実験治療 = The experiment & therapy  (606)

国立国会図書館雑誌記事索引 (248):1950.4 ; (270):1954.3-(284):1955.12;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;復刊1号から506号までの並列タイトル: The experimental therapy;復刊1号から320号までの編者: 実験治療社;復刊1号から復刊8号までには239号から246号という表示もあり;復刊1号 -[復刊] 8号 ; no. 247 (Feb. 20, 1950)-;復刊1号から320号までの出版者: 実験治療社;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 意識障害の実地診療 / 亀山正邦 / p2~36
  • 内科医がよく遭遇する意識障害 / 亀山正邦 / p2~7
  • 内科医が扱う意識障害--概説 / 亀山正邦 / p2~3
  • 老年者の意識障害 / 葛谷文男 / p4~5
  • 脳神経外科医からのアドバイス / 間中信也 / p6~6
  • 精神科医からのアドバイス / 清水信 / p7~7
  • 脳血管障害による意識障害の特徴 / / p8~18
  • 脳卒中と意識障害 ~見分け方と対処の仕方 / 赫彰郎 ほか / p8~9
  • 急性期の意識障害のgradingと対処の仕方 / 柳沢信夫 / p10~13
  • 軽症意識障害と精神症状 ~鑑別診断と治療対策 / 東儀英夫 / p14~15
  • 意識障害患者の予後と合併症の防止策 / 山口武典 / p16~18
  • 意識障害に対する脳代謝賦活薬 / 田崎義昭 ほか / p19~21
  • 脳梗塞急性期意識障害とニコリン / 大友英一 / p22~24
  • 解説 / / p25~29
  • 意識の生理学 / 岩田誠 / p25~25
  • 意識障害の発現機序 / 荒木淑郎 / p26~26
  • 意識障害と脳循環 / 半田讓二 ほか / p27~27
  • 意識障害と脳代謝 / 藤島正敏 ほか / p28~29
  • ワンポイント・アドバイス / / p30~36
  • 意識障害患者を搬送するときの注意点 / 荒木五郎 / p30~31
  • 他科(専門医)へまわす場合に心掛けて欲しいこと / 栗山良紘 ほか / p32~32
  • 血圧が高い患者の対処の仕方は / 荻原俊男 ほか / p33~33
  • 悪性腫瘍があり,意識障害に陥るときはどうするか / 山之内博 / p34~34
  • 脳炎を疑うときはどうするか / 栗原照幸 / p35~35
  • 中毒を疑うときはどうするか / 田代邦雄 / p36~36

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 実験治療 = The experiment & therapy
著作者等 実験治療社
武田薬品工業株式会社
實驗治療社
書名ヨミ ジッケン チリョウ = The experiment & therapy
書名別名 The experimental therapy

The experiment & therapy
巻冊次 (606)
出版元 武田薬品工業
刊行年月 1987-03
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 09107967
NCID AN00104932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00107986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想