ホスピスケアと在宅ケア  5(1)(9)

日本ホスピス・在宅ケア研究会[編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 8 (1) (通号: 18) 2000.05~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;3巻2号=5号(1995年) -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 新しい命を得て / 泉保加代 / p1~1
  • 講座1 がん患者を前にして、あなたにもできること / / p2~12
  • あなたにもできるケア / 黒田裕子 / p2~12
  • 講座2 ホスピス・ボランティア・マニュアル / / p13~26
  • このボランティア訓練マニュアルについて / 西宮市交際交流協会翻訳ボランティア / p13~15
  • ホスピスとは / 西宮市交際交流協会翻訳ボランティア / p16~20
  • 良いコミュニケーションに求められること / 西宮市交際交流協会翻訳ボランティア / p21~26
  • 患者の目から / / p27~34
  • 私のガン闘病体験 / 岡昇 / p27~28
  • 私と運命(人生観)の出会い / 吉田正一 / p29~30
  • 末期がんといわれて / 大堀幸太郎 / p31~32
  • 私の前立腺癌治療体験談 / 土居信夫 / p33~34
  • 市民の目から / / p35~36
  • 楽しく死ぬために / 広瀬昌二 / p35~36
  • 理想的な介護とは?アメリカからみた日本の理念と現実 / スーザン・ロング / p37~43
  • 24時間対応体制下での夜間、休日の電話コール及び出動状況について / 長坂晋 / p44~46
  • 在宅医療における訪問リハビリテーションと訪問看護の合理的サービス提供に向けて / 西嶋望、他 / p47~51
  • 親子ともに筋萎縮性側索硬化症患者の在宅ケア"1日でも長く自宅で過ごしたい"母の願いに / 鈴木美代子 / p52~56
  • 長期間にわたり治療を拒んだ1症例--継続性のあるインフォームド・コンセントとは / 古川早苗、他 / p57~60
  • ターミナル患者の死生観への関わり / 松原泰子、他 / p61~63
  • 講演会 神は人を何処へ導くか / 鈴木秀子 / p64~79
  • 今月の症例 高齢者の副作用に留意した痛み治療--少量合成オピオイド治療 / 田村亮 / p80~81
  • 文献紹介 医師はなぜ訴えられる? / 編集部 / p82~82
  • Forum 編集者への手紙 / / p83~85
  • ホスピス・ボランティア・マニュアルの翻訳に携わって / 石川玲子 / p83~83
  • ホスピス・ボランティア・マニュアルの翻訳に携わって / 大楠涼子 / p83~84
  • ホスピス・ボランティア・マニュアルの翻訳に携わって / 三浦美枝子 / p84~84
  • ホスピス・ボランティア・マニュアルの翻訳に携わって / 山村順子 / p84~85
  • Forum ホスピス在宅ケア通信 / / p86~88
  • スポーケン・ホスピス・ボランティア・マニュアルについて / 編集部 / p86~88
  • 査読のお礼 / 編集部 / p88~88
  • 今月号には / / p4~4
  • 会告 / / p6~6
  • 投稿規定 / / p7~7

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 ホスピスケアと在宅ケア
著作者等 日本ホスピス在宅ケア研究会
書名ヨミ ホスピス ケア ト ザイタク ケア
書名別名 Hospice and home care

Hosupisu kea to zaitaku kea
巻冊次 5(1)(9)
出版元 日本ホスピス・在宅ケア研究会
刊行年月 1997-04
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 13418688
NCID AA11466922
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00103756
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想