日本法医学雑誌 = The Japanese journal of legal medicine  53(1)

国立国会図書館雑誌記事索引 3 (6) 1949.11~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;補冊号あり;2巻1号 (Jan. 1948)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特別講演 心臓性突然死--新しい危険因子を追って / 武市//早苗 / 31~34<4679587>
  • 特別講演 DNA多型解析法--過去から未来へ / 福島//弘文 / 35~37<4679591>
  • 特別講演 アセトアルデヒドの生体に及ぼす影響 / 井尻//巖 / 38~40<4679592>
  • シンポジウム1 法中毒が研究主体でない法医学教室での薬毒物検査は何ができるのか,何をすべきか / 舟山眞人 / p41~41
  • シンポジウム2 法医学教室における薬毒物関連事例への究明戦略 / 木村恒二郎 / p42~42
  • シンポジウム3 理想と現実のギャップ / 鷺盛久 / p43~43
  • シンポジウム4 ネットワークによる薬毒物検査の協力体制 / 権守邦夫 / p44~44
  • シンポジウム5 法医中毒分析と迅速対応への課題 / 植木眞琴 / p45~45
  • 学術奨励賞 アルコールの中毒作用機構解明へのストラテジー--転写制御系に着目して / 松本博志 / p46~46
  • A-1 死体硬直の発現順序に関する基礎的研究(第1報) / 小林雅彦
  • 高取健彦
  • 中嶋信
  • 岩瀬博太郎
  • 長尾正崇
  • 畑中一仁
  • 松田行正
  • 櫻田宏一 / p47~47
  • A-2 ¹H-MRS法を用いた死後経過時間の推定に関する基礎的研究 / 平川慶子
  • 植草協子
  • 仁平信
  • 大野曜吉 / p47~47
  • A-3 凍死における死体現象の法医学的考察 / 水上創
  • 清水恵子
  • 上園崇
  • 佐々木雅弘
  • 福島亨
  • 塩野寛 / p48~48
  • A-4 寒冷刺激によるストレスタンパク質(HSP)の変動 / 笠井謙多郎
  • 北敏郎
  • 田中宣幸 / p48~48
  • A-5 フリーラジカルによる生体膜障害の分子機構(III)--剖検脳における過酸化脂質 / 足立順子
  • 浅野水辺
  • 上野易弘
  • 西村明儒
  • 主田英之
  • 有吉孝一
  • 龍野嘉紹 / p49~49
  • A-6 誤嚥のメカニズムについての画像診断的検討 / 高田英直
  • 野坂みずほ
  • 井上啓史
  • 安田誠治
  • 木村章彦
  • 辻力
  • 田中弘富 / p49~49
  • A-7 タンザニアにおけるエイズウイルス感染者の神経病理 / 木林和彦
  • Paul M.Ng′walali
  • 大津由紀
  • 本庄弘次
  • 恒成茂行 / p50~50
  • A-8 頭部外傷におけるグリア細胞の変化について(第4報)ミクログリアの検討 / 小片守
  • 津金澤督雄 / p50~50
  • A-9 ラクトフェリン陽性細胞の法医病理学的意義--乳幼児急死例について / 津田亮一
  • 折原義行
  • 池松和哉
  • 廣瀬渉
  • 中園一郎 / p51~51
  • A-10 児童虐待(Neglect例)の法医病理学的検索 / 藤倉隆
  • 平田公一
  • 小湊慶彦
  • 滝澤久夫 / p51~51
  • A-11 剖検例における肝組織内C-反応性蛋白(CRP)の免疫組織化学的分布 各種死因に関するパイロット・スタディー / 権力
  • 藤田眞幸
  • 朱宝利
  • 石田香
  • 前田均 / p52~52
  • A-12 アルコール依存者の脂肪組織はなぜ白色調か? / 栗崎恵美子
  • 水澤郁文
  • 平岩幸一 / p52~52
  • A-13 日本人におけるミトコンドリアDNA多型とその白骨鑑定への1応用例 / 瀬尾泰久
  • Peter M.Schneider
  • Christian Rittner
  • 高浜桂一 / p53~53
  • A-14 Single Nucleotide Polymorphisms (SNPs)の個人識別への応用 / 石谷昭子
  • 岸田学
  • 川崎明彦
  • 下嶋典子
  • 井上貴弘
  • 森村佳史
  • 福留昭人
  • Daniel E.GERAGHTY
  • 羽竹勝彦 / p53~53
  • A-15 親子鑑定におけるRestriction Landmark Genomic Scanning法の応用 / 北村明子
  • 澤口聡子
  • 王秀玲
  • 澤口彰子 / p54~54
  • A-16 D11S554多型解析の法医学的応用 / 渡辺芳久
  • 永井淳
  • 高山知周
  • 平田敬二
  • 山田定男
  • 中村功
  • 武内康雄
  • 大谷勲 / p54~54
  • A-17 日本人及び中国人におけるD15S233(wg1d1)のアリール分布及び塩基配列分析 / 小島俊典
  • 山本敏充
  • 吉本高士
  • 玉木敬二
  • 黄秀林
  • 大瀧博之
  • 打樋利英子
  • 水谷正樹
  • 勝又義直 / p55~55
  • A-18 脳内アミン関連遺伝子と自殺企図について / 進藤祥子
  • 大谷真紀
  • 吉岡尚文 / p55~55
  • A-19 雌マウスの乳腺腫および生存率に対するアルコール長期摂取の影響 / 綿引利充
  • 沖井裕
  • 時安太久磨
  • 吉村澄孝
  • 吉田学
  • 赤根敦 / p56~56
  • A-20 アルコールと乱用薬物--アルコール嗜好性による乱用薬物の作用差(第5報) / 山内順子
  • 山村武彦
  • 谷口忠昭
  • 根來宗孝
  • 大内晴美
  • 南貴子
  • 西口美紀
  • 菱田繁 / p56~56
  • A-21 コカイン及びコカイン・エタノール併用による中毒死亡時の病的行動に対するオピオイド受容体作用薬の影響 / 早瀬環
  • 山本淑子
  • 西谷陽子
  • 山本啓一
  • 阿比留仁
  • 福井有公 / p57~57
  • A-22 エピクロロヒドリン長期吸入ラットにおける生体影響ならびにGSTの動態 / 星田美奈子
