日本生理学雑誌  22(8)

日本生理学会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 11 (9・10) 1949.12~66 (4) 2004;本タイトル等は最新号による;1巻1号-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 一般口演 / 蓑島高
  • 小田輝子 / p653~693
  • 1 人工赤血球に関する研究(II) / 簑島高
  • 小田輝子 / p653~653
  • 2 熱溶血の時間的経過について / 竹中繁雄
  • 竹中昇 / p653~653
  • 3 溶血過程におけるカタラーゼ反応について / 片山吉穂
  • 遠藤治郎
  • 小門峯子
  • 舟木広 / p653~654
  • 4 赤血球膜のNaイオン透過性に及ぼすDCGの影響 / 今村昭
  • 佐々木長代 / p654~654
  • 5 超薄切片法による赤血球膜の研究 / 品川嘉也
  • 小倉光夫 / p654~655
  • 6 白血球の腸管内排泄について / 伊藤信義
  • 嵯峨山隆
  • 瀬藤晃一
  • 前川裕彦
  • 村瀬和夫
  • 田村嘉宏 / p655~655
  • 7 体内性白血球増多因子について / 福田篤郎
  • 松本修
  • 宮坂厚
  • 大出浩 / p655~655
  • 8 再び白血球の起原について / 森下敬一 / p655~656
  • 9 プラスミンの生理学的研究 / 岡本彰祐
  • 土屋和道
  • 渡部英史
  • 丸尾雅弘 / p656~656
  • 10 イプシロン・アミノカプロン酸による線維素溶解現象の解析 / 福武勝博
  • 近藤正
  • 高橋進 / p656~657
  • 11 アルブミン細分画の化学反応性について / 曾我美勝 / p657~657
  • 12 血液泡沫現象に対するストレスの影響について / 青木一郎
  • 佐多誠之 / p657~658
  • 13 硝子電極の臨床的応用 / 藤本守
  • 杉本順一
  • 仁木偉瑳夫 / p658~658
  • 14 血中炭酸ガス分圧の直接測定法とその応用 / 石谷邦介
  • 望月政司
  • 小山富康 / p658~659
  • 15 アドレナリン・ノルアドレナトンの脳内分布と各種薬剤の影響について / 石川幸重
  • 岩崎政行 / p659~659
  • 16 アドレナリン(A)およびノルアドレナリン(NA)投与時の末梢血管の動態 / 田多井吉之介
  • 浅野牧茂 / p659~660
  • 17 左・右心,および大・小循環系における血行力学の比較観察,とくに臨床に用いられる方法論を吟味して / 木下安弘
  • 浪川素
  • 稲垣義明 / p660~660
  • 18 β回路挿入法による頸動脉洞血圧調節系の分析 / 畠山一平
  • 渡辺武
  • 高橋正
  • 鈴木文男 / p660~661
  • 19 脳微細血管の知見補遺 / 小川義雄
  • 沖田実
  • 遊佐清有 / p661~661
  • 20 血管の病態生理学的研究--続報 "動脉硬化生起物質"による内膜シリコン様特性の傷害 / 島本多喜雄
  • 山崎博男
  • 井上道男
  • 藤田勉
  • 須永俊明
  • 石岡忠夫 / p661~662
  • 21 ガマ心筋の構造(第2報) / 本山十三生 / p662~662
  • 22 かきの心臓について / 西丸和義
  • 佐々木道昭
  • 西丸貞 / p662~662
  • 23 歯牙抜去手術の侵襲により生体反応について--好酸球の消長 / 染谷たき / p662~663
  • 24 蛙の口蓋神経の反射性衝撃 / 中原敏
  • 野代平治 / p663~663
  • 25 振動刺激による家兎唾液分泌曲線の変化 / 川村一男
  • 田口秀子 / p663~663
  • 26 唾液腺の排泄作用について / 覚道幸男
  • 吉田洋
  • 上羽隆夫 / p663~664
  • 27 嚥下運動時における口腔,咽頭ならびに食道内圧の変化 / 宮川清 / p664~665
  • 28 胃粘膜の塩酸分泌について / 北原怜
  • 田中育郎 / p665~665
  • 29 シロネズミ胃粘膜下に注射した薬物に対する塩酸分泌反応 / 塚本長 / p665~665
  • 30 大内臓神経切断中枢端の電気刺激に依る胃内圧の変動について--猫に於ける実験 / 小沢逞夫 / p665~666
  • 31 小腸筋層の研究 / 本多和正
  • 横山正松 / p666~666
  • 32 腸管におけるカルシウムと無燐機酸の吸収について / 浅野智秋 / p666~667
  • 33 大腸内容輸送に対する腸内粘膜内反射の役割について / 福原武
  • 中山沃
  • 難波良司 / p667~667
  • 34 白鼠の成長ならびに肝機能とTryptophan Imbalance / 井上五郎
  • 新山喜昭
  • 小石ナカ / p667~667
  • 35 カエルの発生過程における色素胞ホルモン(MEHおよびMCH)の存在について / 阿部穆 / p667~668
  • 36 放射線照射による核酸の物理化学的変化に関する研究 / 森信胤
  • 遠藤英二
  • 熊谷祐二 / p668~668
