Brain and nerve  36(10)

国立国会図書館雑誌記事索引 32(1):1980.1-35(11):1983.11 ; 53(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: 脳と神経 (32巻1号-58巻12号);タイトル関連情報変遷: 神経研究の進歩 (59巻1号-67巻12号);32巻1号-;総目次あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 失語症状の病巣部位について 臨床像とCT像との関係 (第1報) / 北條敬・他 / p941~950
  • TRH analog(DN-1417)の発作後抑制期に与える影響 キンドリングモデルを用いた研究 / 小川俊彦・他 / p951~955
  • 髄膜腫と聴神経腫瘍が兄弟姉妹に発生した2家系 / 山中千恵・他 / p957~968
  • Lafora病における生検皮膚の形態学的研究 / 楠瀬幸雄・他 / p969~973
  • Membranous lipodystrophy(Nasu)の1剖検例 / 竹島正幸・他 / p975~982
  • Mongolian gerbilを用いた虚血性脳浮腫に対するnizofenone(Y-9179)の効果 / 森本保人・他 / p983~988
  • 重症頭部外傷に対する長期barbiturate療法の意義 ICP制御とbarbiturate投与期間に関して / 矢埜正実・他 / p989~997
  • 実験的脳虚血に及ぼす4-(o-Benzylphenoxy)-N-methylbutylamine hydrochloride(bifemelane)の効果 生存期間と脳組織代謝 / 藤島正敏・他 / p999~1004
  • Status lacunaris(多発性小窩状態)における排尿障害の研究 / 服部孝道・他 / p1005~1008
  • クモ膜下出血と凝固線溶異常 脳血管攣縮とfibrinopeptide A, fibrinopeptide Bβについて (第1報) / 東保肇・他 / p1009~1014
  • 頭蓋腔の圧脈波伝播特性の実験的研究 システム解析を使って / 春日洋一郎・他 / p1015~1023
  • 高血圧性被殻出血のCT分類と意識レベル / 山根冠児・他 / p1025~1030
  • 脳腫瘍のダイナミックCT / 中込忠好・他 / p1031~1040
  • 海外文献抄録 / 大友英一 / p1042~1043
  • 訂正 / / p973~973
  • 投稿規定 / / p1044~1044
  • 次号予告 / / p1023~1023
  • 編集後記 / 有馬正高 / p1045~1045

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Brain and nerve
著作者等 医学書院
書名別名 神経研究の進歩

脳と神経
巻冊次 36(10)
出版元 医学書院
刊行年月 1984-10
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 18816096 (v. 59, no. 1)
NCID AN00144970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00033410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想