医薬ジャーナル  35(11)(418)

医薬ジャーナル社

国立国会図書館雑誌記事索引 32 (6) 1996.06~;本タイトル等は最新号による;[1巻1号通巻1号]~

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • グラフィック 連載・化学物質による皮膚障害(2)アレルギー性接触皮膚炎の機序 / 横関博雄
  • 西岡清 / p5~
  • グラフィック 連載・薬剤師のための画像診断(18)消化管の画像診断 / 吉岡寛康 / p12~
  • 医薬ジャーナル論壇 薬剤師による処方チェックで有害事象66%減--米医療チームのJAMA誌報告にみる今日的意味 / 沼田稔 / p39~41
  • メディカルトレンド・姉妹誌から / / p42~49
  • 「アレルギーの領域」改題 アレルギー・免疫--特集・アレルギー・免疫疾患とケモカイン / / p42~44
  • 化学療法の領域--特集・インフルエンザと呼吸器病原ウイルス2.臨床編 / / p44~45
  • 「日常診療と血液」改題 血液フロンティア--特集・血液疾患における遺伝子治療 / / p46~47
  • CLINICAL CALCIUM--特集・ビスホスホネートの癌への新展開 / / p47~49
  • 学会レポート・トピックス 血管新生阻害剤の基礎とその臨床応用--第37回日本癌治療学会総会より:種々の作用薬剤が既に臨床治験進行中,癌細胞への酸素と栄養を絶つ新しい治療戦略,東北大からはETS-1とAC-7700の報告 / / p50~58
  • 薬学ニュース--生体肝移植患者におけるタクロリムスと利尿剤の併用--小樽市における花粉の飛散状況とアレルギー性疾患治療薬処方患者数の変動--In vivoレセプター結合占有率を用いた薬剤性パーキンソニズムの定量的予測に関する基礎的検討--アルコール含有ゲル軟膏からのジクロフェナクの経皮吸収性,皮下組織移行性に及ぼすアジピン酸ジイソプロピルの影響 / KT / p60~61
  • 特集・神経因性膀胱--今月のポイント・p.1~2参照 / / p73~82,85~110<4898139>
  • 1. 序 / 栗田孝 / p73~75
  • 2. 排尿機構と神経支配--神経伝達物質と受容体 / 武田正之 / p76~82
  • 3. 診断・検査 / 橋本潔
  • 朴英哲 / p85~90
  • 4. 病態--蓄尿障害を起こす疾患と排出障害を起こす疾患 / 山口脩 / p91~95
  • 5. 薬物治療 / / p96~103
  • 1) 排出障害を改善する薬剤 / 矢野雅隆
  • 川野圭三
  • 神原常仁
  • 北原聡史
  • 安田耕作 / p96~99
  • 2) 蓄尿障害を改善する薬剤 / 高木隆治 / p100~103
  • 6. 神経因性膀胱に対する手術療法 / 井川靖彦
  • 加藤晴朗
  • 石塚修
  • 西沢理 / p104~110
  • 副作用ニュース--塩酸エホニシピンにてタクロリムス(FK506)血中濃度の上昇をきたした献腎移植の1例--PTU内服中にP-ANCA関連血管炎を発祥した1例--術後に向精神薬離脱症状を起こした1症例--maprotiline投与により紫斑を生じた1例--フェナセチン大量服用者に発生した尿路上皮腫瘍の1例--Ethyl Ioflazepate中止にともない,てんかん重積状態をきたした症候性局在関連性てんかんの1例--十二指腸偽メラノーシスの1例--アルベンダゾールによる脱毛症の1例--高浸透圧利尿剤,炭酸脱水酵素阻害剤で腎機能が悪化した1例--緑内障治療によって生じた偽眼類天疱瘡の2例--D-ペニシラミンによる蛇行性穿孔性弾力線維症の1例 / T / p62~63
  • 治験薬・新薬ニュース--セルトラリンのうつ病に対する臨床評価--逆流性食道炎に対するランソプラゾールの臨床的有用性--骨粗鬆症に伴う疼痛に対するTZ-CTの効果--トポリノンの難治性心不全に対する効果--肝性脳症に対するML-Pの有用性 / Y.T. / p64~65
  • 小特集 1・肺高血圧症--今月のポイント・p.2参照 / / p113~134<4898146>
  • 1. 肺高血圧症の病態と原因 / 国枝武義 / p113~120
  • 2. 肺高血圧症の診断 / 宮崎浩司
  • 大鈴文孝 / p121~127
  • 3. 肺高血圧症の治療 / 川辺哲也
  • 坊岡進一
  • 木下幸子
  • 津田和志
  • 西尾一郎 / p128~134