  • 37 下垂体後葉ホルモンのシロネズミ組織内核酸量におよぼす影響について / 広重力 / p668~669
  • 38 皮膚電気抵抗と甲状腺機能について / 中西孝雄
  • 鎮目和夫 / p669~669
  • 39 胸腺抽出物質の作用について(第III報) / 河田真雄 / p669~669
  • 40 副腎17-Hydroxycorticosteroid分泌に及ぼすEvipan-Natrum麻酔及びNembutal麻酔の影響 / 鈴木達二
  • 山下一邦
  • 加茂正嘉
  • 平井健次 / p669~670
  • 41 肺胞換気におよぼす低酸素張力刺激の単独効果について / 本田良行
  • 蓮村成子
  • 斎藤幸一郎 / p670~670
  • 42 低圧時の物質代謝について / 万木良平
  • 戸塚保
  • 那波克己
  • 秋山明子 / p670~671
  • 43 脳および心臓に対する酸素電極法の応用による1,2の知見 / 八木舍四
  • 三上五郎
  • 阿部忠昭 / p671~671
  • 44 ハイポキシヤ耐性と酸化酵素系について / 佐伯镹
  • 江部悌三
  • 土井豊 / p671~672
  • 45 フラビン酵素の電子運搬機構 / 久保秀雄
  • 亘弘
  • 志賀健
  • 磯本昭夫 / p672~672
  • 46 フラビン酵素の遊離エネルギー準位について(II)ノタチンの酸化還元電位 / 三宅可浩
  • 安芸謙嗣
  • 山野俊雄 / p672~672
  • 47 Mitochondriaの甲状腺ホルモン分解酵素について / 山本清
  • 石川一郎
  • 清水正二郎 / p672~673
  • 48 生活組織におよぼす高水圧の影響(第9報) / 林香苗
  • 安田浩士
  • 村上哲英
  • 三木福治郎 / p673~673
  • 49 r-アミノ酪酸の脊髄反射に対する作用 / 千葉康則 / p673~674
  • 50 人の条件反射実験に伴う反応性の推移 / 東昌基 / p674~674
  • 51 高次神経活動の病態生理に関する研究(1)条件反射に及ぼす凍傷病変の影響 / 武内睦哉
  • 梅田玄勝 / p674~674
  • 52 人間における条件反射制止の研究 / 栖原六郎
  • 高下弘夫
  • 田中喬
  • 伊藤東洋司
  • 大亀康
  • 塩野博
  • 水谷義文
  • 矢崎仁 / p674~675
  • 53 シロネズミの条件づけにおよぼすエチル・アルコールの影響 / 小村京子 / p675~675
  • 54 犬条件反射の制止および興奮について / 中浜博
  • 西岡伸子
  • 大塚俊郎
  • 田中茂
  • 丸山竹秋 / p675~676
  • 55 白鼠の逃避反射と脳内アンモニヤ量の変化について / 平野修助
  • 永田豊
  • 塚田裕三 / p676~676
  • 56 カテコールの中枢作用 / 松本淳治
  • 清野茂博
  • 小池淳
  • 西博通 / p676~676
  • 57 錐体外路痙攣物質の化学的生理学的所見 / 永井一夫
  • 梶川光一
  • 北村重晴
  • 柳沢一雄
  • 中村俊郎
  • 伊藤一夫
  • 亀田務 / p676~677
  • 58 大脳波質におけるSteady PotentialとSeizureにおよぼす小脳の影響 / 尾崎俊行 / p677~677
  • 59 自律系機能と大脳辺縁系(とくに海馬)の電気的活動との関連 / 時実利彦
  • 川村浩
  • 中村嘉男
  • 深山智代 / p677~678
  • 60 無麻酔猫および猿の皮質聴領の実験法--映画 / 勝木保次
  • 村田計一
  • 菅乃武男
  • 竹中敏文 / p678~678
  • 61 音刺激による脳波活動の周波数応答について / 佐藤謙助
  • 尾崎俊行
  • 三村桂一
  • 桝屋滋
  • 本多夏生 / p678~678
  • 62 体温調節生理学から見た身体加温時の家兎大脳皮質感覚領脳電図の消長 / 緒方維弘
  • 村上悳 / p678~679
  • 63 扁桃核破壊前後における視床下部の機能について / 中尾弘之 / p679~679
  • 64 嗅脳の線維連絡(I)ダイコクネズミ / 黒津敏行
  • 伴忠康
  • 城勝哉 / p679~680
  • 65 脊髄刺激と運動効果 / 井上清恒
  • 伊東俊郎 / p680~680
  • 66 骨格筋の機能分化 / 陣内伝之助
  • 藤井喬夫 / p680~681
  • 67 視性眼振反射路の神経機序について / 丸山直滋
  • 菅野義信
  • 川崎匡 / p681~681
  • 68 残像の研究(第1報)残像に於ける遮蔽(masking)と誘発(induction) / 瀬尾愛三郎 / p681~682
  • 69 家兎の視神経切断及び麻酔薬のERGにおよぼす影響 / 鈴木隆
  • 二唐東朔
  • 小川太郎
  • 三田俊定 / p682~682
  • 70 昭射光の強度変化に伴う色相変化(Bezold-Brucke現象)の"Zeta"-方法による研究 / 本川弘一
  • 及川敬喜
  • 岩井栄一 / p682~682
  • 71 網膜及び色素層における遊離,エステル両型ビタミンAの定量 / 黒坂正 / p682~683
  • 72 運動時の尿成分の変動 / 藤岡博 / p683~683
