リハビリテイション心理学研究  6

心理リハビリティション研究所 [編集]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 22・23) 1996.03~;本タイトル等は最新号による;別冊とも;出版地の変更あり;出版者変遷: 心理リハビリテイション研究所 (-11巻);1巻~30巻(2002),31巻1号(2003)~

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • はしがき(綜合研究) / 成瀬悟策 / p1~2
  • 歩行動作に関するさまざまな下位動作の関係について / 門前進
  • 成瀬悟策 / p3~7
  • 原始反射様定型の形成とその解消過程 / 大野清志 / p8~16
  • ボディー・ダイナミックスからみた姿勢の確立と歪み / 鶴光代 / p17~24
  • 筋電図法による手腕運動の自己制御系の発達と障害--視覚フィード・バックによる脳性マヒ児の単位動作学習 / 糸永和文
  • 高木俊一郎 / p25~33
  • 脚動作ラテラリティーの発達と障害 / 曻地勝人
  • 城戸正明 / p34~40
  • 動作空間における準拠基準の発達と障害 / 亀口憲治 / p41~46
  • 三次元動作空間における準拠基準の発達と障害--歩行距離の関数としての偏倚量の解析 / 山本昌央
  • 山内光哉 / p47~54
  • 描線動作からみた知覚運動系の発達と障害 / 高橋良幸 / p55~59
  • 脳性マヒ児における動作の修正的制御に関する基礎的研究 / 大野博之 / p60~65
  • はしがき(特定研究) / 成瀬悟策 / p67~67
  • 動作不自由と眼球運動(1)-ポインティング動作における眼球運動の役割 / 緒方登士雄
  • 成瀬悟策 / p68~71
  • 動作不自由と眼球運動(2)-水平な線がき動作について / 丸山千秋
  • 成瀬悟策 / p72~76
  • 動作不自由と眼球運動(3)-垂直な線がき動作について / 門前進 / p77~81
  • 三次元空間認知に及ぼす運動障害の影響--CP児・健常児における訓練効果の分析 / 山内光哉
  • 古橋啓介
  • 山田幸代 / p82~87
  • 姿勢制御に関する基礎研究--立位姿勢における筋活動と重心について / 大野博之
  • 緒方登士雄 / p88~94
  • 脳性マヒ児の運動記憶におよぼす慢性緊張の影響 / 柴山謙二 / p95~97
  • 図形イメージ処理過程の分析 / 弓野憲一
  • 菱谷晋介 / p98~102

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 リハビリテイション心理学研究
著作者等 心理リハビリティション研究所
心理リハビリテイション研究所
日本リハビリテイション心理学会
日本リハビリテイション心理学会編集委員会
書名ヨミ リハビリテイション シンリガク ケンキュウ
書名別名 The journal of rehabilitation psychology

Rihabiriteishon shinrigaku kenkyu
巻冊次 6
出版元 日本リハビリテイション心理学会
刊行年月 1978-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03895599
NCID AN00250242
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00028077
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想