看護展望  21(2)(244)

国立国会図書館雑誌記事索引 26 (1) (通号: 308) 2001.01~;本タイトル等は最新号による;[1巻1号=1号] -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集/看護業務改善′96 / / p1~176
  • 編集にあたって / 『看護展望』編集室 / p1~1
  • PartI 看護業務改善の推進・支援体制 / / ~20
  • 組織再編成による業務改善の推進と支援体制 / 吉田和子
  • 増子ひさ江 / p6~10
  • その役職に応じた推進・支援の一方法をとおして / 中島恵津子 / p11~16
  • 看護業務改善は看護婦の意識改革から / 岸本まき子 / p17~20
  • PartII 看護業務改善の実際 / / ~57,59~176
  • 1.全病院体制で取り組む業務改善 / / ~57
  • 新病院移転を契機にした看護業務改善 / 新庄ヒデ子
  • 山崎節子 / p22~29
  • オーダリングシステム導入の取組みと看護業務への影響 / 中村慶子・他 / p30~41
  • SPDシステム導入とそのメリット / 西山弘子
  • 野口素・他 / p42~48
  • 適正定数配置と重点管理に視点をあてた物品管理 / 山口千恵美・他 / p49~52
  • 定数補充カート交換式導入による物品管理の改善 / 則松都子・他 / p53~57
  • 2.他職種と連携して取り組む業務改善 / / ~88
  • リネン交換業務外部委譲の過程が日常の看護の見直しの契機に / 梅津キミ / p60~67
  • 薬剤科との話合いにより達成した2つの業務改善 / 大河原通子
  • 小西初子 / p68~73
  • 看護婦と病棟専任薬剤師,互いの専門性の理解が成功を導く / 二瓶律子
  • 大神ヨシ子 / p74~78
  • 業務の専門性と効率化を基盤としたコ・メディカルとの連携 / 半田幸代 / p79~83
  • 他職種とともに目指す患者中心の医療サービス / 安田まゆみ / p84~88
  • 3.看護部門で取り組む業務改善 / / ~176
  • 申し送り廃止のプロセスと現在 / 三吉規子 / p90~95
  • 看護婦の意識変革をもたらした申し送り廃止 / 板橋イク子 / p96~103
  • 申し送りの廃止に向け〝情報用紙〝を作成・活用 / 水野啓子 / p104~108
  • 「時短」1800労働時間への取組み / 弁野由起子 / p109~114
  • 手術を安全に効率良く行うための手術部業務改善 / 遠藤圭子
  • 山本南生美 / p115~122
  • ケアの充実を目的とした看護補助者業務改善 / 立原幸子
  • 一木順子 / p123~129
  • 効果のみられた看護助手の導入・活用法 / 木戸栄子 / p130~135
  • 2交替制勤務の進め方と管理者の課題 / 市川幾恵 / p136~142
  • 看護婦の意見を尊重しながら進めた2交替制勤務 / 畑瀬初美
  • 大原与志子 / p143~148
  • 根拠を示しながら進める夜勤体制の充実・業務改善 / 千葉享江 / p149~155
  • 受持ち方式の変更で実現したベッドサイドケアの充実 / 草野陽子
  • 内海恭江・他
  • 神経・筋病棟スタッフ / p156~166
  • 直接看護を高めるための要因は何か / 後藤佳子・他 / p167~172
  • 看護婦はもちろん患者にも好評のウォーキングカンファレンス / 竹森チヤ子
  • 宮城恵里子 / p173~176

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 看護展望
著作者等 メヂカルフレンド社
書名ヨミ カンゴ テンボウ
書名別名 Japanese journal of nursing science

The Japanese journal of nursing science
巻冊次 21(2)(244)
出版元 メヂカルフレンド社
刊行年月 1996-01
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0385549X
NCID AN00046610
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00029855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想