  • 小特集 2・片頭痛~その予防と対策~--今月のポイント・p.3参照 / / p137~152<4898157>
  • 1. 頭痛の分類と診断上の問題点 / 平田幸一
  • 久保仁
  • 浮田和照 / p137~142
  • 2. 片頭痛の治療~薬物療法~ / 五十嵐久佳 / p143~147
  • 3. 片頭痛治療のトピックス / 下村登規夫
  • 村上文代
  • 小谷和彦
  • 猪川嗣朗 / p148~152
  • MONTHLY PRESS--企業活動:東京田辺と三菱化学が合併,新会社名「三菱東京製薬」(10月1日付け)--アズウェルと高木薬品が合併合意書締結(10月1日)--東邦薬品と同立薬品と合併契約書に調印,東邦が存続会社に(10月8日)--大日本と武田が糖尿病治療薬の開発及び販売で提携--エーザイがアルツハイマー型痴呆治療剤「アリセプト」の製造承認を取得--テルモが腹膜透析容器を塩化ビニル製からポリプロピレン容器に国内発の変更--大正製薬が殺虫剤の市場から今年中に勇退,防虫忌避剤は存続ほか--新製品紹介:強心配糖体「ラニラピッド錠0.05mg」(山之内製薬)--HIV感染症治療薬「プローゼカプセル」(一般名:アンプレナビル)(キッセイ薬品工業)--抗ウイルス化学療法・HIV-1感染症治療薬「ストックリンカプセル」(一般名:エファビレンツ)(萬有)ほか--団体・学会報告:日本の医療改革に対する政策的提言を発表(在日米商工会議所医療機器小委員会)(9/16)--第9回日本病院薬学年会(10/25,26,札幌市)(関連記事p.53)--第58回日本癌学会総会(9/29~31,広島市)--第37回日本癌治療学会総会(10/12-14,岐阜市)(関連記事p.50) ほか / / p66~71
  • 喘息予防・管理ガイドライン--今月のポイント・p.4参照 / 平田奈穂美
  • 興梠博次 / p155~158
  • 服薬指導と患者カウンセリング--米国における患者カウンセリングの実際とそのトレーニング--今月のポイント・p.4参照 / 間辺利江 / p161~167
  • 薬と食の相互作用(2)I.薬と食・嗜好品の出会いで起こる有害作用 1.食・嗜好品が薬を毒にする a) 薬と低塩食 / 澤田康文 / p168~170
  • 新連載 患者のQOL向上と薬剤師の関わり(1)苦味マスキング剤BMI-60の臨床応用 / 斎藤百枝美
  • 尾形浩
  • 江戸清人 / p171~177
  • 薬剤師からみた処方解析(59)小児科の処方(3) / 井尻好雄
  • 竹中洋
  • 片山博視
  • 玉井浩 / p178~182
  • 医薬品情報室 薬物の相互作用--臨床例(174) / 高杉益充 / p184~187
  • 編集長VISITING(192)骨粗鬆症の予防・治療とカルシウム関連薬~ミクロとマクロの世界に見る多彩な働き~大阪市立大学医学部第2内科教授 西沢良記氏 / 西沢良記
  • 沼田稔 / p190~198
  • 愛と憎しみと死のアリア(11)歌劇「ラ・ファヴォリータ」(ドニゼッティ) / 五島雄一郎 / p199~203
  • ほ ん(103)『現代たばこ戦争』/『妻と私』 / 佐藤武男 / p233~233
  • 局所麻酔剤・塩酸ロピバカイン / T / p183~183
  • 薬剤関連略語一覧 / / p223~227
  • 薬価基準新規収載薬識別コード一覧--平成11年9月10日 / / p232~232
  • 次号特集内容予告--特集 1・ビタミンの新たな展開--特集 2・高レムナント血症~脂質代謝異常量から質へ~ / / p234~234

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 医薬ジャーナル
著作者等 医薬ジャーナル社
書名ヨミ イヤク ジャーナル
書名別名 Medicine and drug journal

Iyaku janaru
巻冊次 35(11)(418)
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 1999-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02874741
NCID AN00016857
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00001668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想