  • 73 後運動性利尿に関する研究 / 村上長雄
  • 川井浩
  • 藤岡博 / p683~684
  • 74 北海道における正常人尿成分を中心とする数値に関する研究 / 本間慶蔵
  • 細谷精一
  • 斉木登
  • 大庭秀一
  • 西風脩 / p684~684
  • 75 皮脂排出機転に関する研究--皮膚温および発汗の皮脂排出量におよぼす影響 / 新田初雄
  • 猪飼公郎
  • 椙江勇
  • 安藤精華 / p684~685
  • 76 生体温周期変動の解析について--四肢末梢皮温膚変動の解析 / 田坂定孝
  • 冨塚崇雄
  • 戸川潔
  • 本田西男
  • 入来正躬
  • 加藤辰男 / p685~685
  • 77 身体の重心と発育 / 石河利寛
  • 山川純子
  • 伊藤幸子 / p685~686
  • 78 Electrogoniometerによる動作の分析 / 牧瀬晴子
  • 猪飼道央 / p686~686
  • 79 Spinalizationに関する一考察 / 佐藤方彦 / p686~687
  • 80 ヒキガエル肺筋の神経支配に関する組織学的検索 / 古屋周治 / p687~687
  • 81 家兎子宮の興奮伝導について / 丹生治夫 / p687~688
  • 82 平滑筋の収縮におよぼす各種イオンの影響 / 鈴木泰三
  • 岡村桂介
  • 宍戸和夫 / p688~688
  • 83 子宮平滑筋の細胞内電位におよぼす2,3の薬物の影響 / 尾崎行男
  • 前野巍
  • 大村裕 / p688~688
  • 84 皮膚電気反射に伴う人体皮膚のimpedanceの変化 / 藤森聞一
  • 横田敏勝
  • 加藤正道
  • 元木沢文昭 / p688~689
  • 85 線毛上皮の静止電位の研究(第5)無機塩類の影響 / 村松栄幸
  • 中村勉 / p689~689
  • 86 生体皮膚膜電位差の研究 / 勝義孝
  • 横山元成 / p689~690
  • 87 蛙波のNa能動輸送に対する強心配糖体効果におよぼすイオンの影響 / 中島重広 / p690~690
  • 88 種々の組織の電気抵抗,容量に対する直流の影響 / 斉藤忠義
  • 大久保サチ子 / p690~691
  • 89 筋弛緩剤の作用機序の研究--細胞内電極法による / 山村秀夫
  • 竹田昌暉 / p691~691
  • 90 蛙筋のmechanical responseに対するmetabolic inhibitorsの効果--特にbydrazine Ringen中に於ける効果について / 喜多村良三
  • 副田博之
  • 近沢克己 / p691~692
  • 91 NaおよびKの濃度を変えたときのサリガニ無髄神経の電気的性質について / 問田直幹
  • 富田忠雄
  • 細美照明 / p692~692
  • 92 心筋活動電位脱分極相に及ぼす伝導路の影響について / 林秀生
  • 山岸俊一
  • 菅野富夫 / p692~693
  • 93 日本産ガンギエイ(Raja ponosa meerrdervorli GüNTHER)の放電について / 深山幹夫
  • 藤田紀盛
  • 藤田千代 / p693~693
  • 94 興奮の基礎としての興奮性膜の変化 / 松本政雄 / p693~693
  • シンポジウムA:感覚 / / p693~703
  • 95 魚眼のFlicker Electroretinogram / 田村保 / p693~694
  • 96 鮒網膜における2,3の電気現象について / 渡辺宏助
  • 登坂恒夫 / p694~694
  • 97 微小電極による網膜内誘導電位とERGとの関係 / 村上元彦
  • 水口勇臣
  • 佐々木優 / p694~695
  • 98 タコの視覚系における電気的反応について / 問田直幹
  • 樋口公男
  • 長琢朗 / p695~695
  • 99 網膜神経細胞の色光刺激に対する応答 / 本川弘一
  • 山下栄一
  • 小川哲朗 / p695~695
  • 100 Flicker刺激にたいする視覚系各部の反応と脳賦活系 / 小木和孝
  • 加藤茂
  • 川村浩 / p695~696
  • 101 色光と白光の同時対比について / 附田恵 / p696~696
  • 102 空間錯視の一問題 / 高木健太郎
  • 小野憲
  • 臼井卓朗 / p696~696
  • 103 視覚の量子生理学(VI) / 神谷貞義
  • 中尾主一
  • 深見勲
  • 山本純恭
  • 田中正夫
  • 阿部圭助 / p696~697
  • 104 内視現象に関する知見補遺 / 細谷雄二
  • 羽間収治 / p697~697
  • 105 網膜酸素消費に対する光照射の影響--予報 / 塙功
  • 久家清 / p697~698
  • 106 蛙の網膜及び色素上皮の色素 / 藤下成周 / p698~698
  • 107 ミツバチのSpectral Sensitivityと視物質について / 藤本克己
  • 梁瀬健 / p698~699
  • 108 音の断続感覚について / 福田雅夫
  • 渡辺武 / p699~699
  • 109 昆虫鼓膜器官の受容器電位について / 菅野武男
  • 竹中敏文 / p699~699