  • 伊藤敦子
  • 林美千子
  • 馮永求
  • 津田征郎 / p57~57
  • A-23 筋弛緩剤のEEG,ABR,EMGに及ぼす影響について / 斉藤剛
  • 武市早苗
  • 黄秀林
  • 湯川修弘
  • 大澤資樹 / p58~58
  • A-24 神経毒MPTPの代謝活性化酵素,MAOの活性における種属差 / 井上博之
  • 的場梁次
  • Neal Castagnoli,Jr / p58~58
  • A-25 精液からのABO式血液型判定に困難をきたした一事例(続報) / 伊藤幸夫
  • 小林了 / p59~59
  • A-26 母子・同胞鑑定により身元確認されたバラバラ死体 / 中村茂基
  • 松井秀和
  • 永井智紀
  • 田渕未里
  • 杉江秀明
  • 古川理孝
  • 今井寛
  • 網干博文
  • 栗原克由 / p59~59
  • A-27 真冬の車内で急死した乳児例 / 池田典昭
  • 柏木正之
  • 辻彰子 / p60~60
  • A-28 正常心重量値の検討--心重量早見表の開発 / 一杉正仁
  • 高尾洋之
  • 重田聡男
  • 吉野靖
  • 高津光洋 / p60~60
  • A-29 過去10年の身元確認の主要根拠について / 伊沢寛志
  • 出羽厚二
  • 宮坂道夫
  • 峯尾和宜
  • 山内春夫 / p61~61
  • A-30 三重県下における児童虐待に関する意識調査結果と防止対策 / 福永龍繁
  • 山本秀孝
  • 山際ちとせ
  • 細江洋之
  • 種子島章男 / p61~61
  • A-31 固相ミクロ抽出による血中ギ酸の簡易抽出法 / 李暁鵬
  • 熊澤武志
  • 近藤圭
  • 佐藤啓造
  • 妹尾洋
  • 鈴木修 / p62~62
  • A-32 剖検例における心囊液中薬物濃度測定の意義 / 守屋文夫
  • 長崎靖
  • 中西祥徳
  • 橋本良明 / p62~62
  • A-33 成長過程におけるシンナー中毒発現について--性差を中心に / 嶋本晶子
  • 田中栄之介
  • 水野大
  • 中村貴子
  • 三澤章吾
  • 寺尾恵治 / p63~63
  • A-34 薬物中毒の個体差に関与する遺伝子(IV)遺伝子タイピングによる中毒作用発現リスクの判定 / 池渕淳
  • 山田光子
  • 西克治
  • 入澤淑人 / p63~63
  • B-1 ポリCテ-リング法にょる分解DNAの全増幅(2) / 吉井富夫
  • 武田江里加
  • 島田敬子
  • 秋山勝則
  • 石山昱夫 / p64~64
  • B-2 In situ RT-PCRによるWT1遺伝子の検出 / 岸田哲子
  • 福田昌子
  • 玉置嘉廣 / p64~64
  • B-3 Y染色体上STR座位の塩基配列解析 / 橋谷田真樹
  • 那谷雅之
  • 安達登
  • 金武潤
  • 美作宗太郎
  • 紀貴金
  • 舟山眞人 / p65~65
  • B-4 混合斑痕からのHLA ClassIIタイピング / 佐藤彌生
  • 黒崎久仁彦
  • 斎藤久子
  • 安部睦
  • 木内政寛 / p65~65
  • B-5 D1S80のvariant:その泳動差とシークエンス解析 / 高柳カヨ子
  • 浅村英樹
  • 劉春燕
  • 塚田和彦
  • 太田正穂
  • 福島弘文 / p66~66
  • B-6 DXS10011の染色体マッピング / 松木孝澄
  • 飯田礼子
  • 青山正洋 / p66~66
  • B-7 脈絡叢におけるABO(H)式血液型物質の局在に関する免疫組織学的検討 / 伊藤かおる
  • 伊藤恵美
  • 山崎健太郎
  • 小暮正久 / p67~67
  • B-8 APLP法による法医試料からのABO遺伝子型判定 / 渡辺剛太郎
  • 梅津和夫
  • 鈴木庸夫 / p67~67
  • B-9 5′-RACE法を用いたABO式血液型遺伝子の転写開始点の検索 / 小湊慶彦
  • 畑伸秀
  • 松井健一
  • 滝澤久夫 / p68~68
  • B-10 Amorph RH alleleの分子遺伝学的解析 / 山崎昌子
  • 奥田浩
  • 近江俊徳
  • 河野政樹
  • 津戸直樹
  • 菅沼弘
  • 小山田隆
  • 岩本禎彦
  • 石森崇平
  • 支倉逸人
  • 梶井英治 / p68~68
  • B-11 PCR-based methodによるLewis血液型の遺伝子型解析 / 沖浦達幸
  • 西村浩治
  • 織本千年
  • 福森泰雄
  • 西向弘明 / p69~69
  • B-12 イラン人の分泌型遺伝子(FUT2)のDNA多型解析 / 神田芳郎
  • 副島美貴子
  • PANG HAO
  • 木村博司 / p69~69
  • B-13 いわゆる再解剖の問題点について / 黒田直人
  • 三戸聖也
  • 牧野容子
  • 北武
  • 齋藤一之
  • 高田綾
  • 渡辺博司
  • 柳田純一 / p70~70
  • B-14 輸血拒否に関する倫理的・社会的考察 / 仁科健夫
  • 中井猛之 / p70~70
  • B-15 剖検試料におけるMN式血液型判定の信頼性について / 原正昭
  • 木戸啓
  • 町田廣実
  • 猪井剛
  • 齋藤一之
  • 高田綾
  • 村井直子
  • 矢部勝弘
  • 新井正明
  • 福田紀子
  • 渡辺博司 / p71~71
  • B-16 歯からのミトコンドリアDNA分析におけるPCR-RFLPの有用性 / 大平寛
  • 山田良広
  • 渡邉麻子
  • 山本伊佐夫
  • 山岸光男
  • 山口崇
  • 宇都宮丈児
  • 小林貴彦
  • 大谷進 / p71~71
  • B-17 毛髪試料中チラミンの検出について / 柏村征一
  • 原健二
  • 柏木正之
  • 三好綾
  • 高本睦夫
  • 影浦光義
  • 棚田徳彦 / p72~72
  • B-18 溺死による肺組織の力学的変化 / 長野亨
  • 羽場喬一 / p72~72
  • B-19 TaqMan PCRによる血液型判定 / 高田雄三
  • 海野由美子
  • 向田政博 / p73~73
  • B-20 ミオグロビン遺伝子による人獣鑑別 / 宮石智
  • 山本雄二
  • 小野俊明
  • 吉留敬
