日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology  98(13)

日本皮膚科学会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 67(1):1957.1-93(13):1983.12 ; 111(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;67巻1号-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 会頭講演 皮膚悪性腫瘍の今日 / 荒尾龍喜 / p1287~1291
  • 土肥記念国際皮膚科学交換講座 Management of Cutaneous Melanoma / Natale Cascinelli / p1292~1293
  • 招請講演 1.A phase I-II clinical trial with murine antiidiotypic monoclonal antibodies to syngeneic anti HMW-MAA monoclonal antibodies. / Soldano Ferrone / p1294~1294
  • 招請講演 2.Clinical and laboratory features of AIDS / Bijan Safai / p1295~1298
  • 招請講演 3.Cutaneous Amyloidoses / 王鑄軍 / p1299~1299
  • 招請講演 4.Vibration Syndrome / 余幸司 / p1300~1300
  • 教育講演 1.皮膚・毛器官の新しい見方 / 養老孟司 / p1301~1303
  • 教育講演 2.脂肪組織とコラーゲン / 宇宿源太郎 / p1304~1307
  • 教育講演 3.バイオテクノロジーの進歩と免疫学 / 岸本忠三 / p1308~1308
  • 教育講演 4.水疱症に関する最近の知見 / 笹井陽一郎 / p1309~1311
  • 教育講演 5.AIDSウイルス--予防と治療 / 山本直樹 / p1312~1316
  • 教育講演 6.ヒトレトロウイルス,ATLとAIDS / 日沼頼夫 / p1317~1317
  • 教育講演 7.ATLの臨床 / 高月清 / p1318~1320
  • 教育講演 8.色素異常症 / 堀嘉昭 / p1321~1323
  • 教育講演 9.皮膚良性腫瘍--囊腫について / 幸田弘 / p1324~1326
  • 教育講演 10.STDの現状 / 岡本昭二 / p1327~1329
  • 特別講演 1.糖代謝異常と線維芽細胞--特にdiabetic scleredemaを中心に / 前川嘉洋 / p1330~1333
  • 特別講演 2.活性酸素と皮膚疾患--とくに酸素ストレスと抗酸化能について / 宮地良樹 / p1334~1335
  • 特別講演 3.チロジナーゼの基礎と臨床--紫外線による色素沈着の機構と全身性白皮症の病因 / 富田靖 / p1336~1339
  • 特別講演 4.医真菌学における最近の進歩 / 松本忠彦 / p1340~1342
  • シンポジウム1・皮膚の炎症の病理と生化学 1.好中球その遊走機序と働き / 加藤泰三 / p1343~1344
  • シンポジウム1・皮膚の炎症の病理と生化学 2.皮膚I型アレルギー反応における多核白血球の動態 / 山本昇壮 / p1345~1346
  • シンポジウム1・皮膚の炎症の病理と生化学 3.好酸球--その遊走機序と役割 / 福田健 / p1347~1347
  • シンポジウム1・皮膚の炎症の病理と生化学 4.皮膚好酸球浸潤の意味づけ / 津田真五 / p1348~1349
  • シンポジウム1・皮膚の炎症の病理と生化学 5.好塩基球の機能のメディエーター / 片山一朗 / p1350~1350
  • シンポジウム1・皮膚の炎症の病理と生化学 6.好塩基球浸潤と皮膚アレルギー / 池澤善郎 / p1351~1352
  • シンポジウム1・皮膚の炎症の病理と生化学 7.マスト細胞の分化調節 / 北村幸彦 / p1353~1353
  • シンポジウム1・皮膚の炎症の病理と生化学 8.単球走化性因子の分析 / 神原武 / p1354~1355
  • シンポジウム1・皮膚の炎症の病理と生化学 9.肉芽腫性炎症と単球機能 / 伊崎誠一 / p1356~1358
  • シンポジウム2・ヒト乳頭腫ウイルスと悪性腫瘍 1.ヒト乳頭腫ウイルスと悪性腫瘍 / 新村眞人 / p1359~1359
  • シンポジウム2・ヒト乳頭腫ウイルスと悪性腫瘍 2.疣贅状表皮発育異常症における悪性腫瘍の発生について / 谷垣武彦 / p1360~1363
  • シンポジウム2・ヒト乳頭腫ウイルスと悪性腫瘍 3.子宮頸癌とヒト乳頭腫ウイルスとの関係について / 吉川裕之 / p1364~1364