  • 110 聴覚領野剔除の条件反射に対する影響 / 千葉康則 / p699~700
  • 111 系統的嗅物質と嗅粘膜電位との関係について / 東野庄司
  • 高木貞敬 / p700~700
  • 112 電気性味覚(第2報) / 市岡正道 / p700~701
  • 113 ザリガニのChemoreceptorのインパルスとその発生におよぼすSH基の影響について / 花岡利昌
  • 清水増子 / p701~701
  • 114 化学受容器の興奮性に影響する2,3の因子 / 木村勝美 / p701~701
  • 115 昆虫跗節化学受容毛のインパルス分析 / 竹田公久 / p701~702
  • 116 歯牙支持組織におけるmechanoreceptorのspontaneous dischargeに対する一考察 / 坂田三弥
  • 木下壮六
  • 山田守 / p702~702
  • 117 「しびれ」の生理学的研究 / 大久保信一
  • 小関勝美 / p702~703
  • 118 腸間膜の求心性神経支配について / 新島旭 / p703~703
  • シンポジウムB:自働能 / / p703~710
  • 119 筋相性伸張による筋活動張力 / 本間三郎
  • 高野光司 / p703~703
  • 120 下喉頭神経の自発性発射と反射応答について / 鈴木実
  • 草地良作 / p703~704
  • 121 蟇嗅粘膜に見られる電位振動について / 高木貞敬
  • 渋谷達明 / p704~704
  • 122 自律機能に見られる自然動揺について / 高木健太郎 / p704~705
  • 123 摘出心臓灌流装置の工夫 / 小玉作治 / p705~705
  • 124 蟇の心臓Pace-makerに対する通電の影響 / 上田五雨
  • 田中瑞穂 / p705~705
  • 125 甲殻類心筋の細胞電位 / 入沢宏
  • 入沢彩 / p705~706
  • 126 下等動物心筋細胞内電位の比較生理学的研究 / 安部良治
  • 後藤昌義
  • 栗山熈 / p706~706
  • 127 心筋線維の歩調とり電位と活動電位の発生機序の研究 / 内山孝一
  • 阿久沢節男
  • 寺田俊夫
  • 原元一
  • 石川和夫 / p706~707
  • 128 Pace-maker potentialについて(第3報) / 戸塚武彦
  • 加藤漸 / p707~707
  • 129 単一絞輪の反復興奮 / 小西喜久治 / p707~707
  • 130 周期性興奮の条件 / 松本政雄
  • 秋山勲
  • 森川襄治 / p707~708
  • 131 ヒキガエル肺の自動収縮について / 小林庄一
  • 高橋久仁男 / p708~708
  • 132 ユムシ体壁筋の蠕動について / 池田和夫 / p708~708
  • 133 胃輪走筋活動様式の電気生理学的研究 / 佐藤明夫 / p708~709
  • 134 Taenia Coliの自発興奮について / 鈴木泰三
  • 和田謙郎 / p709~709
  • 135 消化管自動能の起原に関する研究--特に逆蠕動について / 田北周平
  • 西島早見 / p709~710
  • 136 腸運動の起源について / 福原武
  • 角忠明
  • 小谷覚 / p710~710
  • シンポジウムC:中枢の電気生理 / / p710~723
  • 137 聴覚刺激を条件刺激とした人間の条件皮膚電気反射の汎化について / 大久保信一
  • 福田寿男 / p710~710
  • 138 各種状態および化学物質投与時の脳波の周期的音刺激による駆動の様相について / 伊藤秀三郎
  • 土居郁郎
  • 斎藤義夫 / p711~711
  • 139 脳波パタンと酸素濃度曲線 / 簑島高
  • 清原迪夫
  • 本間伊佐子
  • 藤田紀盛 / p711~711
  • 140 皮膚圧迫時の脳波について / 永坂鉄夫
  • 熊沢孝朗 / p711~712
  • 141 GABAおよびその誘導体の中枢作用 / 高橋日出彦
  • 長島璋
  • 腰野千賀雄 / p712~712
  • 142 メチオニン誘導体による実験的癲癇犬の作成 / 林髞
  • 田中茂
  • 荒冷政雄
  • 丸山竹秋
  • 栖原六郎
  • 高下弘夫
  • 田水汀
  • 山口勝広
  • 関園子
  • 渡辺京子
  • 伊藤東洋司
  • 原喜久江
  • 三浦きみ / p712~712
  • 143 実験的癲癇犬の脳波について / 大塚俊郎
  • 石野卓弥
  • 竹内宏
  • 大口雅人
  • 近藤義正
  • 小山生子 / p712~713
  • 144 脳波と網膜電位の周波数応答について / 佐藤謙助
  • 尾崎俊行
  • 三村珪一
  • 桝屋滋
  • 本多夏生 / p713~713
  • 145 視覚中枢の単位活動 / 鈴木寿夫
  • 平則夫 / p713~713
  • 146 聴覚領単一ニユーロンの動的活動 / 勝木保次
  • 村田計一
  • 菅乃武男
  • 竹中敏文 / p713~714
  • 147 延髄錐体刺激による猫大脳運動野皮質ニユーロンの反応態度 / 沢政一
  • 丸山直滋 / p714~714
  • 148 脳梁系の活動様式について / 浅沼弘
  • 奥田治 / p714~715
