マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌  (257)

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 349) 1998.01~;本タイトル等は最新号による;タイトル関連情報変遷: ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌 (354号-375号);[1号]-;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本マスコミ市民会議 (-318号)→ マスコミ情報センター (319号-355号)→ マスコミ市民 (356号-442号);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 新連載 日録・テレビニュース最前線から / 江口直彦 / p2~13
  • デスクのつぶやき 宙ぶらりんの悲哀 / 淳 / p14~15
  • 一九八九年-出版業界を検証する / 小林一博 / p16~23
  • ジャーナリストの眼 激動する国際情勢への認識を欠く時代錯誤の日本の政治・外交 / 小 / p24~27
  • 海上自衛隊の資料公開問題について / 謝花良広 / p28~29
  • "有害図書〟販売規制と最高裁判決--岐阜県青少年条例の合憲判決批判 / 清水英夫 / p30~41
  • 戦争と平和のジャーナリズム(下) / 門奈直樹 / p42~49
  • マス・メディアと女性の人権--(4)放送に男女平等の実現を / 鈴木みどり / p55~59
  • 新聞と戦争--二・二六事件と『時事新報』の抵抗 / 高梨正樹 / p76~81
  • マスコミ日記--コンピュータ業界の超安値受注競争で浮き彫りになった歪んだ"一円〟落札事件--靖国神社公式参拝の憲法判断を避け訴えの門戸を閉ざした大阪地裁の不快な判決--NHKとセゾングループの思惑が一致して生まれた東京ハイビジョンの共同事業--電子ウィルスの流行で心配される報道機関コンピュータ=データベースへの侵入--犯罪報道の呼び捨てをやめた『毎日』『共同』だが全てに「さん」「氏」をつけたら?--アメリカ両院本会議が日本に押しつけた在日米軍基地経費全額負担と報道の怠慢--法廷のテレビ・ビデオテープを検閲した仙台地裁とこれに応じたテレビ局の堕落--幹事長が「あの『朝日』が書いて」と言った国民税制改革協議会の法的位置づけ / 青木貞伸 / p60~75
  • 市民のひろば / 津山和彦
  • 宮嶋實理
  • 杉田達彦
  • 飯田篤郎
  • 堀田昇三
  • 青木敦也 / p50~54
  • マスコミ・デスクメモ / / p82~88
  • 『マスコミ市民』総目次 / / p89~94

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌
著作者等 マスコミ市民フォーラム
マスコミ市民編集部
マスコミ情報センター
日本マスコミ市民会議
書名ヨミ マスコミ シミン : ジャーナリスト ト シミン オ ムスブ ジョウホウシ
書名別名 ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌

月刊マスコミ市民

Masukomi shimin
巻冊次 (257)
出版元 アストラ
マスコミ市民フォーラム
刊行年月 1990-01
ページ数
大きさ 21cm
全国書誌番号
00022524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想