ストレス科学 = The Japanese journal of stress sciences : 日本ストレス学会誌  8(3)

日本ストレス学会編集委員会

国立国会図書館雑誌記事索引 16(1):2001.9.30-;並列タイトル変遷: The Japanese journal of stress sciences (-<30巻3号>);7巻1号 (平成4年11月25日)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • ストレスのスケープゴート化 / 梅澤勉
  • 特集:内的ストレッサーとストレス / / p1~19
  • 主としてラザルスのストレス論の見地から / 林峻一郎 / p1~5
  • 精神分析からの再検討 / 狩野力八郎 / p6~10
  • 過密環境ストレスモデル--うつ病の病因研究の方法として / 野村総一郎
  • 内藤宏 / p11~15
  • 心身医学の立場から / 吾郷晋治 / p16~19
  • 特集:ストレスとしての対象喪失とモーニング / 藤縄昭
  • 岩崎徹也 / p20~20
  • モーニングワークとその病理 / 衣笠隆幸 / p21~25
  • 対象喪失 / 大野裕 / p26~29
  • 死の臨床におけるモーニング / 河野博臣 / p30~34
  • ILOの「労働ストレス予防対策」報告書に対する意見 / 加藤正明 / p35~42
  • ストレスに起因する過食および肥満に対する自律神経調整剤(Tofisopam)の有用性 / 坂根直樹
  • 吉田俊秀
  • 梅川常和
  • 近藤元治 / p43~48
  • 職場のメンタルヘルスの対応に関する一考察--事業場のメンタルヘルスに関する実態調査から / 李玉榮
  • 中村賢
  • 原田誠一
  • 高田勗
  • 相澤好治
  • 苅部ひとみ / p49~57
  • 書評・新刊案内 / / p59~61
  • 「ストレス」の肖像 / 山本和郎 / p59~60
  • ストレスの心理学 / 植村勝彦 / p60~61
  • 会報 第1回日本産業精神保健学会の案内 / / p62~62
  • 会報 第35回日本人間工学会の案内 / / p63~63
  • 会報 第1回国際ストレス会議の案内 / / p64~65
  • 会報 第10回日本ストレス学会学術総会の案内 / / p66~66
  • 会報 議事要旨報告 / / p67~67
  • 会報 日本ストレス学会平成4年度決算報告 / / p68~68
  • 投稿規定・執筆要領 / / p69~69
  • 編集委員会,委員一覧表 / / 目次ウラ
  • 広告協力 エーザイ株式会社 /
  • 広告協力 持田製薬株式会社 /
  • 広告協力 大塚製薬株式会社 /

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 ストレス科学 = The Japanese journal of stress sciences : 日本ストレス学会誌
著作者等 日本ストレス学会
日本ストレス学会編集委員会
書名ヨミ ストレス カガク = The Japanese journal of stress sciences : ニホン ストレス ガッカイシ
書名別名 Sutoresu kagaku

The Japanese journal of stress science

The Japanese journal of stress sciences

Sutoresu kagaku
巻冊次 8(3)
出版元 日本ストレス学会
刊行年月 1994-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 13494813
NCID AN10400523
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
01005916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想