  • 149 Apical Dendriteの活動電位とSummating Slow Potentialについて / 岩瀬善彦
  • 内田孝
  • 池田卓司
  • 漆葉昌延
  • 溝淵孝雄
  • 越智淳三 / p715~715
  • 150 Apical dendriteの電気生理学的性質 / 藤田安一郎
  • 中村嘉男 / p715~716
  • 151 海馬脳波の覚醒波パタンと低振巾速波パタンについて / 鳥居鎮夫 / p716~716
  • 152 辺縁系の機能 / 吉井直三郎
  • 下河内稔
  • 山口雄三 / p716~716
  • 153 嗅脳の電気活動に対する中枢性支配 / 山本長三郎
  • 岩間吉也 / p716~717
  • 154 r系に対する視床部の役割 / 島津浩
  • 久保田競
  • 塚原仲晃 / p717~717
  • 155 脳幹網様体刺激によるMSRとr系に対する効果について / 藤森聞一
  • 島村宗夫
  • 元木沢文昭 / p717~718
  • 156 クラーク氏核細胞の活動様式 / 石川友衛
  • 池田駿太郎
  • 高比良英輔 / p718~718
  • 157 中脳より延髄にいたる自律系 / 黒津敏行
  • 伴忠康
  • 女川昭雄
  • 松島磐
  • 橋本一成 / p718~719
  • 158 最大筋力発現の中枢機序について / 猪飼道夫
  • 正木健雄 / p719~719
  • 159 蟇のSlow Muscle Systemの中枢機構について / 伊藤文雄
  • 伊藤嘉房 / p719~720
  • 160 筋トーヌス支配に対する上丘の意義 / 牛田晶 / p720~720
  • 161 腰部脊髄α運動ノイロンの活動に対する小脳核刺激の影響 / 佐々木和夫
  • 田中任 / p720~720
  • 162 脊髄前角細胞の発火に対する中枢性促進および抑制 / 中浜博
  • 中村耕之助 / p721~721
  • 163 筋紡錘発射と運動ネウロン膜電位 / 本間三郎
  • 加濃正明 / p721~721
  • 164 固有脊髄反射の機能分化について--続報 / 塚原仲晃
  • 本郷利憲
  • 秋山勲
  • 島津浩 / p721~722
  • 165 脊髄運動細胞にたいする求心性高頻度発射の効果について / 高橋悳
  • 大島知一 / p722~722
  • 166 しびれえい電気葉細胞からの細胞内誘導について / 斎藤望 / p722~723
  • 167 迷走神経の遠心性放電に及ぼす頸動脉洞,減圧神経刺激効果について / 武重千冬
  • 高橋恒夫 / p723~723
  • シンポジウムD:Mechanochemical System / / p723~727
  • 168 弾性系に対する心筋収縮の力学 / 添田泰孝
  • 高橋正 / p723~724
  • 169 生体高分子の流動学的研究 / 寺山良雄 / p724~724
  • 170 単一筋細胞収縮の偏光学的研究 / 玉重三男 / p724~724
  • 171 クルマエビ横紋筋及びウサギ萎縮骨格筋におけるAM-ATP系について / 岡本歌子
  • 井口豊
  • 簡景春 / p724~725
  • 172 蛙骨格筋のCaffeine痙縮時における酸素消費の昻進について / 宮崎英策
  • 高橋宏
  • 藪英世 / p725~725
  • 173 筋肉弛緩因子と痙縮生起物質との相互作用 / 永井寅男
  • 内田倖喜
  • 小西和彦
  • 高橋正樹 / p725~726
  • 174 Excitation-Contration Couplingについて / 酒井敏夫
  • 石田桂三郎 / p726~726
  • 175 筋変性法により発生する端板電位について / 岡田勝喜
  • 山田守 / p726~727
  • シンポジウムE:興奮,伝導,伝達 / / p727~733
  • 176 錐体外路痙攣物質の検出に関する研究 / 永井一夫
  • 市石稔
  • 梶川光一
  • 大森邦雄
  • 大浦恒利
  • 宮田慶三郎 / p727~727
  • 177 アレビアチン(及び其の他)の痙攣機制について / 栖原六郎
  • 山口勝広
  • 原喜久江
  • 三浦きみ
  • 関園子
  • 吉原栄之助 / p727~727
  • 178 中枢神経伝達物質生成に対するパントテン酸の意義 / 山口寛
  • 中島洋 / p727~728
  • 179 子宮平滑筋線維間における機能的干渉 / 後藤昌義
  • 安部良治 / p728~728
  • 180 心筋の陽極性興奮について / 星猛 / p728~729
  • 181 哺乳動物心臓の(1)房室逆伝導ブロツク点の組織学的検証,(2)タングステン線微小電極による非開胸ないし開胸中の生体内心筋細胞電位 / 佐野豊美
  • 土橋弘道
  • 大塚栄一
  • 島本多喜雄 / p729~729
  • 182 心筋の活動電位の解析 / 円谷豊
  • 市原正直
  • 迫田栄一郎
  • 足立錬三
  • 山本茂
  • 浜田毅 / p729~730
  • 183 蛙の骨格筋線維における刺激過程(前興奮過程)ならびに活動電位に関する研究 / 坂本嶋嶺
  • 黒沢和彦
  • 喜多弘 / p730~730
