Quality nursing : The Japanese journal of nursing education & nursing research  1(11)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 7 (1) 2001.01~10 (12) 2004.12;本タイトル等は最新号による;1巻1号(1995年1月) - 10巻12号(2004年12月);以後休刊;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • <特集> 看護教育学における研究とその成果の活用 / / p4~57
  • 研究成果を踏まえた看護教育の実現へ / 杉森みど里 / p4~9
  • 看護における研究成果の活用 / 舟島なをみ
  • 望月美知代 / p10~16
  • 看護教育の場における研究成果の活用 / / p18~38
  • 大学新設にむけてのカリキュラム開発と研究成果の活用 / 安齋由貴子 / p18~23
  • 看護学実習指導における研究成果の活用 / 定廣和香子 / p24~29
  • 看護技術教育における問題と研究 / 野本百合子 / p30~33
  • 教師教育における問題と研究成果の活用 / 小川妙子 / p34~38
  • 看護実践の場における研究成果の活用 / / p40~57
  • 地域看護における問題と研究成果活用の可能性 / 鈴木恵子 / p40~44
  • 医療施設における看護実践と研究成果の活用 / 太田澄恵 / p45~49
  • 研究成果を活用した院内教育プログラムの作成 / 亀岡智美 / p50~57
  • 看護学生の看護に関するイメージの学年別による検討 / 臼井雅美
  • 渡部節子
  • 坂梨薫 / p65~70
  • ワイツゼッカー講演を聴く / 大谷藤郎 / p58~60
  • 看護教師のためのカウンセリング入門 3 カウンセリングにおける人間観II / 影山セツ子 / p71~75
  • 看護理論家と日本の看護 シスター・C・ロイ ロイ適応看護モデル-その概観と活用- / 大島弓子 / p76~81
  • 実践看護研究講座 10 研究の手法と情報活用(5) 事例研究を極める / 山田一朗
  • 山田律子 / p82~92
  • One Point Column 看護婦として教員として / 大塚邦子 / p61~61
  • One Point Column もうすぐ,死ぬんじゃろうなぁ / 小松奈美子 / p61~61
  • One Point Column この気持ち伝えたい / 宮脇美保子 / p62~62
  • One Point Column 病院清掃と看護教育 / 矢野久子 / p62~62
  • One Point Column 看護にコンピューターを生かそう / 上野栄一 / p63~63
  • One Point Column 当節看護短大教育現場事情 / 津久井菱子 / p63~63
  • One Point Column "迷い"が"力"になるために / 金子昌子 / p64~64
  • One Point Column 医学部看護学科に在職して / 濱畑章子 / p64~64
  • 医学セミナー 癌研究の現場と診療への応用 6 乳癌研究の現場-病理診断から基礎研究まで / 嵩眞佐子 / p93~96
  • 学会告知板 / / p92~92
  • 投稿規定 / / p97~97

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Quality nursing : The Japanese journal of nursing education & nursing research
著作者等 文光堂
書名別名 Quality nursing : Japanese journal of nursing education and nursing research

Quality nursing
巻冊次 1(11)
出版元 文光堂
刊行年月 1995-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 13409875
NCID AN10462338
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00099829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想