月刊放送ジャーナル  15(1)(154)

放送ジャーナル社 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 29 (4) (通号: 311) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;改題注記 : 「メディアjournal」の改題, 巻次を継承

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 放送衛星5年以内未使用に返還論 ワシントン計画委員会の論調 / A / p11~11
  • 電力会社が一方的契約内容強要 JCTA,全く容認できずと反論 / S / p12~12
  • 基幹民放の企業間格差生じるか? 新時代の経営方法見直されるとき / N / p13~13
  • VHS"HQ"システムに期待 画質の向上こそビデオの基本 / / p14~14
  • 新春特集 '85メディア展望 / / p20~45
  • いま電気通信政策は… 政策官庁を目指す郵政省 / 保田清志 / p20~21
  • 新聞界のニューメディア対応 総合情報メディア,社会的役割さらに増大 / 田所泉 / p22~23
  • CATVの振興を目途に 60年-CATV行政のポイント / 榊原盛吉 / p24~25
  • CATV業界の当面する課題と対応 数々の難問も飛躍への試練 / 井出幸一 / p26~27
  • 日・米核に解けるか世界の広告規制 21世紀へグローバルマーケティング / 絹村和夫 / p28~29
  • 今年こそJISO機能発揮の正念場 画期的だったロス五輪の2画面伝送 / 梅本昭 / p30~31
  • 「UTN文字ニュース」放送を始めて 地元ニュースとの連結が今後の課題 / 北野利市 / p32~33
  • 昨年7局予免,新記録超えられるか FM未割当地区の詰め今年の課題 / 編集部 / p34~35
  • 1年間吹き荒れた広告税・事業税問題 60年以降広告界対応に方向転換の必要も / 編集部 / p36~37
  • クロスメディア時代へのプロダクションの対応 ブラウン管の多様化とシステム / 編集部 / p38~39
  • 日本登場から10年を経過したENGシステム テープから固体メモリーへ?次代ENGを占う / 編集部 / p40~41
  • さらに広がった広告会社の国際化展開 米広告会社15位までが日本に拠点 / 編集部 / p42~43
  • 本格化するAMステレオ推進対策 「中波放送技術懇談会」も発足 / 編集部 / p44~45
  • グラビア 大盛況だったCATV'84 第10回「日本CATV大賞」発表会・贈賞式も / / p56~
  • 日本衛星放送(株)59年内発足果たす 申請競願1年半ぶりで設立 / 編集部 / p48~49
  • (株)エフエム中九州予備免許の全容 熊本地区第4次プラン9番目 / / p50~51
  • 科学万博放送局スタート間近に 文化放送の担当者ら史上初の事業に意欲 / / p60~61
  • 新聞協会,航空取材要領の一部改訂へ ヘリ取材増加に伴い小委で検討 / / p62~62
  • CATV北から南から「わが町わがテレビ」 / / p64~66
  • ニュース・スポット / / p16~18
  • MONTHLY MEMO / / p67~67
  • ビデオトピックス / / p68~69
  • 新製品紹介 / / p70~71
  • 編集局 / S / p72~72
  • 既刊案内 / / p73~73

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊放送ジャーナル
著作者等 放送ジャーナル社
書名ヨミ ゲッカン ホウソウ ジャーナル
書名別名 月刊

放送ジャーナル
巻冊次 15(1)(154)
出版元 放送ジャーナル社
刊行年月 1985-01
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03853810
NCID AN00074183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00029544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想