塩野義研究所年報  (11)

Shionogi Research Laboratories

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 1) 1951.10~(通号: 33) 1983.10;本タイトル等は最新号による;出版地の変更あり;1号 - no.52(2002);以後電子資料(http://www.shionogi.co.jp)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 綜合研究 Benzothiazole and Benzothiazine Sulfonamides as Possible Diuretic Agents / HIDEO KANO
  • SHIRO TAKAHASHI
  • YASUNAO OGAWA
  • TOSHIO YOSHIZAKI
  • TAKESHI KITAKAZE / p1~8
  • 綜合研究 Effect of Structural Changes in the Substrate Molecule on the Bioconversions of Cardiac Aglycones / YOSHIO NOZAKI
  • EITARO MASUO
  • HIROSHI ISHII
  • TAMOTU OKUMURA
  • DAISUKE SATOH / p9~19
  • 綜合研究 Screening Data of Antitumor Substance(II)1959~1960 / TETUO MINESITA
  • KENJI YAMAGUCHI / p21~47
  • 有機化学 Sinomenineの還元成績体に関する研究 / 岡部啓 / p49~54
  • 有機化学 Dihydrothebainoneの還元成積体に関する研究補遺 / 岡部啓
  • 石飛寛幸 / p55~57
  • 有機化学 St[u]dies on Digitalis Glycosides. XVI / HIROSHI ISHII
  • TAMOTU OKUMURA
  • DAISUKE SATOH
  • YOSHIO NOZAKI / p59~62
  • 化学工学 共沸を利用する反応の研究(第1報)実験室におけるcontinuous decanterの試作 / 炭本信三郎 / p63~65
  • 化学工学 共沸を利用す[る]反応の研究(第2報)ジヒドロキシマロン酸エチルの共沸脱水 / 炭本信三郎 / p67~70
  • 化学工学 共沸を利用する反応の研究(第3報)共沸脱水エステル化によるシュウ酸エチル / 炭本信三郎 / p71~76
  • 化学工学 共沸を利用する反応の研究(第4報)共沸脱水によるアセチルピルビン酸エチルと硫酸ヒドロキシルアミンの閉環反応 / 炭本信三郎 / p77~80
  • 醱酵化学 微生物に依るl(+)グルタミン酸の生産に関する研究 第2報 醗酵液中のl(+)グルタミン酸の定量法及び単離法について / 脇坂義治
  • 服部光雄
  • 石田英生
  • 増尾栄太郎 / p81~85
  • 醱酵化学 微生物によるl(+)グルタミン酸の生産に関する研究 第3報 分離株に依るl(+)グルタミン酸の生産について / 脇坂義治
  • 服部光雄
  • 石田英生
  • 増尾栄太郎 / p87~91
  • 生薬学 Studies on the Steroidal Components of Domestic Plants. XXXVIII / AKIRA AKAHORI / p93~96
  • 生薬学 Studies on the Steroidal Components of Domestic Plants. XXXIX / AKIRA AKAHORI / p97~101
  • 薬理学 The Detection of Malignolipin in Blood of Animals with Transplantable Tumor / TETUO MINESITA
  • KENJI YAMAGUCHI / p103~106
  • 薬理学 Investigation on Spontaneous Tumors Seen in Mice of the dds Strain / TETUO MINESITA
  • KENJI YAMAGUCHI
  • JINSAKU MAEDA
  • KIYOKAZU NAGAI / p107~118
  • 薬理学 去勢雄ラットの血中脂質に及ぼす諸種ステロイド化合体の影響 / 内田清久
  • 三宅有 / p119~132
  • 薬理学 Effect of Hyaluronidase on the Superovulation of Hypophysectomized Immature Rats / FUMIHIKO KOBAYASHI
  • TAMOTSU MIYAKE / p133~136
  • 細菌学 Comparative Date of General Chemical Properties of Siomycin, Thiostrepton and Bryamycin / HARUO NISHIMURA
  • SABURO OKAMOTO / p137~139
  • 細菌学 A Comparison of the In Vitro and In Vivo Activity of Siomycin, Thiostrepton and Bryamycin / HARUO NISHIMURA
  • KIYOSHI NAKAJIMA
  • NOBORU SHIMAOKA / p141~143
  • 細菌学 Cylinder Plate Assay for Siomycin / HARUO NISHIMURA
  • JUN ISONO
  • KIYOJI KAZAZAWA / p145~148
  • 細菌学 Effects of cobalt-60 Gamma Radiation on the Biological Activities and Some Physicl and Chemical. Properties of an Antibiotic Pigment, Minomycin / KATSUYA TAWARA
  • NOBORU SHIMAOKA / p149~153
  • 実験ノート ステロイド類の燐酸中での蛍光スペクトル / 窪田種一
  • 宮崎寛 / p155~157
  • 実験ノート Antituberculous Activity of Alpha-Ethyl-Thioisonicotinamide and Blood Levels in Human Beings / HARUO NISEIMURA
  • KIYOSHI NAKAJIMA / p159~161
  • 雑纂 抄録 / / p163~180
  • 雑纂 学会出演記録 / / p181~186
  • 雑纂 研究発表会記録 / / p187~187
  • 附録 総目次--塩野義研究所年報No.1~No.10:1951~1960 / / p1~12

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 塩野義研究所年報
著作者等 塩野義製薬株式会社研究所
塩野義製薬株式会社
書名ヨミ シオノギ ケンキュウジョ ネンポウ
書名別名 Annual report of Shionogi Research Laboratories
巻冊次 (11)
出版元 塩野義製薬中央研究所
刊行年月 1961-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 05598680
NCID AN00099763
AA10605047
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009663
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想