  • 北尾孝司
  • 中徹
  • 高田智世
  • 石津日出雄 / p73~73
  • B-21 PCR法を用いた人獣鑑別の検討 / 佐藤慶太
  • 西牧裕子
  • 方亮
  • 馬明
  • 岩楯公晴
  • 米村勇
  • 柏手宏允
  • 支倉逸人 / p74~74
  • B-22 日本人におけるLPL locusの多型と物体検査への応用 / 丸山澄
  • 水口清 / p74~74
  • B-23 ヒト皮膚片、真皮層からの年齢推定(II) / 巽信二
  • 安井聖秀
  • 大江正之
  • 山口真由
  • 野田裕司
  • 杉山静征 / p75~75
  • B-24 フラグメントアナライザーを用いたSTR分析に関する技術的検討 / 千住弘明
  • 藤井宏治
  • 吉田日南子
  • 笠井賢太郎
  • 佐藤元 / p75~75
  • B-25 ラット中大脳動脈閉塞術による一過性脳虚血後の神経細胞死と細胞応答に関する検討 / 江藤秀顕
  • 木村恒二郎
  • 上園崇
  • 高橋節典 / p76~76
  • B-26 ラット梗塞心筋のアポトーシス誘導とMAPキナーゼ活性化 / 吉田謙一
  • 秋利彦
  • 原田一樹 / p76~76
  • B-27 長期アルコール摂取ラットにおける脳側坐核の免疫組織学的研究 第2報 Tyrosine Hydroxylaseとアルコール誘導Fos発現について / 吉本寛司
  • 反町吉秀
  • 金田成浩
  • 安原正博 / p77~77
  • B-28 アンジオテンシンII刺激によりラット心筋に誘導されるチロシンリン酸化について / 西尾元
  • 松井清司
  • 辻洋子
  • 田村明敬
  • 宮崎時子
  • 鈴木廣一 / p77~77
  • B-29 ニワトリDeoxyribonuclease I(Dnase I)の分子生物学的研究 / 中嶋義充
  • 安田年博
  • 竹下治男
  • 中島たみ子
  • 細見修
  • 森晋二郎
  • 岸紘一郎 / p78~78
  • B-30 哺乳動物におけるピューロマイシン感受性アミノペプチダーゼの諸性質の比較 / 山本好男
  • 李尭華
  • 西村明儒
  • 牛山郁子
  • 大久保岩男
  • 西克治 / p78~78
  • B-31 妊娠ラットへの覚醒剤投与における胎仔心毒性の研究 / 的場梁次
  • 岩佐峰雄
  • 小山宏義
  • 中村昌美 / p79~79
  • B-32 ラットにおける実験的アルコール性心筋症の発症 / 佐藤友紀
  • 井上博之
  • 中村昌美
  • 門間純
  • 的場梁次
  • 呂彩子
  • 勾坂馨 / p79~79
  • B-33 マウス皮膚損傷治癒過程におけるFas抗原及びFasリガンドの発現--二重免疫染色法を用いて / 官大威
  • 近藤稔和
  • 大辻雅彦
  • 佐藤保則
  • 南野友義
  • 高安達典
  • 大島徹 / p80~80
  • B-34 ヒト心筋からのsarcomere mRNAの抽出--ホルマリン固定臓器を試料とした研究(第2報) / 佐藤秀則
  • 藤原敏
  • 小川裕美
  • 稲村啓二
  • 相原弼徳
  • 渡邉有子
  • 平林美智子 / p80~80
  • P-1 厚切り皮膚組織標本による死斑固定機序に関する形態学的研究 / 三戸聖也
  • 牧野容子
  • 北武
  • 黒田直人 / p81~81
  • P-2 眼房水中のカリウムイオン濃度変化による死後経過時間の推定 / Myo-Thaik-Oo
  • 丹野高三
  • 及川明奈
  • 相田久美
  • 石原恒星
  • 田中栄之介
  • 辻勝博
  • 田谷利光
  • 三澤章吾 / p81~81
  • P-3 屍蝋の脂肪酸分析--C18:1およびC16:1の異性体を中心に / 長井辰男
  • 加藤愛子
  • 柳澤裕子
  • Grigory Vabels
  • Velta Forksone / p82~82
  • P-4 ラット脳の遊離脂肪酸の死後変化 / 新津ひさえ
  • 熊谷礼子
  • 青木康博 / p82~82
  • P-5 死後変化のin situ end-labeling assayに及ぼす影響 / 武内康雄
  • 中村功
  • 永井淳
  • 渡辺芳久
  • 高山知周
  • 山田定男
  • 大谷勲 / p83~83
  • P-6 好中球及びアポトーシスを指標とするヒト皮下出血の経時性の解析 / 澤口聡子
  • 澤口彰子
  • Bharat Jasani
  • Bemard Knight / p83~83
  • P-7 歩行者対キャブオーバー型車両事故における人体損傷(第2報) / 丹野高三
  • 本田克也
  • 河野元嗣
  • 大橋教良
  • 小野古志郎
  • Myo-Thaik-Oo
  • 相田久美
  • 及川明奈
  • 辻勝博
  • 田谷利光
  • 三澤章吾 / p84~84
  • P-8 頸部圧迫における口蓋扁桃および舌扁桃の出血 / 田畑典子
  • 森田匡彦 / p84~84
  • P-9 浴室での死亡例に関する一考察 / 吉岡尚文
  • 二部恒美 / p85~85
  • P-10 さまざまな乳児寝具環境と再呼吸の問題 / 金武潤
  • 美作宗太郎
  • 安達登
  • 那谷雅之
  • 橋谷田真樹
  • 舟山眞人 / p85~85
  • P-11 抗ミルク成分抗体を用いた、乳幼児肺の免疫組織学的検討 / 岩楯公晴
  • 土井幹雄
  • 高取健彦
  • 支倉逸人 / p86~86
  • P-12 心臓性突然死症例における右心の拡張(うっ血)についての一考察 / 湯川修弘
  • 大澤資樹
  • 斉藤剛
  • 瀬戸良久
  • 中島康洋
  • 黄秀林
  • 武市早苗 / p86~86
  • P-13 心筋梗塞自由壁破裂の病理形態--とくにresuscitationの影響について / 高田綾
  • 齋藤一之
  • 村井直子
  • 原正昭
  • 矢部勝弘
  • 新井正明
  • 福田紀子
  • 村井達哉
  • 栗原克由
  • 景山則正
  • 濱松晶彦 / p87~87
  • P-14 マウス皮膚損傷治癒過程におけるTNF α m RNAの発現に関する検討 / 佐藤保則
  • 近藤稔和
  • 大島徹
  • 官大威
  • 南野友義
  • 大辻雅彦
