臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine  26(11)(298)

大道學館出版部

国立国会図書館雑誌記事索引 27 (1) 1950.01~;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of clinical and experimental medicine (<32巻1号>-);[21巻4号 = ?号]-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 刊行滿二十五年を祝う / 福田得志 / p1~2
  • 記念特集 / / p3~18,19~30,31~48,49~66
  • 糖尿病の食餌療法 / 影浦尚視 / p3~6
  • 甲狀腺疾患の化學療法 / 澤田藤一郞 / p7~10
  • 骨髓像の臨牀的應用と實際 / 河北靖夫 / p11~18
  • ヂフテリーの血淸量に就て / 和泉成之 / p19~23
  • ビタカイン療法--神經痛、リユウマチスの療法 / 中脩三 / p24~30
  • 結核の集團檢診について / 古賀良彦 / p31~35
  • ビールス性急性氣道疾患 / 操坦道 / p36~48
  • 高血壓症に於ける血壓動搖性の測定 / 勝木司馬之助 / p49~51
  • 膽囊・膽道炎の新治療法 / 吉佳好夫 / p52~59
  • 九州醫學會特別講演 體質學からみた小兒科臨牀 / 遠城寺宗德 / p60~66
  • 臨牀と病理 腹部腫瘍、疼痛並びに蠕動不隱 / 今井環 / p67~70
  • 餘滴 滿二十五年を祝う / 遠城寺宗德 / p71~71
  • 餘滴 祝辭 / 渡邊信吉 / p72~72
  • インターン生の爲に 第七回醫師國家試験問題 / / p73~74
  • インターン生の爲に 九大インターン模擬試驗模範解答要點 / 臨牀と研究編集部 / p75~77
  • 質疑に答へて 疫痢のアンスパミン療法について / 遠城寺宗德 / p77~77
  • 質疑に答へて 病理解剖上胃、十二指腸潰瘍はどの位の頻度にみられますか / 九大病理學敎室 / p77~77
  • 質疑に答へて 小児假性コレラの原因症狀豫後治療について / 堀田正之 / p77~78
  • 質疑に答へて 雜報・編集後記 / 古山正朔 / p78~78

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine
著作者等 大道学館
大道學館出版部
書名ヨミ リンショウ ト ケンキュウ = The Japanese journal of clinical and experimental medicine
書名別名 臨床と研究

The Japanese journal of clinical and experimental medicine

Rinsho to kenkyu
巻冊次 26(11)(298)
出版元 大道学館出版部
刊行年月 1949-11
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 00214965
NCID AN00270170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想