  • 184 甲殻類筋にたいするグリセリンの影響 / 秩父志行 / p730~730
  • 185 Excitation-contraction coupling(E-C-coupling)の機構とChemical contracture / 永井寅男
  • 藤野和宏
  • 松島達明
  • 高氏昌
  • 山口俊夫 / p730~731
  • 186 筋原線維の被刺激性について / 名取礼二
  • 五十島長太郎 / p731~731
  • 187 電場刺激による筋の興奮および疲労について / 真島英信
  • 松村幹郎
  • 中山雪磨 / p731~732
  • 188 カタツムリ筋の機械的,電気的性質およびその神経筋伝達機構 / 佐藤昌康
  • 尾崎正寛 / p732~732
  • 189 疲労曲線による端板のアルコールおよびアセトアルデヒド及び乳酸,Ach,クラーレの効果 / 杉靖三郎
  • 竹内虎士 / p732~733
  • 190 蟇の腸間膜神経末端の興奮性について / 伊藤竜
  • 渡辺悟 / p733~733
  • 実験供覧 / 勝木保次
  • 小倉幸一 / p733~734
  • 191 1.Pulse interval histogram recorder(PIHR)2.微小電極抵抗測定器 / 勝木保次
  • 小倉幸一 / p733~733
  • 192 Pulse rate meterの試作 / 中山昭雄
  • 小林守
  • 高木健太郎 / p733~734
  • 193 生体諸現象のTelemetering / 高木健太郎
  • 中山昭雄
  • 小林守・他 / p734~734
  • 194 生体直視顕微鏡--実験供覧 / 勝木保次 / p734~734
  • シンポジウムF:体温生理 / / p734~738
  • 195 Shiveringに関する研究 / 石井公正
  • 石井和子 / p734~735
  • 196 生体内温度勾配と瓦斯代謝の関係 / 緒方維弘
  • 佐々木隆
  • 吉川国夫 / p735~735
  • 197 人体及び2,3恒温動物の熱放散変動と体表面温変動との相関性について / 田坂定孝
  • 吉利和
  • 冨塚崇雄
  • 戸川潔
  • 本田西男
  • 入来正躬
  • 加藤辰男 / p735~735
  • 198 猿の有毛部汗腺の反応性について / 和田正男
  • 田代郷太郎
  • 青木健 / p735~736
  • 199 軸索反射性発汗に対するノルニコチンの影響 / 島田良幸
  • 田中育郎 / p736~736
  • 200 発汗の微細様相 / 中山昭雄 / p736~736
  • 201 寒冷曝露時の肝グリコーゲンと副腎皮質 / 福田篤郎
  • 磯山健一 / p736~737
  • 202 高温馴化と副腎皮質ホルモン / 吉村寿人
  • 森島正彦
  • 池田嘉代
  • 塩見昭三 / p737~737
  • 203 低体温時の大脳皮質誘発電位 / 石戸谷武
  • 三田正紀 / p737~738
  • シンポジウムG:神経支配 / / p738~746
  • 204 脳波,動物の行動よりみたacetylcholine前処置,下垂体切除家兎のoxtocinによる反応に就いて / 川上正澄
  • 高野秀勝
  • 内田進 / p738~738
  • 205 諸種色素に依る痙攣機制の研究 / 高下弘夫
  • 関園子
  • 渡辺京子
  • 海堀利重 / p738~738
  • 206 小脳の血管運動神経支配 / 須田勇
  • 足立千鶴子
  • 鬼頭京子
  • 岡村雅子
  • 笠置正義 / p738~739
  • 207 対光反射における毛様脊髄中枢抑制の経路 / 西田勇
  • 岡田博匡
  • 岡本恭子 / p739~739
  • 208 三叉神経中の自律神経線維 / 中西政周
  • 西中弘 / p739~739
  • 209 唾液腺塩分分泌の神経支配 / 吉村寿人
  • 井上太郎
  • 藤本冨次郎 / p739~740
  • 210 歯牙の成長の統御における神経因子について / 本間邦則
  • 小林庄一 / p740~740
  • 211 延髄の心臓に対する作用について / 加藤元一
  • 伊藤秀三郎
  • 堀将 / p740~741
  • 212 脊髄後根交感神経(幸塚)の延髄におけるoriginについて / 幸塚嘉一
  • 内藤博江
  • 堀泰雄
  • 堀川惶子
  • 三戸裕 / p741~741
  • 213 上喉頭神経における呼吸および循環に関する求心神経について / 全田慶夫
  • 八賀昭彦 / p741~742
  • 214 カエル心臓に対する迷走神経作用の季節的変動について / 難波良司 / p742~742
  • 215 迷走・交感両神経の性状差 / 服部俊亮
  • 坂井文弥
  • 近藤敬 / p742~742
  • 216 肺筋の神経支配および肺筋の力学的考察 / 島田久八郎 / p742~743
  • 217 胃運動の延髄における中枢について / 銭場武彦
  • 佐々木弘純 / p743~743
  • 218 骨盤神経刺激による腹圧反射 / 山本信二郎
  • 坪川孝志
  • 荒木欽平
  • 菊地誠
  • 卜部美代志 / p743~744
  • 219 膀胱内圧の変化に同期して脊髄側索から記録された活動電位について / 神川喜代男
