Brain and nerve  39(6)

国立国会図書館雑誌記事索引 32(1):1980.1-35(11):1983.11 ; 53(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: 脳と神経 (32巻1号-58巻12号);タイトル関連情報変遷: 神経研究の進歩 (59巻1号-67巻12号);32巻1号-;総目次あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 晩期発症をみたChiari 1型奇形の臨床的検討 / 浅利正二・他 / p497~503
  • イボテン酸誘発による辺縁系発作と神経変性 / 渡辺一哉・他 / p505~508
  • 逆行性顔面神経活動電位の術中モニター 小脳橋角部腫瘍での記録 / 大平貴之・他 / p509~515
  • 脳動脈瘤を伴った両側内頸動脈欠損の1例 / 姉川繁敬・他 / p517~525
  • ヒト神経膠腫のアルカリホスファターゼ活性に関する組織化学的研究 悪性度による電顕的活性局在の変化 / 前田達浩 / p527~533
  • H₂¹⁵O瞬時静注法による局所脳血流量測定法とその応用 / 菅野巖・他 / p535~542
  • 脳死例における,正中神経刺激による短潜時体性感覚誘発電位(S-SEP)の変化 / 高橋宏・他 / p543~549
  • 脳腫瘍患者脳波(多形性δ波)に対するglycerolの効果 / 副島徹・他 / p553~560
  • 脳挫傷による実験的アレルギー性脳脊髄炎の抑制 / 原直行・他 / p561~564
  • カイニン酸誘発扁桃核発作と誘発反応の経時的変化 / 田中滋也・他 / p565~570
  • 高血糖の虚血性脳浮腫に及ぼす影響 / 由良茂貴・他 / p571~578
  • ヒト脳腫瘍における中間径filamentの発現様式 Vimentinおよびastroprotein(GFAP)による免疫組織化学的研究 / 丸野元彦・他 / p579~585
  • 海外文献抄録 / 大友英一 / p586~587
  • 症候学メモ(30)凹み手徴候-拇指の反りがポイント / 平山惠造 / p525~525
  • 書評 景山直樹・井村裕夫編集「下垂体腺腫」 / 入江実 / p503~503
  • 書評 厚東篤生・阿部敏明・岩田誠・栗原照幸編集「New Integrated Medical Fundamentals神経」 / 河合秀彦 / p504~504
  • 第22回日本パラプレジア医学会 / / p508~508
  • Intracranial Pressure and Brain Injury The Seventh International Symposium / / p515~515
  • 第17回新潟神経学夏期セミナー / / p534~534
  • 第11回日本失語症学会総会案内 / / p578~578
  • 訂正 / / p585~585
  • 投稿規定 / / p588~588
  • 次号予告 / / p552~552
  • 編集後記 / 有馬正高 / p589~589

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Brain and nerve
著作者等 医学書院
書名別名 神経研究の進歩

脳と神経
巻冊次 39(6)
出版元 医学書院
刊行年月 1987-06
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 18816096 (v. 59, no. 1)
NCID AN00144970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00033410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想