月刊民放  16(10)(184)

日本民間放送連盟

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 26 (6) 1996.06~;本タイトル等は最新号による;[1巻1号通巻1号]~;総合索引1巻1号通巻1号 (1971年6月) ~27巻3号通巻309号 (1997年3月) : 「月刊民放総合索引」 日本民間放送連盟編集部刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • ずいひつ / 関口欽也
  • 禱直文
  • 味方重敏 / p4~5
  • 特集 どう語り継ぐか、戦争体験「8月ジャーナリズム」を振り返って / / p6~30
  • まず、戦後ジャーナリズムの"原点と背景"正視から 「視聴覚による追体験の意味」と「媒体の社会的責任」の重さを見直して / 茶本繁正 / p6~9
  • いま、テレビ・ジャーナリズムに問われる「戦争」への認識 「風化」すすむ時代環境に、使命全うと、制作者の人間としての誇りに期待 / 山中恒 / p10~13
  • 四十一年目の夏-メディアが伝えた「戦争と平和」 風化すすむ「戦争体験」を語り継ぐ制作者の"視点" / 佐藤伊佐雄
  • 槌田禎子
  • 徳丸望
  • 早河洋
  • 山本喜介
  • 安田穰
  • 菅野利美
  • 船山忠弘
  • 中村欣資
  • 藤田光
  • 坪井啓
  • 緒方修
  • 島崎素彦 / p14~30
  • 複眼の考査 (1) 芽が出るか、公正な「比較広告」 / 神津晁生 / p31~31
  • 制作ノートから 子どもの興味変化に対応しながら…… 天才クイズ / 山本茂夫 / p41~43
  • 新局登場 エフエム山陰 / / p42~42
  • ズーム・アップ 平和へのジャーナリズム活動に期待…… ジャーナリストと市民の集い / / p40~40
  • シリーズ・ドキュメンタリーわが視点 (30) 市井の人の現実を、「録音」という言語で再現 / 大越陞助 / p32~35
  • "地域性"を捉えた防災・安否放送の備えを / 広井脩 / p36~39
  • 放送倫理情報 番組審議会ハイライト 「ナマの声で史実を実感させるラジオの原点/"ファミコン文化"の多面的な捉え方に好感」 / / p44~45
  • 放送倫理情報 番組審議会議題一覧 61年6月 / / p46~47
  • らいぶらりい / 伊豫田康弘
  • 汀邦彦 / p48~49
  • 放送日誌(61年7月) / / p50~50

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊民放
著作者等 日本民間放送連盟
書名ヨミ ゲッカン ミンポウ
書名別名 Gekkan minpo
巻冊次 16(10)(184)
出版元 コーケン
刊行年月 1986-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03873811
NCID AN0011217X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00032232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想