周産期医学  22(11)

東京医学社

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 15 (7) 1985.07~;本タイトル等は最新号による;1巻1号~

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 周産期とAIDS / / p1505~1602
  • 周産期医療とHIV感染 / 多田裕 / p1505~1508
  • HIVのウイルス学 / 松田和洋 他 / p1509~1514
  • HIV感染と周産期 / 根岸昌功 / p1515~1517
  • HIV感染の世界の現状 / 塩川優一 / p1519~1522
  • HIV感染の日本の現状 / 南谷幹夫 / p1525~1528
  • HIV感染のアジアの現状 / 前田秀雄 / p1529~1532
  • HIV母子感染のアメリカの現状 / 小林隆夫 / p1533~1540
  • 我が国のエイズ対策 / 冨澤一郎 / p1541~1544
  • HIV陽性患者の妊娠・分娩の取り扱い / 宮澤豊 他 / p1545~1550
  • 小児のHIV感染の特徴 / 山田兼雄 他 / p1551~1554
  • 妊婦のHIV検査とインフォームド・コンセント / 久保隆彦 他 / p1557~1560
  • 保健所におけるHIV検査の現状と対策 / 鈴木和子 / p1561~1567
  • 一般病院におけるHIV検査の現況 / 堀口貞夫 / p1568~1574
  • 医療従事者のHIV感染の実態と予防対策 / 松田重三 / p1575~1580
  • 日本のSTDの現状とHIV感染 / 植村一郎 / p1581~1587
  • エイズ予防教育 / 武田敏 / p1589~1593
  • HIV感染の予防と公衆衛生活動--長野県 / 中澤弘行 / p1595~1598
  • HIV感染の予防と地域活動--栃木県 / 上地弘二 / p1599~1602
  • 目でみる新生児疾患(18)パタウ症候群 / 島田信宏 / p1502~1503
  • Rho(D)不適合妊娠における未感作妊婦の感作予防--妊娠28週と分娩後における抗D免疫グロブリンの投与について / 浮田昌彦 他 / p1605~1608
  • 妊娠性貧血に関する一考察 / 田川博之 他 / p1609~1611
  • Chlamydia trachomatisの産道感染に関する検討 / 小六幹夫 他 / p1612~1616
  • 妊婦におけるクラミジア抗原および抗クラミジア抗体保有率 / 千田大作 他 / p1617~1620
  • どのような分娩に新生児科医が分娩立合をすべきか / 赤松洋 他 / p1621~1626
  • IUGR児における胎児胎盤循環動態の検討 / 草薙康城 他 / p1627~1631
  • 経皮的ビリルビン濃度測定器による血清ビリルビン測定基準の設定の試み / 嶋田ゆりの 他 / p1633~1636
  • お知らせ / / p1508~1508,1532~1532,1567~1567,1574~1574,1580~1580,1603~1603,1620~1620
  • 求人案内 / / p1637~1637
  • 次号予告 / / p1639~1639
  • 投稿規定 / / p1640~1640

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 周産期医学
著作者等 東京医学社
周産期医学編集委員会
書名ヨミ シュウサンキ イガク
書名別名 Shusanki igaku
巻冊次 22(11)
出版元 東京医学社
刊行年月 1992-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869881
NCID AN00112307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00010944
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想