  • 池田卓也
  • 越野兼太郎 / p744~744
  • 220 子宮,輸卵管,輸卵管網膜における求心性神経支配について / 青山新吾 / p744~744
  • 221 GSRの多相性について / 鈴木正康 / p745~745
  • 222 払いのけ反射における皮膚の役割 / 増田允 / p745~745
  • 223 無脊椎動物の興奮および抑制シナツプスについて / 草野皓
  • 萩原生長
  • 斎藤望 / p745~746
  • シンポジウムH:細胞の構造と機能 / / p746~756
  • 224 ヒラ細胞とマウス白血病細胞との共生により生じた細胞について / 古閑睦好 / p746~746
  • 225 ラッテ白血球の遊走速度および貧喰作用に関する研究,とくに放射能の影響について / 田中正敏 / p746~746
  • 226 赤血球の性状に関する種族特異性 / 遠藤治郎
  • 片山吉穂
  • 小門峯子
  • 舟木広 / p746~747
  • 227 赤血球懸濁液のオパール・グラス法による分光学的研究,とくにSoret帯の平低化について / 中馬一郎 / p747~747
  • 228 赤血球は成熟細胞であるか? / 森下敬一
  • 片根規雄 / p747~748
  • 229 白血球の硝子器内生活における変化の一般性について / 八木舎四 / p748~748
  • 230 分離紡錘形細胞の形態と酸素消費について / 木下喜博
  • 林文彦
  • 木村英一 / p748~749
  • 231 腹水癌細胞の細胞内電位について / 関矢偈 / p749~749
  • 232 Nitellaの細胞内電位について / 沖充
  • 川端五郎 / p749~749
  • 233 水棲および陸棲イモリの嗅粘膜電位と嗅細胞の関係 / 渋谷達明
  • 高木貞敬 / p750~750
  • 234 ヒキガエル脊髄神経節における線維構造 / 高橋悳 / p750~750
  • 235 ザリガニ巨大神経線維に関する電子顕微鏡的研究 / 小倉光夫
  • 服部俊亮 / p750~751
  • 236 カラスガイ神経線維の電気生理学的および電子顕微鏡的研究 / 中島泰子
  • 中島重広 / p751~751
  • 237 各発育段階に於ける神経胚(鶏胚)の組織像と電気的応答との対応的変化について / 大畑進
  • 篠塚修之
  • 小倉和夫 / p751~752
  • 238 カフエイン及び其の他の中枢神経化学的伝達物質生成に対する影響 / 高木弘夫
  • 渡辺京子
  • 伊藤東洋司
  • 荒冷政雄
  • 根本亙 / p752~752
  • 239 大脳皮質組織呼吸に及ぼすGABOBの影響 / 溝口続 / p752~753
  • 240 脳切片のアミノ酸および電解質の能動輸送系について / 塚田裕三
  • 平野修助
  • 永田豊
  • 松谷天星丸 / p753~753
  • 241 肝ミトコンドリヤの潜在性ATP ase活性の刺激について / 辻本毅
  • 川口戌
  • 長井音次 / p753~753
  • 242 フラビン酵素における生物理性質 / 久保秀雄
  • 亘弘
  • 志賀健
  • 磯本昭夫 / p754~754
  • 243 D-アミノ酸酸化酵素の細胞内分布について / 安芸謙司
  • 山野俊雄 / p754~754
  • 244 チロジンのヨード化反応系の細胞内分布について / 鈴木光雄 / p754~755
  • 245 Microsomal ribonucleoprotein particleの構造と機能,とくにRNAについて / 田代裕
  • 清水英子
  • 井上章 / p755~755
  • 246 Lipo-nucleprotein-system構成要素の結合比に関する研究 / 笹川久吾 / p755~756
  • 247 窒素気中における有糸核分裂停止時間と通気による経過恢復率との関係 / 岡芳包
  • 宮本博司
  • 曾根弘 / p756~756
  • シンポジウムI:脉管生理 / / p756~764
  • 248 脾臓の血管について / 西田琢郎 / p756~756
  • 249 血流から見た循環回路について / 西田芳郎 / p756~756
  • 250 人体動脉々波に関する研究 / 簑島高
  • 清原迪夫
  • 本間伊佐子
  • 藤田紀盛 / p756~757
  • 251 冠状血管系について / 小川義雄
  • 遊佐清有 / p757~757
  • 252 左心室の混合性について / 入沢宏 / p757~757
  • 253 Meretrix heartについて / 木下繁太郎 / p757~758
  • 254 ヤツメウナギ心臓の生理学的研究 / 市河三太
  • 高橋三郎 / p758~758
  • 255 GSRへの脉波の重畳現象について / 寿原健吉 / p758~759
  • 256 間歇的脳血液補給と体血圧 / 村田章
  • 宮川清 / p759~759
  • 257 血圧の第3級動揺とCheyne-Stokes呼(第2報) / 石河利寛
  • 山川純子
  • 伊藤幸子 / p759~760
  • 258 左右不同脉数と左右不同血圧 / 大槻弘右 / p760~760
  • 259 Langley′s antidromic action 批判(その4) / 幸塚嘉一
