マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌  (252)

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 349) 1998.01~;本タイトル等は最新号による;タイトル関連情報変遷: ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌 (354号-375号);[1号]-;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本マスコミ市民会議 (-318号)→ マスコミ情報センター (319号-355号)→ マスコミ市民 (356号-442号);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 「欠陥」消費税は出直し改革を / 原田淳之助 / p2~9
  • リクルート疑獄の"奇妙な結末" / 三浦道人 / p10~27
  • ジャーナリストの眼 竹下退陣、田中なき田中支配の終焉を / 鳥 / p28~31
  • 地方から中央包囲をめざす"スパイ防止法"制定の動き / 百田満広 / p32~35
  • 現代とジャーナリズム 不戦兵士の会 / 茶本繁正 / p36~43
  • 韓国に吹き荒れる逆風--『ハンギョレ新聞』論説顧問逮捕の背景 / 韓桂玉 / p44~49
  • 朝霞事件の一審判決を読む / 小倉健 / p52~59
  • 新聞と戦争--国際連盟脱退と『時事新報』の正論 / 高梨正樹 / p74~79
  • 記者のメモ帖--二輪車 / / p50~51
  • 市民のひろば / 安間和久
  • 赤井沢孝
  • 岸田詩夫
  • 竹田
  • 中村守
  • 藤木光男
  • 大友りよ
  • 鎌田隆宣
  • 山口
  • 林寛
  • 秋山
  • 益田裕一
  • 林俊一
  • 杣道夫 / p80~94
  • マスコミ日記--NHK島会長選任と経営委のあり方に「怪文書」でしか抵抗できない状況なのか--身を引くことで地検の捜査を避けたのか竹下首相退陣表明とカネにまつわる暗部--無原則な従属外交で譲歩を重ねたFSXの共同開発をめぐる日米協議決着の中身--政界の事情聴取を公明党代議士からはじめたり疑獄はあまりにも"政治的"すぎ--米海軍の水爆搭載機水没事故で明らかになった核持ち込みの事実と隠した両政府--暗い時代を象徴する行動右翼二人の計画的暴力による言論の封じ込め事件に怒り--カメラマンによる自作自演報道でジャーナリズムとしての信頼を失墜させた朝日 / 青木貞伸 / p60~73

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌
著作者等 マスコミ市民フォーラム
マスコミ市民編集部
マスコミ情報センター
日本マスコミ市民会議
書名ヨミ マスコミ シミン : ジャーナリスト ト シミン オ ムスブ ジョウホウシ
書名別名 ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌

月刊マスコミ市民

Masukomi shimin
巻冊次 (252)
出版元 アストラ
マスコミ市民フォーラム
刊行年月 1989-07
ページ数
大きさ 21cm
全国書誌番号
00022524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想