最新醫學 = The medical frontline  43(7)(508)

国立国会図書館雑誌記事索引 5 (1) 1950.01~5 (11) 1950.11 ; 10 (1) 1955.01~;本タイトル等は最新号による;56巻5号以降の並列タイトル: The medical frontline;[ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 サルコイドーシス 1988 / / p1383~1612<3199453>
  • カラーグラフ サルコイドーシスの病理組織像 / 北市正則 / p1383~1386
  • カラーグラフ サルコイドーシスおよび関連疾患の胸部X線とCT所見 / 西村浩一 / p1387~1390
  • サルコイドーシス研究の歩み / 泉孝英 / p1391~1396
  • 日本のサルコイドーシス / 平賀洋明 / p1397~1399
  • 北海道 / 平賀洋明 / p1400~1402
  • 福井県 / 石崎武志 / p1403~1405
  • 静岡県 / 佐藤篤彦 / p1406~1408
  • 愛知県 / 山本正彦 / p1409~1411
  • 大阪府 / 立花暉夫 / p1412~1414
  • 高知県 / 寺尾誠也 / p1415~1416
  • 長崎県 / 廣田正毅 / p1417~1419
  • 熊本県 / 志摩清 / p1420~1422
  • 肉芽腫の定義,分類,成立機序 / / p1423~1427
  • 肉芽腫性炎症の定義と分類 / 服山公江 / p1423~1427
  • 実験肉芽腫 / / p1428~1445
  • 気管支随伴リンパ組織(BALT)からみた肺肉芽腫形成機序 / 佐藤篤彦 / p1428~1433
  • アジュバント誘発多発性肉芽腫 / 津田富康 / p1434~1440
  • 実験的肉芽腫 / 須甲松伸 / p1441~1445
  • サルコイドーシスの病理学的所見 / / p1446~1462
  • サルコイドーシスの病理像 / 北市正則 / p1446~1453
  • サルコイドーシスの免疫組織病理学的所見 / 津田富康 / p1454~1462
  • サルコイドーシスの臨床と検査所見 / / p1463~1480,1481~1534
  • サルコイドーシスの臨床像 / 山木戸道郎 / p1463~1468
  • サルコイドーシスの胸部X線とCT所見 / 西村浩一 / p1469~1474
  • サルコイドーシスの眼病変 / 沖波聡 / p1475~1480
  • サルコイドーシスの皮膚病変 / 相模成一郎 / p1481~1488
  • 心臓サルコイドーシスの臨床 / 関口守衛 / p1489~1494
  • 高齢者のサルコイドーシス / 桂秀樹 / p1495~1500
  • アンジオテンシン交換酵素 / 上田英之助 / p1501~1506
  • BALF所見--病態生理学的考察 / 長井苑子 / p1507~1515
  • HLA抗原とサルコイドーシス / 川上義和 / p1516~1521
  • サルコイドーシスの診断・活動度 / 泉孝英 / p1522~1529
  • サルコイドーシスの予後と治療 / 山本正彦 / p1530~1534
  • サルコイドーシスの関連疾患 / / p1535~1561
  • 過敏性肺臓炎 / 安藤正幸 / p1535~1539
  • 職業性肉芽腫性肺疾患 / 藤村直樹 / p1540~1548
  • ウェゲナー肉芽腫症 / 田口善夫 / p1549~1552
  • 日本におけるサルコイドーシス研究の歩み / 三上理一郎 / p1553~1561
  • 対談 サルコイドーシスをめぐって / Om.P.Sharma
  • 泉孝英 / p1562~1575
  • ヘモグロビンA1cと空腹時血糖による糖代謝のスクリ-ニングの試み--3群による判別分析 / 八代 均 / p1576~1581<3199562>
  • 臨床 / / p1582~1588,1589~1599
  • 外科的侵襲以前に他臓器に転移のみられた神経膠芽腫--1報告例と文献的考察 / 越野兼太郎 ほか / p1582~1588
  • 造血器悪性腫瘍治療時にみられた肝中心静脈閉塞症についての検討 / 黒川晋 ほか / p1589~1594
  • 最近5年間に診断した秋田県内の多発性骨髄腫101例の検討 / 菅野陽子 ほか / p1595~1599
  • 臨床と病理 / / p1600~1612
  • CLLに肺小細胞癌を合併した1剖検例 / 森川智子 ほか / p1600~1604
  • 破骨細胞様巨細胞を伴う肝細胞癌の1剖検例--光顕,電顕並びに免疫組織化学的所見について / 松本一仁 ほか / p1605~1612
  • 次号予告 Medical Technologyの進歩と胆石症,尿路結石症 / / p1611~1611

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 最新醫學 = The medical frontline
著作者等 最新医学社
最新醫學社
書名ヨミ サイシン イガク = The medical frontline
書名別名 The medical frontline

Saishin igaku
巻冊次 43(7)(508)
出版元 最新医学社
刊行年月 1988-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03708241
NCID AA12706850
AN00094908
AA12405537
AA12106853
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想