神経研究の進歩  27(4)(131)

医学書院 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1956.01~1 (3) 1956.07 ; 6 (4) 1962.11~50 (6) (通号: 271) 2006.12;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Recent advance in research of nervous system (1巻1号-8巻2号);刊行頻度の変更あり;1巻1号-[ ] ; [ ]-50巻6号 = no. 271 (2006年12月);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 【特集】 てんかん研究の現況 / / p531~691
  • 序説 / 清野昌一 / p531~532
  • 発作発射活動と細胞内カルシウムの動態 / 菅谷英一 / p533~544
  • 発作発現機構と生体アミンおよびアミノ酸 / 森昭胤 / p545~553
  • 抗てんかん薬の結合部位と作用機序 / 宮本侃治・他 / p554~565
  • 実験てんかん焦点の形態学的変化--コバルト誘発てんかん猫の運動領野錐体細胞の研究 / 小山生子 / p566~577
  • てんかんにかかわる促進系と抑制系 / 佐藤光源・他 / p578~588
  • 抗てんかん薬の治療有効血中濃度の実験的研究 / 山口成良・他 / p589~598
  • てんかんの成因と周生期障害 / 渡辺一功・他 / p599~609
  • てんかんの遺伝 / 坪井孝幸・他 / p610~623
  • 年齢依存性てんかん性脳症 / 大田原俊輔 / p624~635
  • 小児てんかんの病理--とくにWest症候群を中心として / 森松義雄・他 / p636~645
  • 非痙攣性てんかん重延状態--とくに"Petit Mal Status"と"Temporal Lobe Status"について / 細川清 / p646~656
  • 集中監視法による発作症状の解析 / 八木和一・他 / p657~668
  • 側頭葉てんかんの深部脳波記録--慢性実験と臨床応用 / 真柳佳昭 / p669~679
  • てんかんとポジトロンCT / 山崎統四郎・他 / p680~691
  • 第36回日本自律神経学会・第6回神経研シンポジウム・第13回日本神経放射線研究会 / / p695~696
  • 次号予告 / / p696~696
  • あとがき / 清野昌一 / p697~697

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 神経研究の進歩
著作者等 医学書院
書名ヨミ シンケイ ケンキュウ ノ シンポ
書名別名 Recent advance in research of nervous system

Advances in neurological sciences
巻冊次 27(4)(131)
出版元 医学書院
刊行年月 1983-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00018724
NCID AN00120021
AA12504200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012054
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想