  • 高安達典 / p87~87
  • P-15 脱水症ラットの腎臓における熱ショックタンパク質の発現 / 山崎健太郎
  • 伊藤かおる
  • 伊藤恵美
  • 坂田憲昭
  • 西島洋憲
  • 竹屋章
  • 鷺盛久 / p88~88
  • P-16 ヒト皮膚損傷におけるユビキチン発現に関する免疫組織化学的検討--受傷後経過時間判定への応用について / 近藤稔和
  • 官大威
  • 佐藤保則
  • 大辻雅彦
  • 南野友義
  • 高安達典
  • W.アイゼンメンガー
  • 大島徹 / p88~88
  • P-17 ヒト臓器中熱ショックタンパク質の検出--ユビキチンとHSP70について / 松村桜子
  • 林紀乃
  • 高木徹也
  • 石川典子
  • 富永良子
  • 梶原正弘
  • 須藤孝子
  • 渡辺貞一
  • 柏手宏允
  • 上野麻夫
  • 佐藤喜宣 / p89~89
  • P-18 法医剖検例におけるグルタミン酸トランスポーター(EAAT2)の発現様態 / 池松和哉
  • 津田亮一
  • 折原義行
  • 広瀬渉
  • 中園一郎 / p89~89
  • P-19 in vitro神経突起損傷モデルの開発--三叉神経節細胞およびPC12を用いて / 中山友美
  • 青木康博
  • 新津ひさえ / p90~90
  • P-21 びまん性軸索損傷に関する研究(第2報)--Secondary axotomy発生に関する検討 / 北敏郎
  • 田中敏子
  • 田中宣幸 / p91~91
  • P-22 脳損傷症例におけるIgG免疫染色の検討 / 野上誠
  • 高津光洋
  • 遠藤紀子
  • 石山昱夫 / p91~91
  • P-23 トルエン吸入による中枢神経障害に関する組織化学的研究 / 徳永逸夫
  • 久保真一
  • 後藤田貴子
  • 山本淳子 / p92~92
  • P-24 痴呆老人の法医解剖例の神経病理学的検討 / Paul M.Ng′walali
  • 木林和彦
  • 是枝亜子
  • 樋口章浩
  • 恒成茂行 / p92~92
  • P-25 外傷性脳損傷におけるNO合成酵素の発現 / 折原義行
  • 津田亮一
  • 池松和哉
  • 廣瀬渉
  • 中園一郎 / p93~93
  • P-26 ラット脳外傷モデルにおける一酸化窒素合成酵素(NOS)の誘導 / 向井敏二
  • 原修一
  • 加納節夫
  • 栗岩ふみ
  • 簗瀬武史
  • 遠藤任彦 / p93~93
  • P-27 外傷性鼓膜穿孔症例の社会医学的検討 / 壹岐裕志
  • 永嶋太
  • 伊藤洋子 / p94~94
  • P-28 ヒト大腸癌におけるABO式血液型関連糖鎖(H type1-4)の発現 / 劉玉華
  • 藤谷登
  • 上村繁雄
  • 木村博司 / p94~94
  • P-29 ヒト胸腺における複合糖鎖の発現 / 牛山郁子
  • 種子島章男
  • 長友真理子
  • 山本好男
  • 西村明儒
  • 西克治 / p95~95
  • P-30 外傷後腸管障害へのインターロイキン6の影響 / 郡司啓文
  • Geoffrey WARHURST
  • Roderick A.LITTLE
  • Stephen J.HOPKINS / p95~95
  • P-31 剖検例における血中および尿中ミオグロビン濃度と死因 / 朱宝利
  • 石田香
  • 権力
  • 藤田眞幸
  • 前田均 / p96~96
  • P-32 Xenopus laevis膵臓のDNase I 精製と生化学的性状について / 細見修
  • 安田年博
  • 竹下治男
  • 中島たみ子
  • 中嶋義充
  • 森晋二郎
  • 岸紘一郎 / p96~96
  • P-33 生体におけるシクロプロパン脂肪酸の局在 / 櫻田宏一
  • 岩瀬博太郎
  • 高取健彦
  • 長尾正崇
  • 小林雅彦
  • 松田行正
  • 畑中一仁 / p97~97
  • P-34 ヘムタンパク質の好中球リポキシゲナーゼ活性に対する影響 / 岩瀬博太郎
  • 櫻田宏一
  • 畑中一仁
  • 高取健彦
  • 長尾正崇
  • 小林雅彦
  • 松田行正
  • 池谷博 / p97~97
  • P-35 活性化好中球のアポトーシスと貪食 / 西本研志
  • 木村章彦
  • 井上啓史
  • 安田誠治
  • 野坂みずほ
  • 辻力 / p98~98
  • P-36 フリーラジカルによる生体膜障害の分子機構(II)--動脈硬化と過酸化脂質 / 浅野水辺
  • 足立順子
  • 上野易弘
  • 主田英之
  • 有吉孝一
  • 龍野嘉紹 / p98~98
  • P-37 ラットでのパラコートによる酸化ストレスとグルタチオン代謝 / 富田正文 / p99~99
  • P-38 心筋細胞虚血再灌流モデルにおける早期反応遺伝子及びG3PDH遺伝子の誘導と細胞死への関与 / 秋利彦
  • 原田一樹
  • 吉田謙一 / p99~99
  • P-39 虚血再灌流時ラット脳内Ca²⁺/カルモデユリン依存性プロテインキナーゼ(CaMK)IIの転移と活性調節機構 / 原田一樹
  • 吉田謙一 / p100~100
  • P-40 一酸化炭素(CO)中毒時の淡蒼球細胞外液中グルタミン酸濃度の変化 / 上園崇
  • 松原和夫
  • 江藤秀顕
  • 木村恒二郎
  • 水上創
  • 清水恵子
  • 塩野寛 / p100~100
  • P-41 フローサイトメトリーを利用した抗B抗体産生Bリンパ球の分離 / 大澤資樹
  • 黄秀林
  • 湯川修弘
  • 斎藤剛
  • 武市早苗 / p101~101
  • P-42 α₂-Macroglobulinを指標とするSandwich Dot-ELISA法による人血証明法--人・獣鑑別に関する法医学的研究 / 北武
  • 三戸聖也
  • 牧野容子
  • 黒田直人 / p101~101
  • P-43 毛髪の異同識別におけるカフェイン分析の有用性 / 棚田徳彦
  • 柏村征一
  • 影浦光義
  • 原健二 / p102~102
  • P-44 酵素免疫測定法によるヒト及び臓器の識別同定:膵損傷の免疫学的検討(第1報)--Pancreatic Elastase IIIのサンドイッチ酵素免疫測定法 / 柿崎英二
  • 瀬尾泰久
  • 松田洋和
