広島医学  32(9)(344)

廣島醫學會 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 3 (1) 1950.01~36 (10) 1983.10 ; 58 (1) (通号: 648) 2005~;本タイトル等は最新号による;出版地, 大きさの変更あり;1巻1号 (1948年11月号)-[ ] ; [ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 図説 アメーバ赤痢の1例 / 赤水博史
  • 徳岡昭治 / p903~904
  • 胃スキルスについて / 田原//栄一 / p905~915<2095600>
  • 喉摘後の音声獲得手術の経験 / 木原//泰幸
  • 野田//益弘
  • 林//鷹治 / p916~919<2095609>
  • 高血圧性脳出血(被殻出血)の手術時期の検討--片麻痺の術後機能予後と体性誘発電位の検討で / 宮崎//正毅 / p920~926<2095603>
  • クモ膜下出血で発症した後頭蓋窩髄膜腫の1治験例 / 三宅//新太郎 / p927~929<2095607>
  • 重症肝炎に対するinsulin-glucagon療法の試み / 盛生//宏一 / p930~935<2095602>
  • 長期にわたり局所充血所見(Capillary blushおよびEarly venous filling)を呈した脳硬塞の1例 / 田草川//良彦 / p936~941<2095604>
  • 各部位癌手術例における補助化学療法の統計的観察-1-大腸肛門癌 / 小林//直広 / p942~949<2095605>
  • 胃カルチノイドの1例 / 佐藤//宮雄 / p950~953<2095606>
  • 晩発性皮膚ポルフィリン症の1例 / 松尾//信孝 / p954~960<2095608>
  • 99mTc-(Sn)-Pyridoxylideneisoleucineによる肝,胆道シンチィグラフィ-の臨床的有用性について--手術,剖検例を中心に / 柴田//醇 / p961~966<2095601>
  • 広島,長崎における固定人口集団内剖検例の年次的推移(1950年-75年) / 山本//務 / p967~976<2095610>
  • ゼロラジオグラフィ-について / 江崎//治夫
  • 西亀//正之
  • 田中//恒夫 / p977~981<2095611>
  • 在宅「寝たきり老人」の実態調査-1- / 福山市 医師会 地域 保健 委員会 / p982~990<2095599>
  • 学会だより 第16回広島がん治療研究会 / / p991~994

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 広島医学
著作者等 広島医学会
書名ヨミ ヒロシマ イガク
書名別名 The journal of the Hiroshima Medical Association

Hiroshima igaku
巻冊次 32(9)(344)
出版元 広島医学会
刊行年月 1979-09
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 03675904
NCID AN00211943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00020426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想