北海道立衛生研究所報 = Report of the Hokkaido Institute of Public Health  24

北海道立衛生研究所 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (51) 2001~;特報あり;1集 (昭和26年4月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 1 B型肝炎ウイルスのさる接種実験について(第1報)B型肝炎誘発血漿のさる継代実験 / 桜田教夫
  • 佐藤七七朗
  • 野呂新一
  • 上田正義
  • 伊藤碩候
  • 宮川明 / p1~6
  • 2 市販ABO式血液型判定用血清の免疫学的性状 / 熊谷満
  • 上田正義
  • 横田利治 / p7~14
  • 3 多包虫症の免疫学的研究 免疫血清学的方法による早期診断について / 熊谷満
  • 上田正義
  • 中村リツ子
  • 葛西洋一
  • 西代博之 / p15~22
  • 4 エヒノコックス症対策としての感染動物駆除の評価 / 長谷川恩 / p23~28
  • 5 鳥類コリンエステラーゼ活性測定に関する基礎的研究 第一法 Michel法による測定について / 佐藤秀男
  • 長谷川恩 / p29~34
  • 6 鳥類に及ぼす化学物質の毒性に関する研究 第1報 3種の有機リン系殺虫剤のニホンウズラに対する経口急性毒性およびコリンエステラーゼ阻害作用について / 服部畦作
  • 佐藤秀男
  • 土屋公幸
  • 山本次子
  • 小川悦子 / p35~38
  • 7 有機塩素化合物の代謝に関する研究(第1報)P,P′-DDTおよびPCBの投与におけるラットの生体内分布 / 山本勇夫
  • 河井保人
  • 堀義宏
  • 設楽泰正 / p39~46
  • 8 道産生薬の規格設定に関する研究(第5報)当帰中のLigustilideの存在について / 山岸喬
  • 金島弘恭
  • 木下良裕
  • 森三佐雄 / p47~51
  • 9 チオナリドの紫外吸収と解離定数 / 中谷省三
  • 山田三樹夫 / p52~57
  • 10 Sphaerotilus natansのプロティナーゼ(第1報)プロティナーゼの生産条件について / 都築俊文
  • 井上勝弘 / p58~63
  • 11 フタル酸エステルの検出法について / 金島弘恭
  • 小川広
  • 山岸喬
  • 木下良裕
  • 森三佐雄 / p64~68
  • 1 1972年の北海道におけるポリオ,インフルエンザ,日本脳炎の流行予測について / 桜田教夫
  • 奥原広治
  • 佐藤七七朗
  • 野呂新一
  • 国府谷よし子
  • 由布久美子 / p69~71
  • 2 1973年春北海道に流行したインフルエンザについて / 桜田教夫
  • 野呂新一 / p72~74
  • 3 1972年洞爺村にみられた咽頭結膜熱の流行について / 桜田教夫
  • 佐藤七七朗
  • 野呂新一
  • 鈴木隆 / p75~77
  • 4 腸内ウイルス感染症対策としての3カ年継続定点観測調査研究 / 奥原広治
  • 桜田教夫
  • 佐藤七七朗
  • 野呂新一
  • 飯田広夫
  • 国府谷よし子
  • 由布久美子 / p78~83
  • 5 仮性結核菌によるヒトの敗血症例について / 相川孝史
  • 久保茂俊
  • 増子栄 / p84~88
  • 6 1973年北海道で分離された腸炎ビブリオについて / 相川孝史
  • 奥平勇吉
  • 大岡正勝 / p89~92
  • 7 北海道に発生したボツリヌス中毒例について(1973) / 三田村弘
  • 亀山邦男
  • 唐島田隆
  • 森量夫 / p93~96
  • 8 大気汚染指標としての喀痰検査成績について / 長谷川恩
  • 熊谷満
  • 相川孝史
  • 上田正義
  • 亀山邦男 / p97~103
  • 9 人のトキソプラズマ抗体価の調査研究 / 熊谷満
  • 中村リツ子 / p104~107
  • 10 多包虫症の免疫学的調査研究報告 昭和48年度第2次検診成績 / 熊谷満
  • 上田正義