  • 高浜桂一 / p102~102
  • P-45 精液の新しい証明法--精子運動抑制因子の同定 / 佐藤至
  • 吉池美紀
  • 岩本晃明 / p103~103
  • P-46 HPLCによるヒト尿斑の証明法について--年齢と性別推定に関する考察 / 中園毅彦
  • 柏村征一
  • 原健二
  • 久冨健敏
  • 林葉康彦 / p103~103
  • P-47 金コロイドを用いたSandwich法による唾液からのABO式血液型判定 / 森田香
  • 木村博子 / p104~104
  • P-48 法科学的資料からのABO式血液型の遺伝子型判定 / 澤崎一三
  • 青山正洋
  • 飯田礼子
  • 松木孝澄 / p104~104
  • P-49 ヒト唾液ムチン上のABO式血液型物質について / 大森毅
  • 佐藤元
  • 坂井活子 / p105~105
  • P-50 抗ヒト前立腺特異抗原モノクローナル抗体を用いた精液の血液型検出法 / 細江洋之
  • 山本秀孝
  • 種子島章男
  • 山際ちとせ
  • 渡邊晋作
  • 福永龍繁 / p105~105
  • P-51 Lewis式血液型の生後変化について 1.Lewis抗原とLewis(Le)およびSecretor(Se)遺伝子型 / 飴野節子
  • 木村博子
  • 飴野清
  • 張霞
  • 木下博之
  • 窪田高子
  • 辻中正壮
  • 井尻巖 / p106~106
  • P-52 Lewis式血液型の生後変化について 2.時間分解蛍光測定によるLewis抗原の定量的解析 / 木村博子
  • 王桂蘭
  • 袁景利
  • 松本和子
  • 飴野節子
  • 飴野清 / p106~106
  • P-53 SSCP法によるDYS389およびDYS390ローカスの分析(第2報) / 堤博文
  • 向山レイ
  • 佐野悦夫
  • 小室歳信 / p107~107
  • P-54 父子鑑定で観察されたESD型のreverse homozygosityについて / 湯浅勲
  • 梅津和夫
  • 中村博明
  • 入澤淑人 / p107~107
  • P-55 沖縄在住日本人における9種類のSTR遺伝子頻度 / 玉城尚
  • 福家千昭
  • 荒尾友則
  • 高江洲一
  • 森永泰正
  • 宮崎哲次 / p108~108
  • P-56 中国人における9種STR多型の解析 / 王秀玲
  • 澤口聡子
  • 福島康子
  • 山下ケサ子
  • 澤口彰子 / p108~108
  • P-57 日本人集団と中国人集団におけるY-STR多型 / 紀貴金
  • 那谷雅之
  • 橋谷田真樹
  • 金武潤
  • 安達登
  • 美作宗太郎
  • 舟山眞人 / p109~109
  • P-58 ABO式血液型組換えアリル頻度の地域差 / 梅津和夫
  • 渡邉剛太郎
  • 湯浅勲
  • 吾郷一利
  • 三好綾
  • 柏村征一
  • 津金澤督雄
  • 鈴木庸夫 / p109~109
  • P-59 南西諸島におけるITIH1遺伝子の分布 遺伝子頻度の地理的勾配 / 吾郷一利
  • 湯浅勲
  • 梅津和夫
  • 津金澤督雄 / p110~110
  • P-60 HLA-B近傍に存在するマイクロサテライトのハプロタイプ頻度 / 太田正穂
  • 勝山善彦
  • 劉春燕
  • 高柳カヨ子
  • 浅村英樹
  • 福島弘文 / p110~110
  • P-61 フィンランド人のフラッシング現象とアルコール及びアルデヒド脱水素酵素多型 / 山本秀孝
  • 種子島章男
  • 細江洋之
  • 山際ちとせ
  • 福永龍繁 / p111~111
  • P-62 日本人集団とHungarian Caucasian集団とにおけるD11S554アレルの頻度分布ならびに塩基配列の比較 / 永井淳
  • 渡辺芳久
  • Zsolt Kozma
  • 高山知周
  • 山田定男
  • 中村功
  • 武内康雄
  • 西克治
  • 大谷勲 / p111~111
  • P-63 ヒトdeoxyribonucleaseII(Dnase II)遺伝子は第19染色体短腕13.2-13.1領域に位置する。 / 竹下治男
  • 安田年博
  • 中島たみ子
  • 細身修
  • 中嶋義充
  • 森晋二郎
  • 岸紘一郎 / p112~112
  • P-64 MBP-STR多型のシークエンス分析 / 福井謙二
  • 高津光洋 / p112~112
  • P-65 非対称PCR/SSCP法を用いたSTR同鎖長異型構造多型の分離 / 秋山勝則
  • 島田敬子
  • 吉井富夫
  • 武田江里加
  • 石山昱夫 / p113~113
  • P-66 SRY遺伝子465番目の塩基多型 / 内藤笑美子
  • 出羽厚二
  • 鷲見博和
  • 山内春夫 / p113~113
  • P-67 SSCP法およびDGGE法による複合型STR座多型解析の試み / 福田昌子
  • 岸田哲子
  • 玉置嘉廣 / p114~114
  • P-68 D1S80のホモ接合体のシークエンス解析 / 劉春燕
  • 高柳カヨ子
  • 浅村英樹
  • 太田正穂
  • 福島弘文 / p114~114
  • P-69 ABO式血液型遺伝子の上流域におけるDNA多型について / 島田一郎
  • 小湊慶彦
  • 畑伸秀
  • 滝澤久夫 / p115~115
  • P-70 レトロウイルスベクターを用いたRHD遺伝子の発現解析 / 岩本禎彦
  • 奥田浩
  • 山崎昌子
  • 近江俊徳
  • 梶井英治 / p115~115
  • P-71 Allelic structures at MS205(D16S309)in the Japanese Population / Yim-Kheng LEONG
  • Keiji TAMAKI
  • Xiu-Lin HUANG
  • Takashi YOSHIMOTO
  • Miwa TANAKA
  • Rieko UCHIHI
  • Toshimichi YAMAMOTO
  • Yoshinao KATSUMATA / p116~116
  • P-72 セロトニン関連遺伝子多型と自殺 / 上野易弘
  • 主田英之
  • 浅野水辺
  • 足立順子
  • 矢田加奈子
  • 有吉孝一
