HTLV-1抗体陽性DPB症例におけるマクロライド治療効果の検討 / 加勢田誠 / p134~136
  • 新作用 Clarithromycin長期投与はHIV感染症の補助的治療になるか / 古西満 / p137~139
  • 新作用 Roxithromycin(RMX)のウィルス,培養細胞に対する影響 / 庄司聡 / p140~141
  • 新作用 マウス過敏性肺炎モデルにおけるエリスロマイシンの効果 / 宮島真史 / p142~144
  • 新作用 線維芽細胞に対するマクロライド抗生物質の影響 / 野中学 / p145~147
  • 新作用 マクロライド薬の内因性グルココルチコイドに及ぼす影響 / 堀誠治 / p148~149
  • 新作用 討議総括 / 喜多英二
  • 菅守隆 / p150~151

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics

The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 50増刊号
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1997-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想