臨床免疫  23(3)(249)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I 抗原提示をめぐつて / / p331~387
  • 抗原提示細胞のプロテアーゼと抗原提示能 / 山下慶三,ほか / p331~337
  • 抗原ペプチドとクラスIおよびII MHC分子の結合を規制する要因 / 相沢志郎 / p338~349
  • ペプチド競合による抗原提示能の阻止と自己免疫病のペプチド治療 / 松本陽 / p350~360
  • I-J分子と免疫不応答性の誘導 / 浅野喜博 / p361~368
  • B細胞の抗原提示能とサイトカイン / 成内秀雄 / p369~375
  • 抗原提示細胞の種類と自己免疫の誘導 / 垣本毅一 / p376~387
  • 特集II 免疫応答と接着分子 / / p388~440
  • 接着分子,特にインテグリンの免疫応答調節における役割 / 八木田秀雄 / p388~400
  • 胸腺リンパ球と胸腺上皮細胞の相互作用における接着分子 / 野々山恵章 / p401~409
  • キラー細胞の標的細胞への作用と接着分子 / 中村哲也 / p410~421
  • 抗原提示細胞とT細胞の相互作用における接着分子 / 永井由美子,ほか / p422~430
  • 好中球,マクロファージ,リンパ球の血管外遊出と接着分子 / 玉谷卓也,ほか / p431~440
  • 免疫グロブリンG糖鎖の構造と機能,その病変 / 遠藤//玉夫 / p441~449<3723846>
  • サイトカインあるいはそのレセプターを標的とした臓器移植反応治療の試み / 加藤俊一 / p450~456
  • ダニ主要アレルゲンについて / 安藤徹,ほか / p457~461
  • HIVとマクロファージ / 原田信志 / p462~466
  • SuperantigenとγδT細胞 / 吉開泰信 / p467~472
  • 次号予告 / / 号末
  • 「免疫薬理」投稿規定 / / 号末
  • バックナンバー / / 前付

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology

Rinsho men'eki
巻冊次 23(3)(249)
出版元 科学評論社
刊行年月 1991-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想