アレルギー科  5(5)(29)

アレルギー科編集委員会 編

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 19 (4) (通号: 112) 2005.04~21 (6) (通号: 126) 2006.06;本タイトル等は最新号による;1巻1号通巻1号(平成8年1月)~21巻6号通巻126号(June 2006)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 気道過敏性 / / p451~513
  • 気道過敏性の成立機序--遺伝と炎症の関与 / 沼尾利郎,ほか / p451~456
  • 気道過敏性測定におけるアセチルコリンとヒスタミン使用の意義 / 工藤誠,ほか / p457~464
  • ウイルス感染と気道過敏性 / 木村輝明,ほか / p465~471
  • β刺激薬と気道過敏性 / 坂本泰寿,ほか / p472~475
  • ステロイドと気道過敏性 / 小林信之,ほか / p476~483
  • 吸入β₂刺激薬,吸入ステロイド薬併用と気道過敏性 / 小川忠平,ほか / p484~491
  • テオフィリンと気道過敏性 / 大田健 / p492~496
  • 抗アレルギー薬と気道過敏性 / 藤村政樹 / p497~505
  • 減感作療法と気道過敏性 / 永田真 / p506~510
  • Corrisらによる移植肺の喘息--気道過敏性の持ち込みの報告について / 伊藤幸治 / p511~513
  • 抗IgE抗体によるアレルギー治療 / 斎藤博久 / p514~518
  • ヒスタミンによる気道上皮細胞の活性化 / 滝沢始 / p519~524
  • 鼻粘膜におけるトロンボキサンA₂受容体の局在--鼻閉との関連性 / 三輪正人,ほか / p525~531
  • ウイルス感染によるアレルギー性炎症の修飾 / 山谷睦雄,ほか / p532~538
  • アレルゲン免疫療法に関するWHOの会議(1997年)から / 伊藤幸治 / p539~544
  • 次号予告 / / 号末
  • 投稿規定 / 伊藤幸治
  • 今野昭義
  • 玉置邦彦
  • 羅智靖 / 号末
  • バックナンバー / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 アレルギー科
著作者等 科学評論社
アレルギー科編集委員会
書名ヨミ アレルギーカ
書名別名 Allergology

Arerugika
巻冊次 5(5)(29)
出版元 科学評論社
刊行年月 1998-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 13417584
NCID AN10507298
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00103828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想