日本病跡学雑誌  (37)

日本病跡学懇話会 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 51) 1996.05~;本タイトル等は最新号による;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本病跡学懇話会 (-16号);頒布者変遷: 金剛出版 (22号-72号);[ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 大伴家持の病跡 / 川田行雄 / p2~12
  • 小林一茶の作風と生い立ちとの関係について / 三﨑久好
  • 牛島定信 / p13~20
  • 鷗外の「他者指向性」 / 高橋正雄 / p21~28
  • 森田正馬の病跡(I)森田の性格特徴と森田療法の起源 / 大原健士郎
  • 大原浩一 / p29~38
  • 森田正馬の病跡(II)土佐の女性(はちきん)と家庭的療法 / 大原健士郎
  • 大原浩一 / p39~48
  • 吉行淳之介の病跡--「うつ」の意味について / 大瀧和男 / p49~55
  • 古井由吉の作品『栖』,『親』について--エピ・パトグラフィーの観点から / 榎戸芙佐子 / p56~65
  • 海外文献紹介 M.M.フィヒター:フランツ・カフカのやせ症 / 阿部隆明 / p66~67
  • 海外文献紹介 ウィルフレッド・ニールス・アーノルド:フィンセント・ヴァン・ゴッホとスジョンとの結びつき / 滝口直彦 / p68~68
  • 古典紹介 以貴小伝 / 王丸勇 / p69~70
  • 訪古叢談(16)英雄とエジプスコンプレックス / 王丸勇 / p71~72
  • 書評 馬場禮子著:『言葉の深層へ』 / 江原由美子 / p73~74
  • 投稿規定 / / p75~75
  • 編集後記 / M. K. / p75~75
  • 日本病跡学会会則 / / p76~76

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本病跡学雑誌
著作者等 日本病跡学会
日本病跡学懇話会
書名ヨミ ニホン ビョウセキガク ザッシ
書名別名 Japanese bulletin of pathography

Nihon byosekigaku zasshi
巻冊次 (37)
出版元 日本病跡学会
毎日学術フォーラム
刊行年月 1989-04
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02858398
NCID AN00196679
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00036657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想