  • 内藤博江 / p760~760
  • 260 各種条件下における腸間膜毛細血管床の態度--映画供覧 / 林敏也 / p760~761
  • 261 蟇後肢血管灌流標本における若干の観察 / 古沢末義
  • 田中育郎 / p761~761
  • 262 四肢血管のECPGについて / 梶原雄三
  • 鈴木文男 / p761~761
  • 263 身体各部の脉波の特異性 / 熊沢孝朗
  • 永坂鉄夫 / p761~762
  • 264 Vitamin B₁の血圧降下作用(第IV報) / 松本保久
  • 徳満豊 / p762~762
  • 265 胆汁酸塩の血管作用 / 東健彦
  • 加藤良二 / p762~763
  • 266 心臓の酸素不足について / 鎌倉勝夫
  • 志野禎 / p763~763
  • 267 末梢組織の酸素圧の変動 / 田坂定孝
  • 関清
  • 山根至二
  • 深谷弘
  • 森沢明
  • 渡辺滋堯
  • 小出桂二 / p763~763
  • 268 Anoxemia時のEpinephrineの循環作用 / 福田篤郎
  • 林茂
  • 長田良 / p763~764
  • シンポジウムJ:興奮,伝導,伝達 / / p764~774
  • 269 Formalinによる周期性興奮に対する一考察--続報 / 高田茂
  • 古谷光江
  • 山田守 / p764~764
  • 270 閾下反復刺激と反復興奮 / 竹中繁雄
  • 竹中哲夫 / p764~765
  • 271 興奮伝導組織の反復刺激効果について / 若林勲
  • 藤田一石
  • 岩崎静子 / p765~765
  • 272 単一ラ氏絞輪の臨界脱分極について / 古谷野速雄 / p765~765
  • 273 絞輪部活動電位と温度,通電,イオン類等との関係 / 丸橋寿郎 / p765~766
  • 274 ゴギブリ巨大神経線維の後電位とその変化 / 楢橋敏夫 / p766~766
  • 275 反復刺激に対する単一有髄神経線維の応答 / 北村清吉 / p766~767
  • 276 単一有髄神経線維のKCI処理後の興奮性について / 橋村三郎 / p767~767
  • 277 細胞内電極法による網膜興奮機序の研究 / 富田恒男
  • 橋本葉子
  • 猪間その / p767~767
  • 278 低Na液中における緩電位に対する通電効果 / 菊地鐐三
  • 内藤恵一
  • 皆川幸子 / p767~768
  • 279 嗅粘膜活動の微小電極による研究 / 高木貞敬
  • 小村京子
  • 原田紀 / p768~768
  • 280 等張KCI下における神経細胞膜の反応 / 荻原生長
  • 草野皓
  • 斎藤望 / p768~769
  • 281 神経細胞の興奮性について / 大村裕
  • 前野巍
  • 尾崎幸男 / p769~769
  • 282 毛様神経筋の衝撃伝達 / 西田勇
  • 岡田博匡
  • 岡本恭子 / p769~770
  • 283 諸種の条件下における軟体動物単一ニユーロンの興奮様相 / 船木三郎 / p770~770
  • 284 動眼神経系の電気生理学的研究 / 佐々木和夫
  • 大谷卓造 / p770~771
  • 285 脊髄後根中のP様物質に関する2,3の薬理学的性質 / 片岡喜由
  • 辻岡俊明
  • 福屋正史 / p771~771
  • 286 脊髄後根交感神経の瞳孔縮小作用について(VI)Chemical transmission / 幸塚嘉一
  • 内藤博江 / p771~772
  • 287 局部的麻酔の心臓神経伝導におよぼす影響について / 加藤元一
  • 伊藤秀三郎
  • 矢田昇 / p772~772
  • 288 Dendritic Potential(DCR)の伝わり方について / 岩瀬善彦
  • 内田孝
  • 溝淵孝雄
  • 越智淳三 / p772~772
  • 289 振顫の末梢機構について / 岡田芳雄
  • 鈴木重隆 / p772~773
  • 290 活動電流波型とExcitatory cycleについて / 井上清恒
  • 武重千冬
  • 蛭川章 / p773~773
  • 291 M波とH波の強さ--時間曲線(i-t曲線)について / 青木薫久
  • 島村宗夫
  • 藤森聞一 / p773~774
  • 292 人体にみられるPost-tetanic Potentiation / 本間三郎
  • 立岩正孝 / p774~774

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本生理学雑誌
著作者等 日本生理学会
書名ヨミ ニホン セイリガク ザッシ
書名別名 Nihon seirigaku zasshi
巻冊次 22(8)
出版元 日本生理学会
刊行年月 1960-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00319341
NCID AN00193896
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018767
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想