月刊放送ジャーナル  17(1)(176)

放送ジャーナル社 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 29 (4) (通号: 311) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;改題注記 : 「メディアjournal」の改題, 巻次を継承

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 62年はFM・TV多局化進捗年 東・阪第2FM、熊本・石川TV一本化 / A / p18~18
  • "都市CATV"今年こそ正念場 62年は議論よりも実行の年に / S / p19~19
  • 比較広告はどこまで可能なのか? 今年6月に公取がガイドライン発表へ / N / p20~20
  • プロビデオ界に明るい展望 "結果"と"将来"の違いは? / Y / p21~21
  • 特集 '87メディア展望 / / p27~47
  • 「時代」が移りかわるときの二つのキーワード ソフト・イノベーションと調査営業について / 野崎茂 / p27~33
  • ニューメディアの着実なステップを記す年に 衛星放送・ハイビジョン・文字放送等 / 仙崎隆保 / p34~35
  • 日本のケーブルテレビの将来図 強力な運営者と対価意識を持った加入者の育成を / 石黒公 / p36~37
  • 地上系と競合しない新しい需要を開拓 宇宙メディア『スーパーバード』 / 橋本毅 / p38~39
  • 最後に生き残るものは…… 衛星時代のソフトを考える / 揮大坊三恵 / p40~41
  • 衛星からのPCM音楽サービス 事業開始の準備にあたって / 桑村緑男 / p42~43
  • 65年にターゲットをおいて事業計面策定 日本衛星放送(株)の歩みと62年展望 / 城石尚治 / p44~45
  • 広告主にとってニューメディアは有効か? 重要なのはニュー・コミュニケーション / 奥平康郎 / p46~47
  • 過熱する「写真週刊誌」報道の波紋 ビジュアル・メディアの自浄努力いそぐ時 / 明石光一 / p50~51
  • グラビア ′86国際放送機器展レポート 民放連、明日の放送システムを展示 / / p56~
  • 放送界の新秩序作りベースに乗った 中川民放連会長、昨年は基盤ができた年 / / p52~52
  • 斉藤経団連会長がFM一本化呼びかけ 東京地区申請グループ化と代表選任 / / p53~53
  • <続>CATV自主番組編成論・私論 番外 衛星ビジネスを成功させるためのネットワーク構築を / 村上昌 / p64~65
  • FM放送調査情報 FM青森開局、新潟予免に次ぐ(東)(阪)第2局 / 安藤 / p60~61
  • 日本電気、芝に新本社超高層ビル 65年春地上43階、地下4階完成 / / p62~62
  • 郵政省「スペース・ケーブルネット推進懇談会」発足 / / p63~63
  • CATV北から南から「わが町わがテレビ」 / / p66~68
  • フォト・トピックス / / p4~
  • ニュース・スポット / / p22~25
  • MONTHLY MEMO / / p70~70
  • ビデオ・トピックス / / p72~73
  • 巻末特別資料 民放各社の60年度実績・全136社 / / p76~79
  • 新製品紹介 / / p74~75
  • 編集局 / S / p80~80

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊放送ジャーナル
著作者等 放送ジャーナル社
書名ヨミ ゲッカン ホウソウ ジャーナル
書名別名 月刊

放送ジャーナル
巻冊次 17(1)(176)
出版元 放送ジャーナル社
刊行年月 1987-01
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03853810
NCID AN00074183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00029544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想