マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌  (244)

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 349) 1998.01~;本タイトル等は最新号による;タイトル関連情報変遷: ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌 (354号-375号);[1号]-;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本マスコミ市民会議 (-318号)→ マスコミ情報センター (319号-355号)→ マスコミ市民 (356号-442号);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 憲法からみた天皇制度--最近の天皇報道の危険な役割 / 横田耕一 / p2~9
  • 天皇と天皇制をどうするか--迫られる三つの選択 / 星野安三郎 / p10~17
  • 現代とジャーナリズム 天皇の戦争責任 / 茶本繁正 / p18~25
  • 検察のビデオ押収と「報道の自由」 / 斎藤文男 / p26~33
  • ジャーナリストの眼 政治腐敗と「自」公民路線 / / p34~37
  • マスコミ現場から 公・民両党の"裏切り"による消費税導入の茶番劇 / 原田淳之助 / p38~39
  • 新聞と戦争--美濃部達吉と天皇機関説 / 高梨正樹 / p58~63
  • 近未来ドキュメンタリー・ノヴェル 深海底大戦争 / 室伏哲郎 / p64~73
  • 記者のメモ帖 / / p56~57
  • 総目次--No.231('87・12)~No.243('88・12) / / p74~78
  • マスコミ日記--東京地検の日本テレビ・ビデオテープ強制押収に放送局は足並みをそろえ抗議を--アメリカ海軍の射撃訓練事件をまる一日伏せた政府と「番犬ではなく狂犬」発言--税制改革法案(消費税)衆院可決を助けた公明・民社に噂される密約、取り引き--リクルート疑惑隠しのため議院証言法改悪で「知る権利」を閉め出した証人喚問--全・前大統領はファミリーぐるみの不正や光州事件で詫びて落郷したが責任は……--解明班を設けてリクルート疑惑の全容解明に取り組む地検特捜部と江副氏の偽証--JR東中野駅で起きた電車追突事故で明らかになった安全無視の管理・運行体制--遅すぎたNHKと民放五社報道局長による議院証言法撮影禁止条項への申し入れ / 青木貞伸 / p40~55

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌
著作者等 マスコミ市民フォーラム
マスコミ市民編集部
マスコミ情報センター
日本マスコミ市民会議
書名ヨミ マスコミ シミン : ジャーナリスト ト シミン オ ムスブ ジョウホウシ
書名別名 ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌

月刊マスコミ市民
巻冊次 (244)
出版元 アストラ
マスコミ市民フォーラム
刊行年月 1989-01
ページ数
大きさ 21cm
全国書誌番号
00022524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想