月刊放送ジャーナル  [8](11)(86)

放送ジャーナル社 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 29 (4) (通号: 311) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;改題注記 : 「メディアjournal」の改題, 巻次を継承

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 FM免許とラジオ周波数変更 / / p7~16,18~22,24~26,32~34,36~37,39~42,44~48,50~54
  • FM免許にGO! / / p7~16
  • FM免許プラン問題の総決算 政府基本構想と与党審議・修正のすべて / / p7~16
  • その1・自民党内差し戻し審議など終盤の顚末 / / p7~8
  • その2・政府原案からFMプロジェクトの結論まで / / p9~11
  • その3・左藤恵自民党政調通信部会長にきく 疑義正し公正,公平なFM放送の普及図った / 左藤恵
  • 安藤 / p12~14
  • その4・FM新免有力候補地区と免許審査の行方 / / p15~16
  • ラジオ編成におけるFM放送多局化対策 / / p24~26
  • 最前戦のメディアであるために / 松井邦雄 / p24~26
  • AMラジオの積極的な位置づけを / 小林俊策 / p26~26
  • FM放送の免許に望む 音声放送の抜本構想を FMの経営に充分な留意を / / p18~19
  • 海外情報 AMに肉迫するアメリカのFM放送 / / p20~22
  • 9~10月度のFM免許申請状況 / / p32~33
  • 地区別FM免許申請状況 10月末日現在 / / p34~34
  • 中波ラジオ周波数の国際協定移行に思う / 北斗星 / p44~45
  • 中波周波数・国際再編元年スタート / / p50~55
  • アンケート調査 11月23日一斉変更PR作戦 / 編集部 / p50~54
  • NHKも番組改定とセットで一大PR作戦展開 / / p55~55
  • 全民放中波ラジオの新周波数一覧 / / p46~48
  • 民放ラジオ放送界・ミニ情報 FM放送とPCM回路/「NRN運営協議会」発足/行政に党の介入は疑問/モスクワ五輪は民放主体で/中波社がFM波の部分活用打診 / / p62~63
  • 米国でクローズアップされるAMステレオ放送 / / p54~54
  • グラビア 78エレクトロニクスシヨーにCATVコーナー特設 全国的に普及・発展を続けるCATVを一般にPR / S / p36~
  • 時局インタビュー 衛星は生命財産の保全最優先に / 志賀節 / p39~42
  • ドキュメント・後楽園巨人戦ラジオ中継問題 第2次ラジオ・ネットワーク戦争へ拡大 / 編集部 / p58~61
  • 変貌する世界のメディア (24) 米国のAMステレオ放送の動向 / 片方善治 / p64~67
  • NNS市川支局開局 開局8年で23,000加入,日本最大のCATV局に / 編集部 / p68~69
  • CATV北から南から「わが町わがテレビ」 / 編集部 / p70~70
  • MONTHLY MEMO / / p72~72
  • 新製品紹介 / / p73~75
  • 編集局 / A / p76~76
  • 既刊案内 / / p77~77

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊放送ジャーナル
著作者等 放送ジャーナル社
書名ヨミ ゲッカン ホウソウ ジャーナル
書名別名 月刊

放送ジャーナル
巻冊次 [8](11)(86)
出版元 放送ジャーナル社
刊行年月 1978-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03853810
NCID AN00074183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00029544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想