  • 西中川篤
  • 龍野嘉紹 / p116~116
  • P-73 PCR-based methodによる補体C9の欠損遺伝子(R95X)の検索 / 西向弘明
  • 沖浦達幸
  • 西村浩治
  • 織本千年
  • 福森泰雄 / p117~117
  • P-74 血清型α(1,3)フコース転移酵素遺伝子(FUT6)の多型解析 / 副島美貴子
  • PANG HAO
  • 神田芳郎
  • 木村博司 / p117~117
  • P-75 尿検体を試料としたDNAタイピングの試み / 斎藤久子
  • 佐藤彌生
  • 安部睦
  • 黒崎久仁彦
  • 木内政寛 / p118~118
  • P-76 DNA分析試料としての爪の有用性 / 中西祥徳
  • 守屋文夫
  • 高橋直子
  • 橋本良明 / p118~118
  • P-77 熱変性した材料からのDNA分析(第3報) / 安積順一
  • 田畑典子
  • 森田匡彦 / p119~119
  • P-78 歯科補綴材料を用いたDNA分析--手指の接触による汚染について / 花岡洋一
  • 井上雅嗣
  • 水口清 / p119~119
  • P-79 陳旧血痕よりD1S80アリルの検出について / 鉄堅
  • 塚本昭次郎
  • 押田茂實
  • 内ケ崎西作
  • 鐘ケ江孝
  • 磯部英二
  • 武藤亨
  • 廣瀬誠 / p120~120
  • P-80 直接遺伝子増幅法による血痕からのHLA DRB遺伝子タイピング / 篠塚達雄
  • 山本靖久
  • 武井節子
  • 大上治
  • 中島理加
  • 呂彩子
  • 馬膓美年子
  • 富田明代
  • 村井達哉
  • 柳田純一 / p120~120
  • P-81 愛媛大学学生に於けるレントゲン像の手の指骨長と実際の身長との関係 / 四宮薫
  • 四宮孝昭 / p121~121
  • P-82 骨のアスパラギン酸のラセミ化反応速度について / 大谷進
  • 小笠原章夫
  • 丸茂忠英
  • 杉本治雄
  • 菅野均
  • 山本伊佐夫
  • 山田良広
  • 松島芳文 / p121~121
  • P-83 古人骨(古墳時代人)鑑定中にみられた特殊な咬耗 / 井上晃孝
  • 湯浅勲
  • 池渕淳
  • 入澤淑人 / p122~122
  • P-84 歯科用デジタルX線撮影装置を用いた側方歯群の根管幅指数からの年齢推定 / 網干博文
  • 高橋登世子
  • 岡村浩一
  • 小室歳信 / p122~122
  • P-85 SYBR Greenを使用したデオキシリボ核酸分解酵素の新しい高感度活性染色法 / 飯田礼子
  • 澤崎一三
  • 青山正洋
  • 松木孝澄
  • 安田年博
  • 岸紘一郎 / p123~123
  • P-86 埼玉県下における覚せい剤および関連化合物の最近の傾向--キラルカラムを用いた光学活性分析 / 雨宮正欣
  • 頼建仲
  • 山本初子
  • 長井辰男 / p123~123
  • P-87 覚醒剤乱用者尿中からのd-およびl-methamphetamine光学異性体の検出例 / 松島和巳
  • 長井敏明
  • 今野渉
  • 高橋雅典
  • 石岩宏朗
  • 徳留省悟 / p124~124
  • P-88 長期大麻喫煙後におけるラット脳の免疫組織化学的研究 / 窪田聡
  • 岩田祐子
  • 宮坂祥夫
  • 吉野峰生 / p124~124
  • P-89 有機リン中毒時の骨格筋及び神経特異的mRNA発現量の変化について / 松田洋和
  • 瀬尾泰久
  • 柿崎英二
  • 高浜桂一 / p125~125
  • P-90 急性パラコート中毒時の肺組織中過酸化脂質濃度へのセレギリンの効果 / 高橋節典
  • 木村恒二郎
  • 松原和夫
  • 江藤秀顕
  • 上園崇 / p125~125
  • P-91 ラット副腎に対するトルエン吸入の影響について / 後藤田貴子
  • 久保真一
  • 徳永逸夫
  • 山本淳子 / p126~126
  • P-92 トルエン長期暴露の生体影響(2)ラット体内濃度分布からみた若齢期および成年期暴露の比較検討 / 林美千子
  • 伊藤敦子
  • 馮永求
  • 星田美奈子
  • 津田征郎 / p126~126
  • P-93 1,2-ジブロモ-3-クロロプロパンの肝・腎毒性:投与後の経過時間による組織学的観察 / 伊藤敦子
  • 林美千子
  • 馮永求
  • 星田美奈子
  • 津田征郎 / p127~127
  • P-94 エタノールの細胞分裂抑制効果と微小管の変化--培養細胞による検討 / 真下啓子
  • 長谷場健
  • 大野曜吉 / p127~127
  • P-95 急性エタノール投与後のラット肝核DNAの酸化的損傷(続報) / 蓑輪康
  • 松本博志
  • 西谷陽子
  • 福井有公 / p128~128
  • P-96 メタンフェタミンの心筋微小管に及ぼす影響 / 前野善孝
  • 岩佐峰雄
  • 小山宏義
  • 門間純
  • 土持師
  • 的場梁次 / p128~128
  • P-97 各種薬毒物による腎障害と脂質過酸化--HPLCポストカラム法による腎組織内過酸化脂質の定量 / 水谷洋子
  • 山田高路 / p129~129
  • P-98 子宮平滑筋に及ぼす分娩誘発剤の影響について / 狸々英紀
  • 伊藤洋子 / p129~129
  • P-99 輸液が血中アルコール濃度に及ぼす影響 ウサギを用いた実験的研究 / 長崎靖
  • 守屋文夫
  • 橋本良明 / p130~130
  • P-100 ラットのエタノール代謝に及ぼすキサンチン誘導体の影響 / 磯部英二
  • 鐘ケ江孝
  • 武藤亨
  • 廣瀬誠
  • 塚本昭次郎
  • 名児耶忠章
  • 嶋村政男
  • 三枝洋子 / p130~130
  • P-101 殺鼠剤ネズレスの法中毒学的検討 / 権守邦夫
  • 吉岡尚文 / p131~131
  • P-102 固相ミクロ抽出によるヒト体液中メチルキサンチン類の簡易抽出法 / 熊澤武志
  • 妹尾洋
  • 李暁鵬
  • 近藤圭
  • 佐藤啓造
  • 鈴木修 / p131~131
  • P-103 ジクワット誘導体を用いたパラコート-ジクワット混液の比色定量法 / 南方かよ子
  • 鈴木修 / p132~132