  • 中村リツ子 / p108~111
  • 11 人体より検出せられた自由生活性陸棲ミミズの一症例について / 長谷川恩
  • 相川孝史
  • 秋野信子
  • 佐藤喜代美 / p112~116
  • 12 農薬による食品の汚染について(第4報)1973年度北海道産野菜果実中における農薬の残留状況 / 堀義宏
  • 丹川義彦
  • 山本勇夫
  • 河井保人
  • 設楽泰正
  • 佐藤芳枝
  • 森量夫 / p117~121
  • 13 農薬による食品の汚染について(第5報)1973年度北海道産乳肉食品中における農薬の残留状況 / 堀義宏
  • 丹川義彦
  • 山本勇夫
  • 河井保人
  • 設楽泰正
  • 佐藤芳枝
  • 森量夫 / p122~125
  • 14 農薬による中毒の防止に関する研究(第19報)水田地帯の河川における有機塩素剤の残留調査 / 斉藤守民
  • 北山正治 / p126~127
  • 15 衣類中のホルムアルデヒドについて / 本間正一
  • 北山正治 / p128~131
  • 16 道産生薬の規格設定に関する研究(第4報)道産当帰について / 金島弘恭
  • 山岸喬
  • 森三佐雄
  • 木下良裕 / p132~133
  • 17 北海道における放射能汚染に関する調査(X)第15回中国核実験の影響 / 安藤芳明
  • 佐藤洋子 / p134~137
  • 18 北海道における環境汚染と野鳥 第1報 カラスの羽毛中水銀 / 井上勝弘
  • 小谷玲子
  • 千葉善昭
  • 武田宏
  • 服部畦作 / p138~140
  • 19 北海道における環境汚染と野鳥 第2報 カラスの羽毛中の重金属含量 / 都築俊文
  • 小谷玲子
  • 服部畦作
  • 井上勝弘 / p141~145
  • 1 低年令層におけるオーストラリア抗原の陽性頻度調査について / 上田正義
  • 熊谷満 / p147~148
  • 2 II型ポリオワクチン株によるまひ例について / 桜田教夫
  • 奥原広治
  • 佐藤七七朗
  • 小杉田光雄
  • 外岡立人
  • 原稔 / p149~150
  • 3 1973年夏季大成町における急性下痢症患者からの腸内ウイルスの分離(予報) / 奥原広治
  • 佐藤七七朗
  • 野呂新一
  • 桜田教夫 / p151~151
  • 4 殺虫剤Difenphos(アベイト)の両生類に対する毒性 / 服部畦作 / p152~153
  • 5 鳥類に及ぼす化学物質の毒性に関する研究(第2報)3種の有機リン系殺虫剤のドバトに対する経口急性毒性 / 服部畦作 / p154~154
  • 6 鳥類コリンエステラーゼ活性値測定に関する基礎的研究(第2報)ガスクロマトグラフィーによる測定(予報) / 山田三樹夫
  • 佐藤秀男
  • 長谷川恩
  • 中谷省三 / p155~157
  • 7 北海道における環境汚染と野鳥 第3報 カラスの脳内水銀 / 武田宏
  • 千葉善昭
  • 小谷玲子
  • 服部畦作
  • 井上勝弘 / p158~159
  • 8 牛乳中の残留抗生物質の調査について / 三田村弘
  • 梅村康子
  • 森量夫 / p160~161
  • 9 北海道におけるアヘン製造の歴史 / 木下良裕 / p162~164
  • 10 錠剤の崩壊・溶出について / 本間正一
  • 白崎節子 / p165~167
  • 11 ドーピングに関する研究(その3)薄層クロマトグラフィーによる向精神薬の検出 / 山口智弘
  • 金島弘恭 / p168~170
  • 12 放射線照射ばれいしょについて / 安藤芳明
  • 奥井登代 / p171~172
  • 他誌論文発表抄録 1 1969年北海道に発生した腸内ウイルス感染症 1ウイルス学的検査成績 / 奥原広治 / p173~173
  • 他誌論文発表抄録 2 1969年北海道に発生した腸内ウイルス感染症 2血清学的検査成績 / 奥原広治 / p173~173
  • 他誌論文発表抄録 3 1969年夏岩見沢市に流行した腸内ウイルス感染症について / 奥原広治
  • 佐藤七七朗
  • 桜田教夫
  • 飯田広夫
