日本病跡学雑誌  (22)

日本病跡学懇話会 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 51) 1996.05~;本タイトル等は最新号による;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本病跡学懇話会 (-16号);頒布者変遷: 金剛出版 (22号-72号);[ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集・芥川龍之介 / / p2~36
  • シンポジウム 芥川龍之介 / 小見山実 / p2~3
  • 芥川龍之介 / 森本修 / p4~8
  • 芥川龍之介における文学創造と異常体験 / 井上晴雄 / p9~16
  • 芥川龍之介の自殺--太宰治との比較において / 米倉育男 / p17~23
  • 芥川龍之介--現存在分析的立場より / 梶谷哲男 / p24~32
  • 芥川龍之介の病跡学研究ノート / 荻野恒一 / p33~36
  • 「カリスマ症状群」について--南方熊楠の異常体験を中心に / 津本一郎 / p37~48
  • つげ義春と漫画「ねじ式」 / 早野泰造 / p49~60
  • 志賀文学における創造のモチーフ--創作活動における不毛・空白の病跡学的意義 / 梶谷哲男 / p61~67
  • 立原道浩(1)--そのメルヘン性 / 山上栄子 / p68~74
  • ヘルダーリン(前編) / 伊東高麗夫 / p75~84
  • 王朝の女系図(2)--道長をめぐる女たち / 米山千代子 / p85~93
  • 古典紹介 信長公記 / 王丸勇 / p94~95
  • 訪古叢談 (1)・おんな太閤記 / 王丸勇 / p96~96
  • 新刊紹介 小西輝夫著:精神医学からみた日本の高僧 小松伸六著:美を見し人は--自殺作家の系譜-- 王丸勇著:病跡学・史学叢談 / 春原千秋 / p97~97
  • 書評 神谷美恵子著:ヴァジニア・ウルフ研究 / 宮本忠雄 / p98~98
  • 第26回病跡学会を担当して / 津本一郎 / p99~99
  • 学会だより / / p100~101
  • 投稿規定 / / p102~102
  • 編集後記 / M. T. / p102~102

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本病跡学雑誌
著作者等 日本病跡学会
日本病跡学懇話会
書名ヨミ ニホン ビョウセキガク ザッシ
書名別名 Japanese bulletin of pathography
巻冊次 (22)
出版元 日本病跡学会
毎日学術フォーラム
刊行年月 1981-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02858398
NCID AN00196679
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00036657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想