  • P-104 液体クロマトグラフィー・質量分析 (LC/MS)法によるブチロフェノン類の検出 / 服部秀樹
  • 妹尾洋
  • 岩井雅枝
  • 黒野俊介
  • 鈴木修
  • 山田高路 / p132~132
  • P-105 酸素飽和血対照CO-Hb吸光度定量法に及ぼす加温の影響 / 沖井裕
  • 吉田学
  • 綿引利充
  • 吉村澄孝
  • 時安太久磨
  • 赤根敦 / p133~133
  • P-106 飲料中毒物の簡易検査法 I.塩素系漂白剤,クレゾール石鹸 / 吉田学
  • 綿引利充
  • 沖井裕
  • 吉村澄孝
  • 時安太久磨
  • 赤根敦 / p133~133
  • P-107 乱用薬物検査パネルTRIAGE(R)における薬物スクリーニングの問題点(第2報) / 西口美紀
  • 日笠久美
  • 山内順子
  • 谷口忠昭
  • 根來宗孝
  • 大内晴美
  • 南貴子
  • 岸本卓也
  • 菱田繁 / p134~134
  • P-108 生体試料中の有機リン系農薬の簡易検出法 / 奈女良昭
  • 内海兆郎
  • 屋敷幹雄
  • 今村徹
  • 大谷美奈子
  • 小嶋亨 / p134~134
  • P-109 生体試料中のプロムワレリル尿素の簡易呈色法 / 内海兆郎
  • 奈女良昭
  • 屋敷幹雄
  • 今村徹
  • 大谷美奈子
  • 小嶋亨 / p135~135
  • P-110 カーバメート系農薬Furathiocarb中毒の法中毒学的分析 / 飴野清
  • 李相基
  • 飴野節子
  • 木下博之
  • 田中直康
  • 窪田高子
  • 張霞
  • 井尻巌 / p135~135
  • P-111 ガスクロマトグラフィー/負イオン化学イオン化質量分析によるトリアゾラムおよびその代謝物の同時分析 / 工藤恵子
  • 池田典昭
  • 日野由貴子
  • 江崎リエ
  • 大塚幸 / p136~136
  • P-112 キャピラリーHPLCによる向精神薬の一斉分析 / 田口智子
  • 李暁鵬
  • 道解公一
  • 熊澤武志
  • 角田健司
  • 佐藤啓造 / p136~136
  • P-113 鎮痛薬GewodinR投与によるヒト尿中代謝物としてのmethamPhetamineに関する研究 / 柳澤裕子
  • 岡崎登志夫
  • 雨宮正欣
  • 山本初子
  • 長井辰男
  • Otto Prokop / p137~137
  • P-114 多剤服用による中毒例 / 林紀乃
  • 松村桜子
  • 高木徹也
  • 梶原正弘
  • 須藤孝子
  • 渡辺貞一
  • 柏手宏允
  • 石川典子
  • 富永良子
  • 上野麻夫
  • 佐藤喜宣 / p137~137
  • P-115 パラコート/ダイコート合剤を飲用後短時で入室した中毒患者体液中パラコートならびにダイコート濃度の推移 / 林田真喜子
  • 仁平信
  • 大野曜吉
  • 犬塚祥
  • 益子邦洋 / p138~138
  • P-116 有機リン系農薬(DDVP)による中毒死が疑われた一剖検例 / 中島理加
  • 篠塚達雄
  • 武井節子
  • 大上治
  • 呂彩子
  • 馬塲美年子
  • 富田明代
  • 村井達哉
  • 柳田純一
  • 三戸聖也
  • 黒田直人 / p138~138
  • P-117 うじ殺し剤中毒剖検例のo-ジクロロベンゼン分析 / 前橋恭子
  • 北村修
  • 阿部光伸
  • 村田須美枝
  • 高津光洋 / p139~139
  • P-118 プロフェノホス中毒死例における体液中プロフェノホスの定量 / 妹尾洋
  • 鈴木加奈子
  • 鈴木修 / p139~139
  • P-119 ロルメタゼパム大量服用例におけるロルメタゼパムとその代謝物の体内動態 / 福家千昭
  • 荒尾友則
  • 森永康正
  • 高江洲一
  • 玉城尚
  • 宮崎哲次 / p140~140
  • P-120 A FATAL CASE OF ACEBUTOLOL INTOXICATION / Reinhard Urban
  • Jürgen Becker
  • Siegfried Zörntlein / p140~140
  • P-121 特異な所見を伴っていた覚せい剤注射痕の検査例 / 寺沢浩一 / p141~141
  • P-122 後頭部に挫裂創が存在していた縊頸の1検案例 / 寺沢浩一 / p141~141
  • P-123 気道内腔閉塞による窒息死の1剖検例 / 寺沢浩一
  • 千葉美彩子 / p142~142
  • P-124 保護シートによる体位性窒息 / 小島原将直
  • 伏見良隆
  • 谷藤隆信 / p142~142
  • P-125 自他殺の別が問題になったパーキンソン病患者の絞頚死例 / 反町吉秀
  • 金田成浩
  • 李裕江
  • 吉本寛司
  • 安原正博 / p143~143
  • P-126 死体所見および浮上までの日数に著明な差が認められたある心中事件の水死体 / 山本啓一
  • 早瀬環
  • 松本博志
  • 山本淑子
  • 蓑輪康
  • 西谷陽子
  • 阿比留仁
  • 福井有公 / p143~143
  • P-127 Cornelia de Lange症候群患者の1剖検例 / 井上貴弘
  • 森村佳史
  • 下嶋典子
  • 福留昭人
  • 石谷昭子
  • 羽竹勝彦 / p144~144
  • P-128 頭部射創剖検例の検討 / 金田成浩
  • 反町吉秀
  • 李裕江
  • 上村公一
  • 吉本寛司
  • 安原正博 / p144~144
  • P-129 発射距離算定について試射を行った猪狩用散弾銃誤射事例について / 伊藤洋子 / p145~145
  • P-130 白血病による脳内出血例 / 田畑典子
  • 安積順一
  • 森田匡彦 / p145~145
  • P-131 幼児の頸髄損傷 / 向田政博
  • 高田雄三
  • 海野由美子 / p146~146
  • P-132 歯科レントゲンフイルムによる個人識別5例 / 高橋雅典
  • 宮川譲次
  • 加藤幸映
  • 長井敏明
  • 石岩宏朗
  • 今野渉
  • 徳留省悟 / p146~146
  • P-133 郵便局CD機の防犯ビデオに写し出された人物の個人識別 / 水口清
  • 花岡洋一