  • 久保茂俊 / p173~174
  • 他誌論文発表抄録 4 腸内ウイルス感染と推定される急性下痢症の流行 疫学的,ウイルス学的研究 / 奥原広治
  • 佐藤七七朗
  • 桜田教夫
  • 飯田広夫
  • 白瀬広次 / p174~174
  • 他誌論文発表抄録 5 ユーラップ川の生物群集の生産力に関する研究 / 長谷川恩 ほか10名 / p174~174
  • 他誌論文発表抄録 6 札幌市内と北海道離島におけるイエバエの殺虫剤感受性について / 林晃史
  • 長谷川恩 / p175~175
  • 他誌論文発表抄録 7 簡易炭酸ガス発生を利用したマイクロプレートの細胞培養 / 奥原広治 / p175~175
  • 他誌論文発表抄録 8 食品中の残留農薬分析に関する研究(第11報)穀類および豆類からの残留有機塩素農薬の抽出に及ぼす試料の粉末度の影響 / 河井保人 ほか7名 / p175~175
  • 他誌論文発表抄録 9 Carbon-13 Nuclear Magnetic Resonance Spectroscopy of C/D-cis-Polyoxy-pregnanes III Structure of 12 β-O-Cinnamoyl-20-O-acetylglycosarcostin / Takashi Yamagishi
  • Koji Hayashi
  • Hiroshi Mitsuhashi
  • Mamoru Imanari
  • Kazuhito Matsushita / p176~176
  • 他誌論文発表抄録 10 Bacteriophage and Toxigenicity in Clostridum botulinum:An Additional Evidence for Phage Conversion / 小熊恵三
  • 飯田広夫
  • 井上勝弘 / p176~176
  • 他誌論文発表抄録 11 クロム化合物の人体影響について / 井上勝弘
  • 仲山良二
  • 石原辰雄
  • 小谷玲子
  • 大石圭一 / p176~176
  • 他誌論文発表抄録 12 Alpha-Hydroxy Acids as Co-Germinants for Some Clostridial Spores / Yoshiaki Ando / p177~177
  • 他誌論文発表抄録 13 魚類食品におけるボツリヌスE型菌の発育と毒素産生に関する研究--IV 魚肉エキスの発芽に及ぼす影響 / 安藤芳明
  • 岡重美
  • 大石圭一 / p177~177
  • 他誌論文発表抄録 14 食中毒原因性クロストリジウム属細菌芽胞の発芽に関する研究(第1報)ボツリヌスA型菌芽胞の合成培地における発芽要因 / 安藤芳明 / p177~178
  • 他誌論文発表抄録 15 食中毒原因性クロストリジウム属細菌芽胞の発芽に関する研究(第2報)ボツリヌスA型菌芽胞の発芽に及ぼす化学薬剤の影響 / 安藤芳明 / p178~178
  • 北海道立衛生研究所報投稿規程および北海道立衛生研究所報の内容形式 / p179~179

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 北海道立衛生研究所報 = Report of the Hokkaido Institute of Public Health
著作者等 北海道立衛生研究所
書名ヨミ ホッカイドウリツ エイセイ ケンキュウジョホウ = Report of the Hokkaido Institute of Public Health
書名別名 Report of the Hokkaido Institute of Public Health
巻冊次 24
出版元 北海道立衛生研究所
刊行年月 1974-06
ページ数
大きさ <26-30>cm
ISSN 04410793
NCID AN00231077
AA12077992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00022336
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想