小児科臨床  31(3)(338)

日本小児医事出版部

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 11 (10) 1958.10~;本タイトル等は最新号による;出版者の変更あり;1巻1号(昭和23年11月) - 16巻12号(昭和38年12月) ; 17巻1号=168号(昭和39年1月) -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 小児ネフロ-ゼ症候群の病因に関する最近の知見 / 北川//照男 / p389~398<1933392>
  • 小児ネフロ-ゼ症候群の遠隔成績--最近10年間の統計的観察 / 佐藤//康次 / p399~403<1933391>
  • 腎内細静脈に多数の血栓を認め抗凝固療法が奏効したネフロ-ゼ症候群の1例 / 河野//博明 / p404~408<1933396>
  • 経過中痙攣発作を起こしたネフロ-ゼ症候群4例について / 黒沼//忠由樹 / p409~412<1933384>
  • 微少変化群型小児ネフロ-ゼ症候群における血清免疫グロブリン値の推移 / 田中//陸男
  • 武田//修明 / p413~418<1933400>
  • 小児の腎炎におけるレノグラムについて / 熊沢//洋子 / p419~423<1933394>
  • 小児腎疾患の血清補体値の検討--急性糸球体腎炎を中心として / 宮田//進 / p424~427<1933390>
  • 無症候性蛋白尿,血尿患児の腎糸球体像と尿所見について / 上辻//秀和 / p428~434<1933403>
  • 長期間アルカリ療法を行なっている原発性腎尿細管性アシド-シスの1例 / 辻本//善樹 / p435~439<1933398>
  • Basement Membrance Dense Deposit Disease(Laminal Glomerulonephritis) / 小林//収 / p440~445<1933380>
  • 小児科領域におけるDipyridamoleの抗蛋白尿効果に関する検討 / 宮腰//達朗 / p446~450<1933387>
  • 2年の経過で死の転帰をとった紫斑病性腎炎幼児例の治療に関する検討 / 吉田//滋彦 / p451~454<1933404>
  • 小児腎疾患における血清中25-hydroxy cholecalciferolについて / 伊藤//克己
  • 宮川//三平 / p455~458<1933388>
  • 小児腎疾患にに対するIndomethacinの効果 / 岩山//精三 / p459~463<1933389>
  • 多彩な臨床症状を示した急性腎不全の1例 / 横井//茂夫
  • 宮川//三平
  • 酒井//雅子 / p464~468<1933397>
  • 小児慢性腎不全における1α-OH-D3の臨床的効果について / 伊藤//克己 / p469~472<1933395>
  • 小児の急性腎不全及び慢性腎炎に対する線溶療法の試み--ウロキナ-ゼの使用経験 / 景山//敦 / p473~477<1933393>
  • Bartter症候群の成因とProstaglandin生成阻害剤(Indomethacin)による治療効果 / 武藤//一彦 / p478~484<1933379>
  • Megacalicosis(巨大腎杯症)の1例 / 斉藤//喜親 / p485~488<1933381>
  • 異所性尿管瘤の1症例 / 高島//俊夫 / p489~493<1933382>
  • Amaurosis congenita(Leber)を合併した家族性若年性ネフロン癆の1剖検例 / 二宮//恒夫 / p494~500<1933378>
  • 非梅毒性発作性寒冷血色素尿症の1男児例 / 赤松//正根 / p501~504<1933401>
  • 頚部腫瘤で発症し,自然気胸,尿崩症など多彩な症状を呈したHistiocytosis Xの1例 / 熊埜御堂//義昭 / p505~511<1933385>
  • 小児における呼吸抵抗(Oscillation法) / 荒井//康男
  • 新田//啓次郎 / p512~515<1933409>
  • 入院患児の保育・教育環境の実態調査 / 加藤//翠
  • 花谷//かおる
  • 今村//栄一 / p516~518<1933399>
  • 邦人移住地(南米・パラグァイ)児童の健康診断--邦人,パラグァイ人児童と日本国内児童との比較 / 富田//和巳 / p519~526<1933402>
  • Ipratropium Bromide吸入剤(Sch 1000)の1回吸入法による気管支拡張作用について / 四宮//敬介 / p527~529<1933405>
  • Ipratropium Bromide吸入剤(Sch 1000)の気管支喘息発作の抑止効果について / 三河//春樹
  • 四宮//敬介
  • 中村//凱次 / p530~532<1933406>
  • 気管支喘息児におけるIpratropium Bromide(Sch 1000)効果に関する検討 / 村松//芳子 / p533~539<1933408>
  • 解熱鎮痛剤アセトアミノフェン坐剤(NG坐剤)の解熱効果に対する使用経験--オキシフェンブタゾン坐剤との二重盲検法による比較検討 / 黒森//信治
  • 山本//亨
  • 馬場//一雄 / p541~546<1933386>
  • 急性発熱性疾患に対するアセトアミノフェン(N-G坐薬)の使用成績 / 河野//修造 / p547~551<1933383>
  • 気管支拡張剤Berotec(Fenoterol hydrobromide)の喘息小児への効果 / 井上//四郎 / p553~556<1933407>
  • 書評 心身障害幼児の養育技術 / 平山宗宏 / p439~439
  • 学会案内 第2回 日本小児皮膚科学会学術大会のおしらせ / / p458~458
  • 次号予告 / / p511~511
  • 投稿規定 / / 奥付

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 小児科臨床
著作者等 日本小児医事出版社
日本小児医事出版部
書名ヨミ ショウニカ リンショウ
書名別名 Japanese journal of pediatrics

Shonika rinsho
巻冊次 31(3)(338)
出版元 日本小児医事出版社
刊行年月 1978-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0021518X
NCID AN00116148
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00011509
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想