  • 高木賢治
  • 高橋健一 / p147~147
  • P-134 新潟県における高速道路上の交通事故 / 山内春夫
  • 出羽厚二
  • 伊沢寛志
  • 児玉安司
  • 内藤笑美子
  • 小久保亜早子 / p147~147
  • P-135 セスナ機墜落事故死体に見られた損傷について / 辻洋子
  • 西尾元
  • 宮崎時子
  • 松井清司
  • 石田美佐
  • 鈴木広一 / p148~148
  • P-136 著しい心筋変化のみられた一熱中症例 / 津金澤督雄
  • 小片守
  • 吾郷一利
  • 吾郷美保子
  • 神村崇悟
  • 中島弘志 / p148~148
  • P-137 トイレブラシの臀部刺入により失血死した一剖検例 / 永井智紀
  • 古川理孝
  • 松井秀和
  • 田渕未里
  • 中村茂基
  • 杉江秀明
  • 小林英樹
  • 中丸尚美
  • 栗原文男
  • 今井寛
  • 栗原克由 / p149~149
  • P-138 十二指腸に穿孔破裂した腹部大動脈瘤の1例 / 内ヶ崎西作
  • 呂彩子
  • 林紀乃
  • 村井達哉
  • 谷藤隆信
  • 押田茂實 / p149~149
  • P-139 背部に刺創のある転落死の1剖検例 / 本田克也
  • 黒木尚長
  • 山崎元彦
  • 寺田賢
  • 中留真人
  • 小椋義明
  • 中村正巳
  • 瀧北祥子
  • 的場梁次 / p150~150
  • P-140 特異なバラバラ死体の一剖検例 / 古川理孝
  • 松井秀和
  • 永井智紀
  • 田渕未里
  • 杉江秀明
  • 中村茂基
  • 今井寛
  • 網干博文
  • 小室歳信
  • 栗原克由 / p150~150
  • P-141 死体焼却後海中に投棄されていた骨片からの個人識別 / 山本雄二
  • 宮石智
  • 吉留敬
  • 小野俊明
  • 重田佳昭
  • 土井裕輔
  • 石津日出雄 / p151~151
  • P-142 いじめによる暴力が死因と疑われた中学生の急死 / 清水恵子
  • 水上創
  • 上園崇
  • 福島亨
  • 佐々木雅弘
  • 塩野寛 / p151~151
  • P-143 児童虐待例の社会的背景 / 藤倉隆
  • 平田公一
  • 小湊慶彦
  • 滝澤久夫 / p152~152
  • P-144 覚醒剤の溶解に使用されたアルコール飲料の識別 / 樋田義博
  • 工藤恵子
  • 辻彰子
  • 高橋香
  • 池田典昭 / p152~152
  • P-145 親子鑑定における倫理的,法的,社会的問題 / 勝又義直
  • 野澤秀樹
  • 水谷正樹
  • 吉本高士
  • 石井晃
  • 山本敏充 / p153~153
  • P-146 Rh血液型モザイク個体の成因は1番染色体の2重片親性ダイソミーである / 三好修 / p153~153
  • P-147 親子鑑定例に見い出されたvWAアレル21の同定 / 近江俊徳
  • 永井淳
  • 奥田浩
  • 岩本禎彦
  • 大谷勲
  • 梶井英治 / p154~154
  • P-148 死後認知訴訟に係る父子鑑定2例 遺髪と血液型検査成績用紙のSTR多型分析 / 岸田哲子
  • 福田昌子
  • 玉置嘉廣 / p154~154
  • P-149 同胞関係の存否に関する数量的判別法の比較検討 / 青木康博
  • 三枝聖
  • 熊谷礼子
  • 中屋敷徳
  • 那谷雅之
  • 橋谷田真樹 / p155~155
  • P-150 外科外来初診時「がん」告知アンケートの実際 / 荘司輝昭
  • 須貝英光
  • 安倍知見
  • 谷若弘一
  • 中野春雄 / p155~155
  • P-151 剖検例中の中毒死例の検討 / 小山宏義
  • 前野善孝
  • 井上博之
  • 岩佐峰雄
  • 土持師
  • 中村昌美
  • 的場梁次 / p156~156
  • P-152 老人の自殺に関する統計的観察--横浜市大法医学教室で扱った過去11年間の統計的観察 / 相原弼徳
  • 稲村啓二
  • 小川裕美
  • 藤原敏
  • 津藤有子
  • 平林美智子
  • 佐藤秀則 / p156~156
  • P-153 自殺予測判定基準について / 國井敏
  • 阿部すみ子
  • 平岩幸一 / p157~157
  • P-154 背景因子からみた突然死の疫学 / 黒木尚長
  • 本田克也
  • 瀧北祥子
  • 中留真人
  • 山崎元彦
  • 的場梁次 / p157~157
  • P-155 大規模災害時死体検案に対する臨床医の意識ならびに支援可動性 / 西村明儒
  • 高津光洋
  • 三澤章吾
  • 高濱桂一
  • 福永龍繁
  • 西克治 / p158~158
  • P-156 身元不明死体の個人同定における歯科的所見の意義 / 佐古田茂樹
  • 朱宝利
  • 石田香
  • 織谷茂樹
  • 藤田眞幸
  • 前田均 / p158~158
  • P-157 K562細胞中に存在するRhポリペプチドmRNAの同定 / 坂田憲昭
  • 山崎健太郎 / p159~159
  • P-158 アフリカにおける路上裁判の法医学・社会学的考察 / 恒成茂行
  • Paul M.Ng′walali
  • 浜田希世
  • 米満孝聖 / p159~159

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本法医学雑誌 = The Japanese journal of legal medicine
著作者等 日本法医学会
書名ヨミ ニホン ホウイガク ザッシ = The Japanese journal of legal medicine
書名別名 The Japanese journal of legal medicine

Nihon hoigaku zasshi
巻冊次 53(1)
出版元 日本法医学会
刊行年月 1999-04
ページ数
大きさ 26-28cm
ISSN 00471887
NCID AN00197605
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00019085
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想