マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌  (198)

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 349) 1998.01~;本タイトル等は最新号による;タイトル関連情報変遷: ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌 (354号-375号);[1号]-;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本マスコミ市民会議 (-318号)→ マスコミ情報センター (319号-355号)→ マスコミ市民 (356号-442号);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 再選・中曽根政権の課題と行方 / 新聞記者 / p2~7
  • 過疎脱却への危険な賭け--北の町・幌延の死の灰墓場誘致話 / 小笠原信之 / p8~13
  • マスコミ日記--要員減のシワ寄せが生むマスコミ労働者の健康問題--グリコ・森永事件のビデオ公開における報道機関の"密告の奨励"--中曽根「失政」と幻の二階堂連立政権構想--FM兼営を主張するラジオ単営局の実情と苦悩--劇画とコピーで若者向けを狙う自衛隊PR広告--出版界を蝕む"資本の論理"による下清け化--広告課税の狙いはマスコミ制御と軍事財源 / 青木貞伸 / p14~27
  • 「有事法制」研究にみる軍事の論理--防衛庁の二つの「中間報告」をめぐって / 古川純 / p28~33
  • 市民のひろば / 高木勝
  • 山崎
  • 小西正行
  • 山田守人
  • 浜島宮矢夫 / p34~37
  • グリコ・森永事件とマスコミ / 大門一樹 / p38~41
  • 日本人は自民党と心中しろ!--日本暗黒資本主義の分析(30)軍事費一%枠堅持の意味 / 室伏哲郎 / p42~47
  • 連載第十一回・最終回 犯罪報道は変えられるか "匿名報道主義"を運動に / 浅野健一 / p48~55
  • マスコミ・デスクメモ--一九八四年二~三月 / 編集部 / p56~62

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌
著作者等 マスコミ市民フォーラム
マスコミ市民編集部
マスコミ情報センター
日本マスコミ市民会議
書名ヨミ マスコミ シミン : ジャーナリスト ト シミン オ ムスブ ジョウホウシ
書名別名 ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌

月刊マスコミ市民
巻冊次 (198)
出版元 アストラ
マスコミ市民フォーラム
刊行年月 1985-01
ページ数
大きさ 21cm
全国書誌番号
00022524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想