臨床免疫  29(2)(320)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I RAの病因・病態に関する最近の進歩 / / p155~191
  • RAの遺伝要因としてのMHC / 竹内二士夫 / p155~161
  • 糖鎖異常IgGとマンノース結合蛋白質による補体系の活性化 / 中田宗宏,ほか / p162~168
  • RA滑膜細胞の増殖と細胞死 / 今村史明,ほか / p169~176
  • RA滑膜細胞増殖機構とその人為的制御 / 江口勝美,ほか / p177~183
  • RA滑膜におけるサイトカインと接着分子のクロストーク / 田中良哉 / p184~191
  • 特集II T細胞の分化と機能発現における細胞内シグナル / / p192~207
  • Anergic CD4⁺T細胞におけるシグナル伝達異常 / 榊田悟 / p192~199
  • T細胞の胸腺内分化と選択におけるシグナル伝達 / 山下政克,ほか / p200~207
  • 抗原提示におけるプロテアソ-ムの役割とその制御機構 / 田中//啓二 / 208~216<4141159>
  • 発作性夜間血色素尿症の発症と遺伝子異常 / 竹田//潤二 / 217~222<4141160>
  • Jak-2インヒビターを用いた急性リンパ性白血病の抑制 / 森尾友宏 / p223~226
  • FcγRII遺伝子ノックアウトマウスにおけるマスト細胞の異常活性化 / 高井俊行,ほか / p227~234
  • IL-4シグナル伝達におけるStat6の役割 / 竹田潔,ほか / p235~241
  • 腸内細菌とGvHD / 田中和生,ほか / p242~246
  • H2-M欠揖マウスにおける抗原提示能とT細胞増殖能 / 小笠原一誠 / p247~251
  • 珪酸化合物のスーパー抗原活性 / 植木絢子 / p252~258
  • 主要組織適合遺伝子複合体領域は脊椎動物ゲノムにおいて重複している / 笠原正典 / p259~264
  • COX-2の疾患における役割とCOX-2ノックアウトマウスの病態 / 佐野統 / p265~273
  • rδT細胞による腫瘍細胞傷害 / 海老名卓三郎 / p274~280
  • プロテアーゼインヒビターによるアポトーシスの制御 / 宮崎裕行,ほか / p281~288
  • 抗原レセプター遺伝子の再構成とTdT / 小守壽文 / p289~294
  • B細胞の分化と間質細胞 / 矢内信昭 / p295~300
  • 次号予告 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末
  • 投稿規定 / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology

Rinsho men'eki
巻冊次 29(2)(320)
出版元 科学評論社
刊行年月 1997-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想