実験治療 = The experiment & therapy  (629)

国立国会図書館雑誌記事索引 (248):1950.4 ; (270):1954.3-(284):1955.12;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;復刊1号から506号までの並列タイトル: The experimental therapy;復刊1号から320号までの編者: 実験治療社;復刊1号から復刊8号までには239号から246号という表示もあり;復刊1号 -[復刊] 8号 ; no. 247 (Feb. 20, 1950)-;復刊1号から320号までの出版者: 実験治療社;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集:消化性潰瘍とプロトンポンプインヒビター / / p2~54
  • 巻頭言 ランソプラゾールへの期待 / 竹本忠良 / p2~3
  • 疫学からみた日本人の消化性潰瘍 / 川井啓市 ほか / p4~5
  • 消化性潰瘍のNatural History / 西元寺克禮 / p6~7
  • ストレスと消化性潰瘍 / 並木正義 / p8~9
  • 胃潰瘍と十二指腸潰瘍では治療法が違うのか / 岩崎有良 ほか / p10~11
  • 消化性潰瘍の初期療法・維持療法はどうあるべきか / 木村健 / p12~16
  • 消化性潰瘍治療におけるプロトンポンプインヒビターの位置付け / 菅野健太郎 / p17~20
  • プロトンポンプインヒビターとは / 岡部進 ほか / p21~23
  • プロトンポンプインヒビターをめぐる話題 / / p24~45
  • 色素内視鏡でみた潰瘍治癒過程とプロトンポンプインヒビター / 岡崎幸紀 ほか / p24~25
  • 胃潰瘍再生上皮の形態変化速度と再発 / 星原芳雄 / p26~27
  • 超音波内視鏡でみた潰瘍治癒過程とプロトンポンプインヒビター / 若林貴夫 ほか / p28~29
  • 胃酸と消化性潰瘍 / 中村孝司 / p30~31
  • 24時間胃内pHモニタリングでみた易治性潰瘍と難治性潰瘍 / 芦田潔 ほか / p32~33
  • 逆流性食道炎とプロトンポンプインヒビター / 関口利和 / p34~35
  • H₂受容体拮抗薬抵抗性潰瘍に対するプロトンポンプインヒビターの効果と長期経過 / 浅木茂 / p36~37
  • H₂受容体拮抗薬抵抗性潰瘍とプロトンポンプインヒビター / 浅香正博 / p38~40
  • Helicobacter pyloriとプロトンポンプインヒビター / 田村和也 ほか / p41~43
  • プロトンポンプインヒビターと粘膜保護 / 川野淳 ほか / p44~45
  • プロトンポンプインヒビターによる消化性潰瘍治療の問題点 / / p46~54
  • ECL細胞カルチノイドのガストリン説とは? / 小越和栄 / p46~47
  • プロトンポンプインヒビター投与により消化吸収不良がみられるのか? / 三輪剛 / p48~49
  • プロトンポンプインヒビターは内分泌機能に影響を及ぼすか? / 三澤正 / p50~51
  • プロトンポンプインヒビターはH₂受容体拮抗薬よりも副作用が多いのか? / 佐藤信紘 / p52~54

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 実験治療 = The experiment & therapy
著作者等 実験治療社
武田薬品工業株式会社
實驗治療社
書名ヨミ ジッケン チリョウ = The experiment & therapy
書名別名 The experimental therapy

The experiment & therapy
巻冊次 (629)
出版元 武田薬品工業
刊行年月 1992-12
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 09107967
NCID AN00104932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00107986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想