癌の臨床 = Japanese journal of cancer clinics  31(12)(374)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1954.09~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;並列タイトル変遷: Japanese journal of cancer clinics (1巻1号-15巻5号)→ Japan journal of cancer clinics (16巻6号-24巻1号);1巻1号 (1954年9月)-5巻7号 (1959年7月) ; 5巻8号 = 34号 (1959年7月)-;出版者変遷: 医歯薬出版 (1巻1号-21巻3号)→ 篠原出版 (21巻4号-46巻1号);1巻1号から31巻15号までの総索引: 「乳癌の臨床」1巻1号収載

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 放射線治療における基準化と最適化--その問題点と将来(第15回放射線による制癌シンポジウム--基礎と臨床の対話--から) / p1469~1641<3061709>
  • Introduction / 大川智彦 / p1469~1469
  • I.物理学からみた基準化と最適化 / / p1471~1499
  • 座長のことば / 川島勝弘 / p1471~1472
  • 線量分布と精度 / 速水昭宗 / p1473~1480
  • 線量分布とtarget volume / 佐方周防 / p1481~1489
  • 特別発言 物理学からみた基準化と最適化の問題点 / 竹中榮一・他 / p1490~1495
  • 特別発言 放射線治療のシステム化 / 浜田政彦 / p1496~1499
  • II.生物学からみた基準化と最適化 / / p1501~1528
  • 座長のことば / 寺島東洋三 / p1501~1501
  • 細胞動態からみた分割照射法の生物学的基礎 / 佐々木武仁・他 / p1502~1511
  • 組織耐容線量からみた放射線治療のあり方 / 森田皓三 / p1512~1519
  • 特別発言 最適一回線量 / 増田康治・他 / p1520~1524
  • 特別発言 放射線治療の基準化における生物学の寄与--その現況と将来 / 小野山靖人 / p1525~1528
  • III.臨床における基準化と最適化の問題点と将来 / / p1529~1530,1531~1542,1543~1562,1563~1565,1567~1570,1571~1608,1611~1634
  • その1因子別における問題点と将来 座長のことば / 岡田重文 / p1529~1530
  • その1因子別における問題点と将来 座長のことば / 北川俊夫 / p1531~1532
  • その1因子別における問題点と将来 空間的線量分布 / 高橋正治・他 / p1533~1542
  • その1因子別における問題点と将来 時間的線量分布 / 菅原正・他 / p1543~1551
  • その1因子別における問題点と将来 速中性子線治療の適応と問題点 / 森田新六・他 / p1552~1559
  • 特別発言 肺癌の放射線治療計画の評価 / 奥村寛・他 / p1560~1562
  • 特別発言 高LET粒子線の臨床的意義 / 恒元博 / p1563~1565
  • その2代表的疾患における現状 座長のことば / 瀬戸輝一 / p1567~1568
  • その2代表的疾患における現状 座長のことば / 亘理勉 / p1569~1570
  • その2代表的疾患における現状 喉頭癌治療 放射線科サイドより / 土器尾卓志 / p1571~1580
  • その2代表的疾患における現状 喉頭癌 耳鼻咽喉科(頭頸部外科)サイドより / 佐藤武男 / p1581~1589
  • その2代表的疾患における現状 子宮頸癌 放射線科サイドより / 秦一雄・他 / p1590~1596
  • その2代表的疾患における現状 子宮頸癌 婦人科サイドより / 笠松達弘 / p1597~1601
  • 特別発言 喉頭癌の放射線治療--線量と喉頭保存率を中心として / 中野政雄・他 / p1602~1604
  • 特別発言 子宮頸癌の術後の照射の基準化と問題点 / 田中敬正 / p1605~1608
  • その3治療効果判定における問題点と将来 座長のことば / 富永祐民 / p1611~1611
  • その3治療効果判定における問題点と将来 座長のことば / 堀内淳一 / p1612~1612
  • その3治療効果判定における問題点と将来 一次効果 頭頸部がん治療効果判定基準の咽喉頭癌への適用にもとづく検討 / 井上俊彦・他 / p1613~1620
  • その3治療効果判定における問題点と将来 生存率 / 福久健二郎・他 / p1621~1631
  • 特別発言 治療効果判定における問題点と将来 / 金田浩一 / p1632~1634
  • 総合討論 座長のことば / 入江五朗 / p1635~1635
  • 総合討論 物理学者の立場からの総括発言 / 尾内能夫 / p1636~1638
  • 総合討論 放射線治療における基準化と最適化に関する放射線生物学的考察 / 坂本澄彦 / p1639~1641
  • 英文抄録〔A-80~87〕 / / 前付

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 癌の臨床 = Japanese journal of cancer clinics
著作者等 医歯薬出版株式会社
篠原出版新社
篠原出版株式会社
書名ヨミ ガン ノ リンショウ = Japanese journal of cancer clinics
書名別名 Japan journal of cancer clinics

Japanese journal of cancer clinics
巻冊次 31(12)(374)
出版元 篠原出版新社
刊行年月 1985-09
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 00214949
NCID AN00048401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想