  • シンポジウム2・ヒト乳頭腫ウイルスと悪性腫瘍 4.抗乳頭腫ウイルス抗体によるウイルス粒子の検出 / 江川清文 / p1365~1366
  • シンポジウム2・ヒト乳頭腫ウイルスと悪性腫瘍 5.Blot hybridization法によるヒト乳頭腫ウイルスDNAの検出 / 川島真 / p1367~1369
  • シンポジウム2・ヒト乳頭腫ウイルスと悪性腫瘍 6.In situ hybridization法によるウイルスDNAの検出 / 本田まりこ / p1370~1371
  • シンポジウム2・ヒト乳頭腫ウイルスと悪性腫瘍 7.ヒト乳頭腫ウイルスによる発癌について / 湯通堂満寿男 / p1372~1373
  • ワークショップ1・悪性黒色腫 / 石原和之
  • 池田重雄 / p1374~1375
  • ワークショップ2・毛の生物学 / 高島巌
  • 蜂須賀裕志 / p1376~1381
  • ワークシッヨプ3・皮膚悪性リンパ腫 / 田代正昭
  • 難波紘二 / p1382~1384
  • I.病態と機能 / 橋本秀樹ら / p1382~1382
  • II.分類 / 高橋慎一ら / p1382~1383
  • III.治療 / p1383~1384
  • CPC / 三木吉治
  • 井上勝平
  • 宇宿源太郎
  • 高橋潔 / p1385~1386
  • 一般演題・スライド供覧 / 広根孝衛
  • 森嶋隆文 / p1387~1426
  • 悪性黒色腫 / 広根孝衞
  • 森嶋隆文 / p1387~1388
  • ケラチノサイト / 吉川邦彦
  • 手塚正 / p1388~1390
  • 乾癬 / 麻生和雄
  • 飯塚一 / p1390~1391
  • 角化症 / 大河原章
  • 橋本功 / p1391~1392
  • リケッチア・細菌など / 肥田野信
  • 西脇宗一 / p1392~1393
  • ウイルス感染 / 香川三郎
  • 佐々田健四郎 / p1393~1394
  • 真菌症など / 渡辺昌平
  • 高橋伸也 / p1394~1397
  • サルコイドーシスなど / 板東真弓ら / p1397~1399
  • 附属器腫瘍など / 藤澤龍一
  • 高岩堯 / p1399~1399
  • 間葉系腫瘍など / 青木和夫
  • 名嘉間武男 / p1399~1401
  • ボーエン病など / 古谷達孝
  • 喜多野征夫 / p1401~1403
  • BCCなど / 安原稔
  • 地土井襄璽 / p1403~1404
  • 色素異常など / 高瀬吉雄
  • 高橋誠 / p1404~1405
  • 遺伝疾患 / 西山茂夫
  • 昆宰市 / p1405~1405
  • SLEなど / 植木宏明
  • 金子史男 / p1405~1408
  • 膿皮症など / 北村啓次郎
  • 上原正巳 / p1408~1409
  • アミロイドーシスなど / 大橋勝
  • 露木重明 / p1409~1410
  • 代謝異常症など / 大城戸宗男
  • 濱田稔夫 / p1410~1411
  • 接触性皮膚炎など / 上田宏
  • 清水正之 / p1411~1412
  • アトピー性皮膚炎など / 本田光芳
  • 山本昇壮 / p1412~1414
  • PSSなど / 徳田安章
  • 森俊二 / p1414~1417
  • 水疱症 / 西川武二
  • 矢尾板英夫 / p1417~1419
  • 光アレルギー / 三浦隆
  • 佐藤吉昭 / p1419~1419
  • 中毒疹 / 安野洋一
  • 溝口昌子 / p1419~1421
  • 爪・毛髪疾患など / 佐藤良夫
  • 菊地一郎 / p1421~1422
  • 悪性腫瘍など / 高安進
  • 諸橋正昭 / p1422~1424
  • 血管腫瘍など / 麻上千鳥
  • 荒田次郎 / p1424~1425
  • 悪性リンパ腫 / 旭正一
  • 中島弘 / p1425~1426
  • 学術展示 / p1427~1429
  • 第87回日本皮膚科学会総会記事 / p1430~1449

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology
著作者等 日本皮膚科学会
書名ヨミ ニホン ヒフカ ガッカイ ザッシ = The Japanese journal of dermatology
書名別名 The Japanese journal of dermatology
巻冊次 98(13)
出版元 日本皮膚科学会
刊行年月 1988-12
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 0021499X
NCID AN00196602
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00019021
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想