臨床と薬物治療  6(5)(32)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 15 (6) 1996.06~23 (4) (通号: 205) 2004.04;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 出版者, 大きさの変更あり;6巻3号 = 30号 (1987年5月)-23巻4号 = 205号 (2004年4月)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集=薬剤と血液障害 / / ~38,41~54,56~60,62~69,71~74,76~79,81~84,86~89,91~109,111~111
  • 薬剤性血液障害の最近の動向 / 野村武夫 / p26~29
  • 薬剤による血液障害の成因と病態 赤血球系障害 / 山口潜 / p30~33
  • 薬剤による血液障害の成因と病態 白血球系障害 / 柴田昭 / p34~38
  • 薬剤による血液障害の成因と病態 血小板系障害,凝固異常 / 風間睦美 / p41~44
  • 薬剤による血液障害の成因と病態 汎血球障害 / 平嶋邦猛 / p45~50
  • 血液障害患者における投薬上の注意点と薬剤の決め方 睡眠薬,抗てんかん薬 / 福島裕
  • 斎藤文男 / p51~54
  • 血液障害患者における投薬上の注意点と薬剤の決め方 向精神薬 / 上島国利 / p56~60
  • 血液障害患者における投薬上の注意点と薬剤の決め方 消炎鎮痛剤,抗リウマチ剤 / 山田秀裕
  • 本間光夫 / p62~65
  • 血液障害患者における投薬上の注意点と薬剤の決め方 抗アレルギー剤,抗ヒスタミン剤,その他の呼吸器官用剤 / 野口久
  • 高橋昭三 / p66~69
  • 血液障害患者における投薬上の注意点と薬剤の決め方 循環器官用剤 / 刈米重夫 / p71~74
  • 血液障害患者における投薬上の注意点と薬剤の決め方 動脈硬化・高脂血症治療剤,抗血栓剤 / 小泉順二
  • 馬渕宏 / p76~79
  • 血液障害患者における投薬上の注意点と薬剤の決め方 ホルモン剤,抗ホルモン剤 / 真木正博
  • 児玉英也 / p81~84
  • 血液障害患者における投薬上の注意点と薬剤の決め方 経口血糖降下剤 / 難波光義
  • 河野典夫
  • 垂井清一郎 / p86~89
  • 血液障害患者における投薬上の注意点と薬剤の決め方 抗悪性腫瘍剤,免疫抑制剤 / 吉川治
  • 外山圭助 / p91~96
  • 血液障害患者における投薬上の注意点と薬剤の決め方 抗生物質製剤,化学療法剤 / 伊藤章 / p97~100
  • 血液障害者に禁忌,慎重投与の記載のある薬剤一覧 / 編集部 / p101~109
  • Question corner カルシウム拮抗剤による高血糖 / 岡井容子
  • 豊岡照彦 / p111~111
  • 文献副作用情報 / 高杉益充 / p112~115
  • DIFILE 「医薬品副作用情報」の概要 / / p1~4
  • DIFILE 使用上の注意の改訂 / / p4~6
  • DIFILE 最近の新薬 / / p7~24

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床と薬物治療
著作者等 ありい出版
ミクス
エルゼビアジャパン株式会社
書名ヨミ リンショウ ト ヤクブツ チリョウ
書名別名 Clinics & drug therapy

Rinsho to yakubutsu chiryo
巻冊次 6(5)(32)
出版元 エルゼビア・ジャパン
刊行年月 1987-09
ページ数
大きさ 29cm
ISSN 09137505
NCID AN10080433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00056044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想